はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

旬を知る男

◆スピリットヒューマンさん
 >陛下は結構個人的に好きなのですが、だんだん少しお馬鹿なのではないかという疑惑が出てきているのは
初期は、科学者(黒魔術師?)っぽい要素が描かれていたのが、人を信じやすい(笑)せいで、抜けた所が目立つようになってきてますよね。スキルは割とマルチですし、キャラ的にはちょっと抜けた所も好きなんですが。
 >腹に入り込んで内側から倒すというエグい戦法をとったのはやはり映士がボウケンジャーに毒されてしまったからなのでしょうか…
殺る時は、確実に、殺る!
◆やずみさん
 >映士と真墨、徹底して「悪い人じゃないんだけどねぇ……」路線。この二人なら和解は当然、と思えますね。
なんだかんだ、後ろをついてくるとそれ以上の厭味は言わずに、内心で満足する所とか、実に、ですよね……(笑)
 >まだまだキャラの掘り下げが足りてないように見える蒼太、映士との歩み寄りも含めどう変化していくかに期待ですね。
真墨とは当然の衝突と帰結だったので、蒼太と映士の化学反応か、どう転がるか楽しみですね。
 >私もそう思います。チーフ、かつての「ボウケンジャーに入るか入らないか」という状況の真墨や映士に対する「絶対手に入れる」という態度とは離れてきたような……。
次の冒険のワクワクが大切なので、釣った魚(手に入れたプレシャス)には興味が薄まるのでしょうか……(笑)
◆輝剣さん
 >せっかくの蒼太の気遣い(握手)をスルーして自分の予定通り大根を渡すあたりが悲しいですよねぇ。
完全に自分のペースでしか行動できなくて、ギャグに紛れてますけど、素性考えると地味にきついですよねあれ。
 >チーフはリンゴ、菜月が柑橘類、蒼太が大根とかじりやすいマイルドな選択になっているあたりがスタッフの気遣い? 
色で合わせつつ、映士にも心遣いがあったのでしょうか……(ほろり) 真墨にはナス、という割と高度なボールをぶつけましたが(笑)
 >それでも全組織と関係性を持っているのはガジャ様だけなんですよね。DS(業務提携)、邪竜(ゆるい同盟)、クエスター(脱走者)
気がつくと、面白い立ち位置になってますよね。陛下、自宅知ってるし(笑)
 >蒼太とさくら姐さんは共に組織人としての立ち回りができるが、規律並びに計画性重視才女と臨機応変アドリブ野郎で
 >互いを補完し合っていますし仕事を任せると一番安定が見込めるコンビです
この二人は逆に、出来が良すぎて組ませにくいみたいな部分もありますよねー。結果、真墨や菜月を押しつけられる蒼太さんは若干食われ気味になって掘り下げが遅れているのかとは思ってみたり(^^;
 >このシーン、夏だしジャケットの換気性最悪だしで大変だったそうです。
ああもう、撮影時期は夏なのですねぇ……制服ものはなりがちですが、そういえば今作も、季節感薄めですね。……映士はそれこそ、つい最近まで分厚いロングコートでしたし(^^;
 >映士のハザードレベルが小槌より上なら映士より上ならワンチャンあるかもしれませんよ?
ああ!(笑) 映士は一度、計測しておいた方が良さそうですね……。
 >実際の撮影では同時進行中の映画での勢揃いが最初だったので、出合氏的に感慨は微妙だったとか。
追加戦士あるある的な……(^^;
◆あきさん
 >かじる野菜もセロリパプリカのちょいお洒落路線からきゅうりにと序盤からいきなり庶民的に寄せて来ましたね。
名前並んで今気付いたのですが、ちゃんと、夏野菜食べてるんですね!(笑)
 >生野菜はメンバーの色に合わせたかったのが、さすがにピンクと青は調達できなかったのかなと。
さくらさん的には赤でもOK……?
 >仲間入りに際してプレゼントを用意するのはぼっちメンタル共通でしょうか。
気持ちを表すもの=物品、という発想に行き着くんですかね……。後のサワオとの比較だと、社会的常識を踏まえた上で堅苦しくいきすぎるサワオと、社会的常識が無いのでとりあえず自分の好物を渡す映士、というのは面白い対比ですね(笑)
 >演じる出合さんも映士の弱さは大事に演じて行こうと心掛けていらしたとのこと。
今作、プロ戦隊としてメンバーの能力値が全体的に高め設定の分もあってか、それぞれ「強さ/弱さ」という部分は、かなりこだわって描いてる感じですよね。
 >読んでみたい気持ちが沸く一方、読むとその世界観にエネルギーを消耗しそうで危ないという警報がせめぎあっております(笑)
癖の強い作家の癖の強いマンガな上、正直ストーリーは勢いオンリーなので、お薦めはしにくいです(笑)
 >色々考えてはいけないお話
……え(笑)
 >後々まで語り継がれるネタまで、回ごとにベクトルが四方八方に振りきれていて好みも分かれるかもですが、お楽しみに。
色々冒険している作品だけに、どうなるか楽しみです。