はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2022〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

そういえば、劇場版はいい加減見るべきか……

◆さやまきさん
 >まどマギは現在スマホゲームでマギアレコードで展開していて
おお今、そんなのがあるのですか。
 >それが終わると同時にまた地獄に叩き込まれるみたいな展開で
ひどい……(笑)
 >軌道に乗るまでの1クールというのは平成ライダーのジンクスなんですよねーσ(^_^;)
感想書いていると実感する事として、平成ライダーって1話1話の情報量が物凄く多くて、もう何年も、情報の重さが飽和限界になっているのかなーというのは思うところです。私が通して見た作品で強く感じたのは『オーズ』ですが、物語が走り出すまでに時間がかかりすぎている面があるのかな、と。
 >まず世界観紹介を駆け足でやったらキャラはとりあえず顔見せ程度で構わないのでいきなりトップギアで美味しい所を見せて
「活劇」の文化的違いというのが、その辺りは年代であるのでしょうねー。
 >基本は昔から変わらないんだよなぁと思いつつ見ています(なんか上原正三さん脚本がやたら多いんですけどww)
あの当時はホント、上原正三伊上勝はいったい何人居るのだろう、という(笑)
◆つるさん
 >鎧武は石田監督が好きな自分でさえ「これはちょっと…」となってしまう石田演出がちらほらあったのでお知らせしておきます(笑)
とりあえず石田演出には覚悟、と(笑)
 >シリアスな作風で子供が離れないように突飛なくらいのギャグシーンを入れよう(特に中盤まで)、というのは制作全体の方針だったようなので
現行『ビルド』も割と、ギャグはギャグ、とハッキリやりますが、更にその調節が強い感じだったのですね。
 >最終決戦の熱さやデザインの格好良さは本当に良かったので、もし視聴される機会があったら是非感想が聞きたい作品ではあります(笑)
だいぶ00年代の未見作品が減ってきたので、機会があれば次は『ウィザード』か『鎧武』が見たいかなーと、思ってはおります。