はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

鎮まれ俺のボウケンスピリット!

◆五月サツキさん
 >笑顔がどうこうより自分を守ろうとしてくれた姐さんの必死さに心を動かされたのかなあと思いました。
子供を守るヒーローの強さを「笑顔」に象徴させる狙いだったのでしょうが、そこ単純にした方がスッキリした感じでしたね。第4話が綺麗にはまりすぎた、というのもありますが。
 >まあこの回の何がヤバいのかって、幻の戦車を破壊できるビークルをサージェスが所有している、というところでしょうか……。
ヤバいブツを上回るヤバいブツを運用している事にむしろ自慢げなスタイルがホント凄いですよね……(笑)
 >6話ではやたらと呪いにびびっていた真墨ですが、オカルトが苦手という設定があるようです。よくトレジャーハンターやってこれたなと。
毎度ハンティングの度にお祓いしていたんですかね……(笑) ちょっとこの辺り、それこそ近年のライダーばりに忙しくなってしまって、色々な要素を薄くまぶすみたいな感じに悪く出てしまいましたねー。
 >個人的に脱出した3人が合流した際、真墨がまず駆け寄るのは菜月である、といったところが好きです。
話が忙しめの中で、キャラの関係性が割とかちっとしているので、描写も含めて追いかけやすさ、というのは今作良い所ですよね。そこからの変化もしっかり入ってますし。
 >チーフはさりげなく女の子コンビにタッチしてる描写が多々あるので、本当オヤジくさいですよね(笑)
本人的にはあれ、頼れる男らしさアピールなんだろうなぁ……という確実に間違っている感がまた(笑)