はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

少年すぎる瞳

◆輝剣さん
 >青と黒の「ハァーッ」とカナデガミの「衝撃・波ッー!」が被ってたところが無性にツボでした。さすが、津久井教生(ゼルモダ他)
率直に従来作に比べると、DS妖怪の扱いってかなり雑ですけど、この回はキャストが豪華でしたねー。
 >それってシズカが囮…
あれ明らかに、ゲッコウ様とヤイバ先輩、本命の笛の存在、知ってましたよね……(笑)
 >ただ、蒼太はプロ(スパイ)ではないのかと。
蒼太はなんだか、“自制しない自分”と“自制しないけど仕事はこなす自分”が好きなのではないか、という気がしてきました(笑)
 >チーフはボウケンジャーのギャグ&負傷担当ですから、牧野さんは慣れているのです(チーフには主人公補正とギャグキャラ補正の両方がかかっているのです)。
あああ、チーフ基準では、いつもの事なので「大した事ない」と!(笑)
 >重くて大変だったらしいですよ、装備類。特にこのシーンでは二人分装備しているので
 >それと髪を束ねるのが凛々しかったです
あれ、割と普通に重かったのですね(^^; 髪型で意識の切り替えを見せる、というのは印象的で良かったですねー。
 >だが、一番察すべきところを察せられないチーフの目はリハクさん並み
チーフの目には冒険しか映らない……。