はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ネビュラガス一ヶ月分が今なら3,600円

◆さやまきさん
 >序盤の不満がいっぺんに解消されつつありますね
かなり今回、足りない所を補ってくれたのは良かったですね。やはり1クール目の内に、引っかかる所には意図がありますよ、というサインを見せてくれると、物語への信頼度が上がってその後が楽ですし。
 >いちばん謎行動というかネックだったジャーナリスト女もワンシーンでやっぱりそういう事かよと見せるのも良かったですし
土壇場まで引っ張った末に興ざめのひっくり返しなどに用いるのではなく、わかりやすく裏がありました、と見せてくれたのは良かったですね。新キャラと絡める事で双方の存在感が増しましたし、その他の謎も素直なのかそれともひねってくるのか、と疑心暗鬼を生じさせるバランスが今作は上手いと思います。
 >あとは今回引いた葛城の謎とスタークさんとマスター絡みをクリアすればスッキリと2クール目に突入出来そうなんですが
ペース的には、年末にその辺りを合わせてくるんですかねー。だいぶ素直に楽しくなって参りました。
◆スピリットヒューマンさん
 >ただ今回スマッシュになった男がやたらペラペラ喋ったのはご都合主義に感じてしまました。
ああ確かに、スタークはだいぶ“そういうキャラ”を確立していますが、一般怪人要員まで似たようなノリで衝撃の暴露をしてしまう、というのは若干やりすぎでしたね(^^; 葛城の事を語りたくて仕方がないみたいなキャラ付けが、数話前から前振りでもあれば良かったのですが。