はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

金魚にだって牙はある

◆さやまきさん
 >舞台を沖縄にしたのは映画絡みで今回の話とは特にタイアップ的なものもなく
あー、劇場版との関係だったのですね。映像的には綺麗で良かったですが。
 >アリエの演技もしてたとするなら意外とべリアル陛下おちゃめで笑えるんですが
もっと露骨に伏線を張っておいて、うわ本当にベリアル父さん、アリエさんの演技してたの?! という方が面白い方に振れましたよね(笑) まあこの関係については、次回もうちょっとあるかもですが。
 >明らかに最初から空回ってたライハが結局今回は最後までK先生に追いつけない間に合わないというのも…(来週に期待ですけど)
何とかならないよりは、何とかなった方が断然いいのですが、しかしライハ、うーん……(^^;
 >せっかく色々出してるのなら中途半端な妥協はして欲しくないなぁと思うんですよね(ジードだってキングじいちゃんの力を使ってるのですから)
《ウルトラ》はホントこの辺りの、どうせ昔のネタを出すの前提だから……というのがメリットもデメリットもあって、調整が色々と難しそうな感ですね(^^; 蓄積が多い分、どこかで誰かにヒットしたり、はまった時の爆発力というのは大きいのでしょうが。どうせやるなら何らかの接点がある方が説得力が出る、という点は納得です。
思い入れのない私としては、この二つのカプセルについて、劇中できちっと(カプセルが)脅威である事を描写してきてくれたので、その点は良かったなと。
◆タイキさん
 >不滅の牙がどうしてこうなった!?とリアタイで見た時は良くも悪くも破壊力抜群でした(笑)
赤い動物……金魚? → 魚だけど大丈夫ですか? →まあ何とかなるのでは、的な現場スタッフの悪のりしか想像できません(笑)
 >さくら姉さんが大筋を8割決めていき、残った2割の想定外に対する臨機応変な対応という細かい隙間を蒼太が埋めていく、という感じですかね。
蒼太さん、情報集めるのは好きだけど、現場ではスリルを優先したい重病……。
 >ここを一番期待したのですが、蒼太とさくら姉さんは個人的に「これ!」という決定打がなかった気がします。
正直この点は、あまり面白くなりませんでしたね(^^; 上下関係がハッキリしており、お互いの領分をきっちり守り、おまけにプライベートでは興味が無い、というのが明確になった分ドラマは生まれなかったというか(笑)
 >大和屋さんってギャグ自体は結構面白いネタぶっこんでくるのに、肝心のSFガジェットに関する創意工夫がもうちょっと欲しいなと思う所です。
『ボウケン』はプレシャスの扱い次第でネタのバラエティを広く取れる一方で、説明しないといけない要素が多くなるので、ちょとその辺りの呼吸にあってない感じの所がありますね。
◆スピリットヒューマンさん
 >ボウケンジャーは巨大戦が結構面白いのですがアルティメットダイボウケンの弱体化は少し早いような…結構かっこいいので残念です。
サイレンビルダーの都合で、ちょっと急に扱いが雑になってしまいましたね(^^; ビルダーはビルダーで、シルバーほどの強キャラ感は無いですし。
 >むしろ自分をかばって金魚になったチーフのことで落ち込むべきなのでは?と思ってしまったり、あんまり乗りきれませんでした。
一応金魚をちょくちょく気にしてはいましたが、そっちに振ると蒼太の存在感が薄くなってしまうので、踏み込まなかったのはちょっと中途半端になってしまいましたね。
◆五月サツキさん
 >前回助ける助けないで真墨があんなに迷ったのは、ここでこいつを消せばキャラ被りは免れられるかもしれないという闇の囁きがあったのかもしれないと思いました(笑)。
ああ!(笑) ……定期的にヤイバ先輩から、アドレスを変えて勧誘メールが届いていそうな気がしてきました。
 >今回映士に関しては、一応あくまでサージェスレスキュー所属であるからかなあと思いました。入隊しても、わりと単独行動が多いというか。
成る程そう考えると、最初に出てこなかったのは、実は真面目にレスキュー講習とか受けていたんですかね……。
 >仲のいいチーフ、真墨、菜月は動物に変えられ、そこには疑り深い元スパイに生真面目サブチーフ
改めて考えてみると、物凄いアウェー感……それは基地から逃げ出しますね……。
 >そういえば、記憶違いでなければ今回初めてさくら姐さんから真墨への呼称が出ましたね。普通に呼び捨てです。
ちょっと面白くありませんでしたね!(笑) もっとこう、甘酸っぱい悶絶が……!
 >屈辱を受けるチーフ、元に戻ってガッツポーズをするチーフ、慌てて咳払いをして誤魔化すチーフと、チーフは大分崩れていましたが。
今回総じてチーフのリアクションは、普段押しの強いキャラの細かい芝居が良い方向に出て面白かったです(笑)
◆やずみさん
 >『ボウケンジャー』って、プレシャスやツクモガミの「何でもアリ」感を確立したことでギャグも多く含められるようになったんですよね。
ダークシャドウは割と当初から愉快犯集団だったので、こういう所では使い勝手いいですよねー。
 >今回のチーフたちの姿を楽しめたのであれば幸いでした。今回がダメなら、ここから先は受け付けられない恐れもあるので……。
個人的には、戦闘中、急にブルーが敵にフランクに対応する、みたいな描写の方が引っかかるタチだったりします(^^; いったいどこへ冒険してしまうのか、ドキドキしつつ楽しみです。
 >二人のスタンスの差を描きつつ、その差を互いにすでに受け入れている姿はまさにボウケンジャーで最も大人な二人。
結果としては大人すぎて戦隊としてはドラマが生まれにくかったという事になりましたが、ボウケンジャーのプロフェッショナル戦隊らしさはよく出ていましたね。
 >うーん、この前『カーレンジャー』の手足組み換え戦闘を見たからか、この辺りはどうも物足りなさを感じましたね。
人間大の戦闘でも特に二人の作戦がぴたっと成功というわけでもありませんでしたし、ロボ戦はネタ優先の勢いだけでしたし、今回ちょっとバトルがいまいちだったのは残念でしたねー。
◆輝剣さん
 >今回はギャグ回だから仕方ないのかもしれませんが、ヤイバ先輩がいないとDSってどうしようもないような気がしてきます。
シズカがボウケンジャー相手にやらかしている場面に不在の時って、地道に別の任務こなしてそうですよねヤイバ先輩……(笑) なんだかんだお荷物社員を見捨てない辺り、職場の先輩としては面倒見が良いのかも。
 >ヤイバ先輩も見切りをつけていて、将来の独立も視野に入れて趣味が合いそうな真墨に粉をかけているのかもしれませんね。
エスターに続いて、事務所を離れて新コンビ結成! ……は見たいかも……(笑)
 >段取りすら知らされていないのでダークシャドウとの交渉決裂寸前にゴーゴーチェンジャーを構えて「どうすんだよ」と二人に聞く始末。
意外と素直な態度で驚いたのですが、前回〜今回の間に、血も凍るようなお仕置きがあったのでしょうか……。
 >デュアルクラッシャーも用意できる上にシズカとの名コンビぶりは惜しかったですね。
あれ結局、どういう術か説明されませんでしたしね!(笑) DS妖怪は、スペックの高さに対して現場指揮官の采配が微妙な気がしてなりません。
 >轟轟合体シリーズとしてばら売りされているドリル以降の5機とサイレンビルダー双方の販促強化の一環だったのかもしれません。
コンパチ玩具ネタは本編にしばしば取り込まれますが、タイミング的も劇場版との絡みがあったのですね。
◆橘まことさん
 >チームの一員として作戦を重んじるさくらと、俺流によるアドリブが多い映士を衝突させて、最後はさくらのアドリブにつなげる
アドリブは蒼太にお任せ、と言っていたさくらが最後に「実はアドリブ」を放ってしまった事で、役割分担の話としても微妙にぼやけてしまいましたが、さくらが映士のアドリブも使いよう次第と認めた上で映士もさくらの能力に感心する話、だったのかもと考えると、その方がスッキリまとまって、ありそうですね。
 >ロボ同士の換装もノルマ達成感が強く、他のエピソードの密度が濃い分、ちょっと盛り上がり切らないエピソードでした。
蒼太とさくらの発想の違いをメインに置いたにしては、それを活かす場面の筈の最後の戦闘が大雑把なんですよね……(^^;
 >それにしても、サージェスはそろそろツクモガミをプレシャス認定した方が良いと思うのですが……。
……その場合、ゲッコウ様が保護されてしまうのでしょーか(笑)