はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ハンター再デビュー

やるゲーム色々あるのに勢いで、『モンスターハンター:ワールド』始めてしまいました。
むかーし、PS2でシリーズのどれかをやって序盤で挫折したのですが、今回は割と最初からモンスターに太刀打ちできて、ハンターとしての達成感が得られるのが良い感じ。
導入の段取りもきちっと練られていて、ハンター初心者でもストーリーを追いかけていく内に自然と基本がわかる優しい作りになっています。
マップが複雑かつ画面上の情報が多いので最初はとにかく“言われるがまま”という感じだったのですが、段々と自分が、何をしているのかわかるようになっていき、ハンターとしての判断を下せるようになっていくゲームデザインも秀逸。
携帯ゲーム機を主戦場にしていた事もあり海外での知名度がもう一つだったシリーズを、据え置きゲームで大々的に展開する事で海外市場へアピールしたいという狙いがあるようですが、“はじめての『モンハン』”をかなり意識した作りになっています。
特に、モンスターの痕跡を集める事でモンスターの居場所を感知しプレイヤーを誘導してくれる、探知機&発信器とでもいえる導蟲が超優秀で親切。かつてのシリーズで、対抗アイテムをせっせと作って満を持して大型モンスターに挑むも、追い詰めて逃げたモンスターを探している内に時間切れになってアイテム無駄遣い、で心が折れた経験がある私としては、
(見たか! これが人類の科学の力だ!)
という気分で、逃げるモンスターを楽に追いかけられるのが、とても有り難いです。
あと、フィールドで薬草を刈るとその場で「回復薬」に、更にハチミツを刈ると「回復薬グレート」に、など、基本的な必需品?の調合はその場で自動的に済ませてくれるのも、余計な事を考えないで済むので初心者としては嬉しい部分。遠距離武器などを使っていると矢の作成などで悩む部分もあるのかもしれませんが、近距離で太刀を振り回すだけなので、面倒くさい事は考えません!
そんなわけでなかなか楽しくやっています。
現在、大蟻塚の一つ目のクエストまでクリアしましたが、この戦いは音楽も格好良くて盛り上がりました。
しばらく、素材集めの予定。