はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

爆発!

◆タイキさん
 >まるで海外のアクション映画みたいに司令官の元に集まる前にどんどん巻き込まれる形で五人の仲間が集まるってあんまりないですよね。
確かに幾つか見ると、これだけ最初からフルスロットルなのは、特殊ですね(笑) 考えてみるとむしろ、冒頭に一人ないし数人の戦闘から入る、というのは近年の作品に近い導入かもですね。
 >それ以上に私は立花レイの「何をボヤボヤしてるの!」と弾を叱責するシーンのが印象的でした。
これも確かに、女性メンバーに真っ先にそういう役割を与えたのは、珍しいかもですね。
 >前作「ゴーグルV」が余りにも堅物過ぎたのもあるんでしょうが、良い感じに肩の力が抜けているなと。
成る程その辺り、前作との差別化があったのですね。『ダイナマン』は「若者」という点に一つポイントを置いているので、そういう意味でのカジュアルさみたいな意識も軽さとして描いたのかもですね。
◆つるさん
 >リクがアリエを守れなかった負い目から使命を建前に飛び出し、ライハがリクを連れ戻す、的な話にしたかったのかなあとは
 >思うのですが、色々とかみ合いませんでしたね…メガマスター登場回で似たような展開を扱い済みなのも痛かったです
物語的には、ライハがお帰りと言ったり迎えに行ったり、リクにとって帰る場所(星雲荘)の象徴扱いみたいですけど、どうもピンと来ない所ありますよね(^^; ライハ・モア・ペガ・レムに、要素を分解しすぎてしまったというか……。
 >それと、どうもアリエ周りの話は後出しジャンケンのように感じられて、いまいち盛り上がりきれませんでした
この話数でひっくり返すのだったら、ベリエルの布石は、もっと明確にした方が面白かったのでは、という感じでしたよねー。
 >もう生存して最終決戦を書き記す、くらいやってもバチは当たらないのでは…と思ってしまいます^^;
リク達が理解できないなりに、ストルム星人・伏井出ケイの側の物語を書く役、とかになってくれたら補完としては嬉しいのですが……K先生の本名ネタはまだ残ってますし拾ってほしいですね。
 >一応キングが宇宙を、ゼロがレイトを救うために一体化したのに対し、ベリアルは利用するためだけにアリエと一体化した、
 >というのは、ベリアルは(能力面で)本物のウルトラマンであることを再確認させて面白かったですし、
ああそうか、あの憑依自体は、ウルトラマンの基本的な能力を前提にしているんですね。展開そのものに引っかかってしまって、そこまで思い至っていませんでした。