はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

多分ハザードレベル200越えぐらい

Beniさん
 >唐突に今気づきましたが、ガンマジンってプレシャスですよね……
は?! 確かにあれはもう、プレシャスとしか言いようがないですね……(笑)
◆スピリットヒューマンさん
 >ヒゲさんはてっきり戦兎=葛城を知っているものと思っていたので、マスターはかなり重要な情報を今まで教えていなかったあたりやっぱりタチが悪い(笑)。
あれだとヒゲ所長、葛城は死んだものだとばかり思ってた事になりますよね……だからこそホイホイ、マスターなんかの言葉に乗せられてしまったのかもですが(^^;
 >マスターが美空のことをどう思っているのかまだハッキリしてないので、今後どうなるのか楽しみです。
この辺り、あまり引っ張られると面倒くさくなりそうですが、割とさくさくカードを表にしていく作品なので、父娘の関係をどう転がしてくれるのか、楽しみですね。
 >来年10周年を迎えるキバにもう一人の主人公、紅音也を演じていた武田航平さんです。
おおもう、『キバ』からも10年ですか。面白そうなキャスティングで、楽しみです。
◆五月サツキさん
 >葛城巧の部屋で死んでいたのは、葛城ではなく佐藤太郎。もしそうだとしたら完全にとばっちりですね、佐藤太郎。
 >まあこれでは記憶喪失云々の問題が発生してしまうのですが……。
まだ最新話は見ていないのですが、誰のどういう思惑で今の状況が生まれたのか、整理の仕方も含めて楽しみです。出来れば佐藤太郎もただの死に役ではなく、のちのち存在に意味が出てくれたりすると嬉しい所でありますが。
 >マスター側の心情はまだはっきりとは語られていないので、これからどうなるか楽しみです。個人的にはマスターと美空の関係に救いがあると嬉しいのですが。
完全に娘を娘とも思っていないと、きつくなりすぎますものねー(^^;
 >何度も裏切られてるのに、マスター提供の情報を簡単に信用してしまうあたり駄目人間臭が漂っているような。
メガネ秘書が居れば、もうちょっと止めていてくれたのかどうなのか……今更ながら、この二人にもうちょっと絡みがあれば妄想が広がったのにと思ってみたり。
 >ここまで所謂日常回がないに等しいと思うのですが、近年のライダーでは普通なのでしょうか。
私も近年は序盤リタイアが多くて『ビルド』は久々にがっちり見ているライダーなのですが、ここ3年の少なくとも序盤に関しては、イベントイベントでどんどん回していく傾向でした。それでも前作1クール目は2話完結フォーマットで話を作っていたんですが、『ビルド』は完全に連続ものとしてより加速をつけた構成になっているかもと思います。
◆さやまきさん
 >勇者小太郎が実に楽しそう(男の子の夢的ですよね)だったのと
最初はちょっと冷めていたのが、大人達がノリノリなのを見て本気で楽しみ始める、という辺り良かったですね。
 >ラッキーの女魔術師があまりにもハマりすぎだったのと(役者さん的にもいちばん良い表情が出てたっぽい)のと
あれは予想外にはまりましたね……(笑) 役者さんの演技も振り切れていて良かったですし。
 >(それをあの殺害映像にむりやり繋げるツギハギ感も酷かったのでそれなら歴史改変であのシーン自体を変えてしまっても良かったのに)
正直、歴史改変した後も、アントン博士はスコルピオに殺されたままなんだっけ……? という辺りがあやふやになっていて、全部そのままな事に逆に戸惑ってしまいました(^^; チャンプ周辺は、テーマ的に好きなものに化ける可能性がありそうだっただけに、アントン博士の雑な二重人格設定と適当な処理はホント残念です……。
 >正体バラしたと思ったらむしろスタークだった出番までマスターが持っていってしまってて 凄く美味しい役になっちゃってますねww
マスターは前回の敗北もあって今回は大人しくしているのかと思ったら、もはや堂々と生身で引っかき回しちゃうというのは強烈でしたね(笑)
 >流れとしては次回で第1部完、年明けから第2部という事になるのか
 >(映画もあって既に新ライダー情報がダダ漏れしちゃってますが)
映画合わせで情報量の調整もあってか、若干ばたついた所もありましたが、構成としてはかなり綺麗な区切りになりそうですね。その辺りの計算が命な感じの作品になりそうではあるので、今後も期待したい所です。
 >じゃあと言って昔の東映みたく敵怪人の名前イコールサブタイというのももう少し何か考えてよ(爆笑)と思いますし
「怪奇!ゴリラスマッシュ再び!」とか『ビルド』でやると、それはそれで意味不明で面白いかもですね……(笑)
 >(実は円谷作品とかではあまりその手のジレンマを感じた事がなくてタイトルを付ける事に関してもやはり老舗の貫禄という感じがします)
ああ確かに、シリーズとしてそういうもの、という伝統もあるのでしょうが、上手いサブタイトル多いですねー。ここ10年だと『電王』のサブタイトルは面白かったですが、あれは言葉遊び路線の強みがありましたしね。
◆めるさん
 >でもヒーロー物語的には次第に敵が強くなる方が盛り上がりますよね…多分…
そうなんですよね……(笑) あと今作は、ジャークマター側のリアクションがほぼゼロの為、実際どれぐらいキュウレンジャーを脅威だと認識しているのか、今もって余裕なのか、という辺りがさっぱりわからないのが、幕府のスケール感を見えにくくしているな、と思うところです。
 >実年齢よりずっと子供なんですよね。長い間寝てたので…そう思うとより切なくて。
色々不穏な気配を感じつつも、この1年間が凄く大事だった、という形で美空の心情を掘り下げたのは良かったですよね。
 >マスターの有能な最低ぶりがどこまでいくのかひたすら楽しみです。でもあまりに無双(?)過ぎると冷めてしまいそうでさじ加減が難しいかしら、とも^^;
何もかもマスターの思惑通りでした、だと白けてしまう所も出ますものね……それでも面白くなるぐらいマスターの性格が酷すぎる、というのもちょっと期待したいですが(笑)
 >駄目すぎて可愛く思えてきてしまいました。ぼんぼん臭さがすごく出てますよね。
ヒゲ所長はただ失脚するだけでなく、ああそういう人だったのかーと地金が見えてきたタイミングが良くて、魅力的なキャラになってきましたねー(笑)
 >私も彼は父へのコンプレックスが強くあるように感じます。
今後この辺り、ヒゲ父子のすれ違いなどは盛り込んでほしい部分です。
 >すごいでしょ!さいこーでしょ!てんさいでしょ! は、最近我が家での流行語です。汎用性高いです(笑)
ああ戦兎の、けっこう素っ頓狂な部分には、そういう効果もあるんですね(笑) 「最悪だ……」とか、変身後の決め台詞以外にちょこちょこと、定番台詞を配置してますよね今作。
◆鷹Deさん
 >台詞ではマスターへの感謝を示しながら去った後に号泣することで実は気づいてることを明示した点は良かったですね
ここであんまり頭悪いキャラにされるとなんだかな、と思ったので、美空なりに周囲を色々見ている、というのが父親への感情と合わせて表現されて良かったですね。
 >ただ分かりきった展開を綺麗にまとめて本当に良かった回だと思うんですが次回予告でbgmなしが異常なハードルを上げてしまいました(汗)
あの予告を見るともっとこう、戦兎の正体?判明から怒濤の展開! みたいなの期待してしまいますよね(笑)
 >ただビルドは予想を覆す展開ではなく予想された展開を綺麗にまとめる展開でハズレがなく今のところ好きなライダーですね
丁寧に布石を置いていって、それを綺麗に回収してまとめる、というのが現状うまく転がっているので、この調子で進んでほしいですねー。