はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

あんこうと戦車

◆toroneiさん
 >知波単学園が突撃始めたときに「チハタン名物の突撃だー!!」って感じでキラキラした顔で見てるゆかりんが再視聴時のツボです。
ああ……わかっている人が約一名、身内に居たのですね……(笑)
 >後のホテルは「隣のホテルが砲撃受けると聞きました、うちもふっとばしてくれないのはずるい」といって晴れてふっ飛ばされたという話w
 >あと最初のホテルは偶然補修工事があったので映画公開時に砲撃受けたところにブルーシート張るというノリの良さw
やたら気合いの入った作画で吹っ飛んだのは、実在のホテルを了承を得た上で吹っ飛ばす、という要素もあったのですね(笑) にしても、壊されて喜ぶのもなんか、昔の怪獣映画ノリで(笑)
 >後、まほ・みほ・ダージリンは三すくみの関係というのが、いろんな資料で示唆されております。
成る程、スタッフの中では位置づけとしての重要性は初期からあったのですね。ある意味では、その三角形を軸にしているのがこの劇場版というか。
◆橘まことさん
 >TV本編を見たときにも感じましたが、取捨選択がハッキリしているうえに
 >いかに少ない情報量で視聴者の想像を膨らませるか、がうまく成立した作品でしたね。
戦車と美少女というキャッチーな要素を前面に押し立てつつ、圧縮した作劇が凄く上手く転がっていましたよねー。隙間の見せ方が上手いというか、ホントいい方向に向かった作品だな、と。
 >TVのラストバトルと似た構図ながら、今回は勝利のために自分たちを切り捨てる判断をみほにさせるなど、
 >戦い方の違い=各人物の変化が見え、キャラの掘り下げにも一役買っているのには、もう脱帽です。
最後、砲撃前にまほのちょっと悲しそうな表情が入ったりとか、ああいう所上手いですよねー。
 >初見当時は最高のライバル関係なんだろうと思っていたのですが、まさか実質練習試合だけの仲だったとは……(笑
私もあれは驚かされましたが、考えてみると、毎試合(ロシア?まで)きっちりお茶しに来て、ぐいぐい話しかけてくるダージリンさんの、押しが異常に強いのか(笑)
 >確か砲撃されたホテルのモデル、実際にブルーシートをかけたり大穴を再現したプレートを貼り付けたりとノリノリだったとか。
今作を語る上では、大洗との関係は外せないものなのでしょうが、今更ながらその辺りはリアルタイムの熱気の流れを感じてみたかった所です。
 >中の人違いですが(お気づきかもしれませんが)、バレー部のキャプテン『デカレン』のウメコです。
声優活動もしているというのは知っていたのですが、全然わからないですねー。根性ーーー。
 >ガルパンの何割かは七月鏡一さん成分から成っていた?(笑
今作の行間と、七月さんの詩的な部分は相性がいいのかもですね(笑)