はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

伊能真墨よ大志をいだけ

◆輝剣さん
 >この回より(シナリオの都合とはいえ)色々情報提供してくれるガジャ様、いい人説が流れたとか。コミカル路線変更への萌芽が。
ガジャ様割と、被害者ですしね……(笑) 現代文明にどうやって適応しているのか、とても気になります。
 >さくら姉さんは前回のコルト45に続きバルカン砲と熱い火器押し。……まぁ、そのぐらいしか元自衛官設定活かせないか。
ここまで會川さん一人で書いているという事もあるでしょうが、端々の細かい繋がりが丁寧に拾われていてキャラ描写になっているのは良いですよねー。
 >蒼太と真墨の友情エピソードということで菜月も納得してはいましたが……
一応、真墨と菜月の間の信頼関係、という話でもありますよね。なんか色々、愛されキャラ、真墨。
 >明石に続いて蒼太にまで保護者の立場をとられるとさすがに切ない感じですが、世のパパ達からの共感度は上がったでしょう。
年少キャラなのに……!(笑)
◆橘まことさん
 >原点回帰とはいえ、やはり現代では完璧レッドは難しいのかもしれないですね。
完璧超人型は結構好きなので、もうちょっと粘っても……とは思ったのですが、00年代ヒーローで親しみやすさをつけようとすると、こういう方向性になるんですかねー(^^;
 >真墨は菜月に「口出しせず黙って俺についてこい」と言ったうえで、ちょっと歩いては菜月がついてきてくれているか振り返る、
 >天性の寂しがり屋な気がしています(笑
ほぼ確実に、菜月が好奇心を刺激されたものにふらふら〜と近づいて横道にそれて、慌てて真墨が戻ってくるパターンですね(笑)
 >しりとりも、「なんか会話した気分になれる」と、真墨お気に入りの遊びなんじゃないかと、個人的に思い込んでいます(笑
辛い、真墨、辛い……(涙)
 >姐さんはたい焼き賄賂と今回でお気づきかと思いますが、大の甘党設定です。ですが、演じる末永さんは甘い物苦手という(笑
 >高いところが苦手なアンクといい、東映は苦手なことをやらせるSの集まり……?
なんかそういうの、よく聞きますね!(笑) 自棄ぎみのシチュエーションとはいえ、鯛焼き食べる姿が、あまり美味しそうではないなぁとは思っていたのですが、リアルに苦手だったとは(^^;
◆タイキさん
 >なので結果として大体の場合においてチーフか真墨にいじられが集中してしまうんだと思います。
チーフは基本“強キャラ”なので、その辺りでバランス取っている感じはありますよね。真墨は…………うん、真墨なので……。
 >優しすぎて逆に異性からすると今一つ魅力が感じられないみたいな。都合のいい相談相手位にしか思われてなさそうです。
……あー、ぐちぐち言うけど面倒見が良いので、数年ぶりに再会しても相談に乗ってくれる的な(笑)
 >逆に真墨が仲介とならなかったらいつまで経ってもギクシャクしていたかもしれませんね。
蒼太は現時点だと、女性に深入りしたくないからこその「女好き」で、本当は男同士でじゃれ合っている方が好きなタイプなのかなーというイメージです(笑) その辺り、真墨と噛み合っているのかもなぁと。
 >チーフ実は孤立してないか?とか心配になっちゃいます。
蒼太とは必要以上に言葉をかわさなくても互いの考えが読み合える関係、みたいな好意的な解釈はしているのですが…………実際のところどうなんでしょうね?! 現状、なんだかんだ最後に手を伸ばしてくれそうなのが真墨な辺り、真墨はホント、得がたい人材だなと(笑)
◆五月サツキさん
 >今回のメインの蒼太さん。自分は人一倍警戒心が強い癖に、仲間の信用を失いかけることに動揺するめんどくさい人です。
愛嬌を与える意図もあったのでしょうが、菜月に詰られて割と本気で動揺しているのは面白かったですね(笑) 
 >データは削除していましたが、元スパイらしくバックアップとか持ってるんじゃなかろうかと。
誰でも触れる基地内部のノートPCに入れているデータとか、本命ではない感がしてなりません(笑) まあ癖とは裏腹に、そのぐらいはメンバーを信頼している、という本人も気付いていない本音という事なのでしょうが。
 >チーフのプロフィールの宝物の項に前回貰ったと思わしき「香川慈門のサイン入り冒険王者」とあるんですよね。芸が細かい。
ああ、そんな事が書いてあったのですかー。更新が早いのが如何にもそれっぽいですね。
 >「誰でもいいなら俺を選べよ!」と言えない伊能真墨くん21歳。絶賛思春期(笑)。
もう少し黙って見守れば、大人の階段を上れるんですが!(笑)
 >記憶のないところを拾ってもらったのだから菜月が真墨に依存傾向になっていてもおかしくないはずなのに、
 >真墨の方が自分を信頼してくれている菜月に対して依存しているように見えるという。
逆転性のある関係、という事で気付きましたが、真墨は菜月が居る事で“大人をやる”事が出来ているんですね。それにより、真墨の中の大人と子供のバランスを取っているんだなと思うと、この二人の関係も、かなり會川さんらしい設計ですね。
◆彗星恐竜さん
 >香川慈門という名前が『ゴジラ』原作者の香山滋のもじりとしか思えなかったり
ああ! テーマがテーマだけに元ネタありそうだなーとは思っていたのですが、成る程です。
 >今回「英雄(あるいは冒険者)」に対する存在として「ドラゴン」という言葉を使っていましたが
 >本当は「怪獣」という言葉を使いたかったんじゃなかろうかという気がしないでもなく。
破壊の象徴としての「怪獣伝奇」ってもう、會川さんの趣味満載ですが、メタファーのメタファーとして、ありそうですね。『ボウケンジャー』としては、「ドラゴン」にしておいて正解だった感ですが。