はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ロイヤル祖父

◆さやまきさん
 >結局ロイヤルメガマスターに全部持って行かせる為
 >って言うのは今作で割と繰り返しのシチュエーションになっちゃってるので
基本的に外部からの付与パターンばかり、というのはちょっと苦しい所ありますよねー。父の時は巧く要素が繋がりましたけど、今回、リクとキングの間に何も無いですし(^^;
 >単にキングじいちゃんの過保護炸裂(笑)という感じでしたし
孫娘を可愛がる祖父の図、という事で好意的に捉えてしまえばいいのかもしれませんが、今作イメージとしては、女の子に甘い超人、ですよね(笑)
 >ウルトラキーなど問題ではない!(レオの時に逆ギレ気味に兄弟を叱ったキングじいちゃん)を思い出したというか(笑)
ウルトラ縦社会はスパルタなのですね……(笑)
 >これだと出し惜しみし過ぎてタイミング逃しちゃったみたいで…
クールの節目をK先生に譲ったので最終章まで引っ張るのかなぁと思っていたら、遅刻→早退みたいな扱いになってしまって、ラスボス級キャラとしてのイメージはちょっと悪くなってしまいました(^^; シリーズとしては直近のハードル(サンダーブレスター)が高かったにしても、もう少しインパクト欲しかったですよね。
 >兄弟カプセルのリトルスターの保有者達も兄弟の技を出した前回以降は単なるカプセル補給要員でしたし
ゼナ先輩が考え込んでいる横で声援を送る、というのは良かったのですけど、ならその場でカプセル委譲してキングの技がより威力を増す、みたいな扱いでも良かった気はしました。既に6兄弟シールド使った後に個別のカプセル誕生、というのも収まり悪かったですしね(^^;
 >これからの終盤戦はもうあと一歩いや半歩踏み込んだ展開を期待したいですねσ(^_^;)
今回の展開は、この先をやるよ、という宣言だとは思うので、期待したいですね。
◆つるさん
 >ライハからリクへの信頼関係は12話で充分描けていたので、今回のリトルスターを頑張ってジードに届ける!という展開は、
 >ややしっくり来ませんでした^^;
ライハとリクの間の絆が新たな力を生んだ、という意図があったのかもですが、あまり巧く行きませんでしたね……。序盤のリトルスター譲渡が、散々雑な扱いだった、というのもありますし(^^;
 >リクの原動力を支えているのは、ドンシャイン本人ではなくショーのスーツアクターの行動であり、どこかの誰かの良心である、というのはぐっと来ました
 >言ってしまえばそのスーツアクターはヒーローの偽物なのですが、リクを思って起こした行動は本物であり、リクにとっては本物のヒーローだったんだな、と
ああそうか、スーツアクターという要素は気付きませんでした! あのドンシャインもまた、今作において“ヒーローになろうとしている人”だったんですね。そしてあの時、間違いなくリクにとってのヒーローであったと。
今作、こういう要素は凄く噛み合ってきているので、どんな着地をしてくれるか、楽しみですね。