はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

構造美

最近読んでいるこの本の中で出会った、ギリシア建築の美学について述べた一節。

 調和が達成されるためには、オーダー(柱を主役とする、床から軒までのワンセット)各部の寸法、列柱の配列間隔、それらの全ての要素が細部にいたるまで、均整のとれた、しかも格調の高い比例を作りつつ、全体のプロポーションのうちに統一されなければならない。細部と細部、細部と部分、部分と部分、そして部分と全体が比例の連鎖によって有機的に関連づけられなければならないのである。
私が好む物語構造というのは、成る程これか、と思わぬ所で膝を打ったのでちょっとメモ。
なお、そもそもの西洋建築史の本としてもわかりやすく、図版豊富で面白いです。