はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

戦車道は安全です!

◆ゆーりさん
 >今後も命にかかわりそうな戦い方とか場面あるので、理由は不明ですが戦車道はどんなことがあろうと安全なんでしょうね(笑)
そこはツッコんでくれるな、みたいな造りながら、車内で火災発生したり、割と心配になりますよね(笑)
 >ここまでバッサリやってくれると清々しくていいなあと思いました(笑)
アイキャッチ前には、凄く強そうに出てきたのに……(笑) 今になってみると、諸々の設定含めてそういう隙間や抜けた部分が上手く面白がってもらう方向に転がった作品でもあるのでしょうね。
◆スピリットヒューマンさん
 >多少脚本の執筆時期や物語の都合でできた矛盾点はあり、不満がないわけではないのですが、本当に面白かったです!
いやホント、評判良いですねー。
 >エグゼイドで監督デビューしたばかりの上堀内さんを起用したのはなぜだろうと思ったのですが、オーズ、フォーゼ、鎧武、
 >ゴーストでは助監督を務めており各作品をよく理解しているからということなのでしょうか?
キャストも多くなるので、一通り面識ある監督だと現場を回しやすいとかもあったのかもですね。
 >映司を演じる渡部秀さんがアンクを演じる三浦涼介さんに自身にオファーが来た時一緒に出ないかと誘ったり、
 >セリフにもこだわったらしく扱いが非常に“重かった”です。
ああ元々は、アンク復活までやる予定はなかった?けれど、役者さんの熱意などもあって思い切って、みたいな事情もあったのですね。あの二人、凄く仲が良いらしいとは聞いていましたが。
 >ヴァルゴ、レオ、スコーピオンときてなぜキャンサーなのか?そこは普通リブラなのでは?橘さ…「軽い……私の扱いが、非常に軽い」 
それもう、ツッコミ前提としか思えませんね……(笑)
 >それと、やはりブレイドの最終回は…何度見ても…すばらしい…
ちょうど今、東映Youtubeの配信が最終回でしたか。あのラストカットは本当に大好きです。
◆橘まことさん
 >ガルパンは劇場版を見たとき、あまりの人数の多さにてっきり2クールだと思っていたのですが、TV版は短い時間でのキャラ描写が上手でしたね。
ある程度、焦点をどこに当てるかをハッキリさせつつ、会話のメリハリが上手い作品ですね。
 >イカサマ紛いに手を染めた理由が完全な私怨で、しかもその姿を無様に見せることで逆に愛嬌を感じさせるのは本当にお見事だと思います。
期待に応える崩し方をしながら、それを面白さにまで持っていたのは良かったですよねー。ある種のあざといキャラの見せ方が良い方向に転がった作品だなぁと。
 >部活ものでしばしば「勝ちを目指すか楽しくやるか」の対立が描かれるたび抱いていた違和感に答えを出してもらった、優花里のセリフが本当にお気に入りです。
ここは良かったですね。更に最終盤に、もう一段階掘り下げてきてくれたのも、素晴らしかったです。
 >部活ものを始めとした「グループを作って何かやる」系作品でも珠玉のエピソードだった気がします。
第2話が個人的に微妙だったので、インターバル展開を楽しめるかちょっと不安があったのを見事にひっくり返されたのも含めて、グループを作る事で閉じるのではなく、むしろ外側に広がりが生まれる描写など、印象深い話となりました。
 >多分、母親が高校生の娘がいるとは思えない若々しさなのも「仙道」の影響ですね。
西住流家元の声が、田中敦子さんだったら更に危ない所でした……。