はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

開戦

◆ゆーりさん
 >戦兎はどこまで本心なのかは分かりませんが、ヒーロー然としたことをさらりと言ってしまうので、
 >こういうところにヒーローとして根っこがあるんじゃないかと思いました。
「自意識過剰でナルシスト」は、葛城巧も佐藤太郎もどちらもそんな感じですが、桐生戦兎オリジナルの性質というのが、今後どんな風に出てきて、ヒーロー性と繋がっていくのかは、描き方が楽しみですね。
 >次のヒーロータイムは三つ巴の乱戦が繰り広げられると思うと面白いです。
ああ確かに、あちらもこちらも乱戦ベースになるんですかねー(笑)
 >情報を見ますとビルドもルパトレンもそれぞれの正義のぶつかり合いがテーマになりそうなので、今年のテーマはこれってことになるのでしょうか。
こうなってくると、北都側のライダーや赤青黄のキャラクターが当面の鍵になりそうで、面白い存在感を期待したいですね。
◆スピリットヒューマンさん
 >さまざまな外道を世に送り出してきた平成ライダーシリーズですが、また新たなタイプの外道が誕生しました…
やっている事はラスボスなのに、率先して最前線を引っかき回す外道、というのが面白いですよね……(笑)
 >それにしても戦兎といい、万丈といい、ヒゲ首相代行といい、北都の首相といい、
 >重要人物全員が一人の人間の掌で踊らされているというのはある意味斬新です(笑)。もはやラスボスなのでは…
マスターのこの、酷すぎて面白いのと、ちょっとやりすぎ感のバランスは危ういところもあるので、うまく走り抜けてほしいです。
◆gariさん
 >佐藤太郎の演技は役者のアドリブで、本人も気に入ってるらしく舞台挨拶などで持ちネタにしてたりします。
あのぶっ飛び方はアドリブだったのですか! 舞台挨拶では鉄板のネタになりそうですね……(笑)
 >特に拘束されてる訳でもないのにパパに怒られたら素直についていく→ものすごく素直に、ダンボールに荷物まとめてる
これ、良かったですよね(笑) ヒゲはホント、そそのかされて悪い遊びに手を出してしまったお坊ちゃん感溢れていて、段々好きになってきました。
 >当然の如くマスターが敵にも戦力流してたし、当然のごとくそれを知らない」と言う、どこまでも面白い事になってますね。
気になるアラは幾つかありますが、ヒゲとマスターがそれを上回る面白さを発揮している内に、物語の説得力を上積みしていってほしいところですねー。
◆鷹Deさん
 >正義の人だったはずの桐生戦兎が実はそもそも元凶とも言える兵器を作り出していた佐藤太郎だった。
 >それが事実であったとしてもそれでも桐生戦兎が正義のために戦ってきたこともまた事実。
それを真っ直ぐ指摘してくれるのが龍我、というのは位置づけにはまっていて良かったですねー。戦兎と龍我の関係もだいぶイーブンになってきましたし。
 >今作はホントにうぉって驚くシーンはなくとも順当に順当に展開が進んでいっている点は好きですね
後はホント、マスターの特殊能力など、部分部分の飛び道具が綺麗に収まって欲しいところです。「記憶」をキーワードに大仕掛けがあったりすると嬉しいんですが。
 >ただ戦争となると混沌とするはずなので展開が読めないですし、スケールが国が3分されるという設定に追いついた感があるのでますます期待です
ここまでは土台作りで、ここからが本当の『ビルド』になりそうな感じもあって、転がし方が楽しみですね。
 >しかし新ライダー、まさか紅音也役の武田航平さんとはびっくりですwしかも10年でそんな変わってないという
予告の1カット見た感じ、面立ちはそのまま、精悍さを増している感じで、本格登場が楽しみです。
◆特命さん
 >誰も彼も作中一怪しいマスターの言うことをろくに疑いもせずに(実際その通りでしたけど)あっさり信用しすぎじゃないのか...とも思いますね。
幻徳はもう仕方ないとして、マスターの発言の裏を読む、或いは裏を取る人が誰も居ない、というのは物足りない所ですよね。紗羽あたりが機能してひっくり返してくれると良いのですが……。
 >この先どんな展開でも「実はマスターの仕業でした。」で全部片付くんじゃ流石に面白くないなと。
それが積み重なるとさすがに白けてしまうので現状一番の不安点ですが、年明け早い内に、マスターの能力の限界を設置するか、火星パワーとは何か?という所には触れてほしいですね。
 >戦兎の正体を知って龍我が激昂するシーンとか、落ち込む戦兎を龍我が励ますシーンとか、
 >過去のエピソードと全く同じ過ぎて個人的にはあんまり面白くありませんでした。もう一捻り欲しかったです。
龍我周りは、わざと同じシチュエーションにして龍我の変化を描く意図なのかなとは思うのですが、確かにそういう弱さはありましたね。新展開で龍我が独り立ちしてくるようなら、ひねりを期待したい所です。