はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

恋人は冒険小説

◆スピリットヒューマンさん
 >さくら→チーフはこれまでの描写から真墨、菜月、蒼太は知っていると思われますが、もしかしたら映士は知らないのではと思い当たりました。
映士は全然わかってないと思います!(笑)
 >特にズバーンに関しては何しに来たんだレベルで役に立っていなかったので、最後にズババババババーンを決めてほしかったです。
ズバーンはどうも、難しい扱いになってますよねぇ……意志が特になければ、単純にマジックアイテムとして用いれるところなのですが。
 >次回ーレムリア以来菜月が目立っていなかったので、メイン回が来て良かったです。
 >ネガティブとの個人的因縁がないさくらのメイン回ももう一回くらいやって欲しいです。
そういえばレムリア編で色々問題解決してしまったので、菜月はどうしても脇に回ってしまっていましたね(^^; と考えるこれは良いタイミングだったのか。さくらさんはキャラ的には凄く立っていますが、話の本筋と絡めるのが少し難しくなってしまってますよね……。
◆五月サツキさん
 >イヴを追いかけるのは、女性の扱いに長けている蒼太の方が適任だったと思いました。
蒼太さんは汚れた大人だから、サンタさんの半径2メートル以内には近付けないのです、きっと……。
 >チーフ、オカルトを筆頭に分野外のことは全然のようですし。
部下の細かいマネジメントとかもですけど、苦手分野は見ないフリしますよね。
 >ダイボイジャーの轟轟武装は、ボイジャーもこういう遊び方ができるぞ!という販促でしょうか。
フォルム的には格好悪くなりましたが、最後までこのジョイントシステムにこだわってくれたのは、割と良かったです。
 >なお搭乗者はデュアルクラッシャーでハブにされるというあんまりな扱い。
この辺り割とさばさばというか、ロボにしろ合体武器にしろ、シルバーを組み込む形にはしてこなくて、シルバーは別カテゴリ、というのは貫いていますよね。
 >今回もガジャ様は愉快でしたね(笑)。
序盤はいやらしい策謀もあったのに、途中からインパクトで笑わせにくるキャラになってしまったのは何故なのか……(笑)
 >思えばゴードム文明のプレシャスって、1話2話で出てきたゴードムの心臓及び脳髄しか出て来てませんね。両方ボウケンジャーに回収されてしまいましたし。
各文明がそんなに何個も凶悪なプレシャスを持っていない、というのは今作らしいリアリティではあったのですが、何やら切り札があるようなので、ガジャ様が何を繰り出してくるのか、楽しみにしたいと思います。
◆やずみさん
 >番組最大の窮地においても『ゴーオンジャー』のような若手登用を行わず、あくまでもベテランや中堅でメンツを固めるあたり、制作陣のポリシーが見て取れる気がします。
メインライターが、がちっとロジックを組む人なので、作品構造の根幹を崩さずに展開できる人、というのもあったんですかねー。
 >やりくりの痕跡が見え隠れするものの、その甲斐あってコミカルなエピソードになりましたね。
ここで1話消費した事が最終盤にどう影響を及ぼすかは気になりますが、タイミング的な事もあって、悪くないインターミッションになりましたね。
 >子供チックな裏声などガンバってはいるものの、やっぱり色々と無理があるガジャ様。
折角の顔出しキャスティングなのに出番がいまいち少なかったので、中盤のお休み期間分の大暴れではありましたね……(笑)
 >「この1年間は迷走しっぱなしだった」ということをストーリーの中でも認めたのは意外というか、むしろ当然というか。
考えてみるとガジャ様(ゴードム文明)って、“封印を解かれるなどして現代に甦った悪の古代文明”が、割とざっくり現代に順応してしまう、の逆を狙って突いてるんですね。悪の組織ローテ制だから出来たネタというか。
 >この辺は前回に続いて展開したことで説得力が増したように思います。ボイスの件などすっぱり切り捨てた部分はあるにせよ、
 >ちゃんとこの終盤にはめ込める話になっている辺り、やっぱり武上さんも実力者なんですね。
きちっと必要な要素を組み込んでまとめてきたエピソード、という感じでしたね。ここまでやったからには、さくらさんの王子様ハントは最終盤で拾われてほしいのですが、戦隊なのでどうなのか……。
◆輝剣さん
 >OP、今回からアシュのカットが削られて、ちょっとさびしい。
あ、気付いていませんでした。きちっとマイナーチェンジされていたのですね。
 >そのサンタがミニスカだったせいで、さくら姐さんまで追求側だったからですなp
思えば戦隊で、これだけ「ミニスカサンタ」が連呼されるのは、空前かもですね(笑)
 >ついでにクリスマスヴァージョンであることもスルー
あれは一応、ボイスなりの歩み寄りの姿勢だったんですかね……(笑)
 >前回とこの回のアレコレを経て、さくら姐さんが「この男から目を離してはいけない」と「捕まえる」覚悟を決めたものと思われます。
この後、どこまで踏み込むのかは、ちょっと楽しみな要素です。
 >大高氏がアフレコで荒ぶっておられる(笑)
しばらく扱いが微妙だった分もあってか、今回は大車輪でしたね……全員が微妙に、ガジャ様がどんなキャラだったかわからなくなってきている感がなくもないですが(笑)
 >そういえばシズカは色仕掛けを使ったことはありませんね(ゴーカイジャーでの客演の際にはシルバーにデートしてあげるとは言ってましたが)
一応ミニスカコスプレ担当ですが、セクシー系女幹部というよりは、天然ドジっ子属性に向かいましたよね……作品的にはその方が、爽やか(?)になって良かった感じですが。
 >一年近くたっても人間社会の細々としたことは理解していないという表現。ボケを大仰にできるガジャ様の魅力全開です。
ここ抑えた上で、ラストで原点回帰に達したのも良かったですね。
 >つまり、さくら姐さんは甘えれば攻略できた?(多分その場合菜月同様娘枠にカテゴライズされたものと思われますが)
それをしないのがさくらさん、という事で上手い関係性になったなーと思います(笑) そして、育ちもあってか言うほどアタックも出来ないさくらさん、という。
 >あと、イヴにゴーレムを渡された少年が実に正直で黒い辺りがボウケンジャー
あれは、凄く、ボウケンジャーでしたね(笑)
 >似たようなエピソードである、蒼太の未夢との絡みに比べて綺麗に終われないのは正ヒロインが別にいるからか、それともチーフの心が少年だからなのか
チーフがミニスカサンタルートに入ってしまうと、小説のヒロインを心の恋人に認定している「ドリーム彼女」ルートの匂いが凄くするので、これで良かったのではないでしょうか……。
◆さやまきさん
 >食玩創動も凄い事になってきてますww
 >もう6弾なのですが(既に10弾まで発売が決定済み)
本当に毎月発売するつもりなんですか?!
 >なによりも更に遡りますが既に創動で発売しているクローズがDX玩具ではスルーされてしまっていて
凄いところ抜けてますね……(^^; フィギュアーツも、スパークリングは魂ウェブ限定だったりで、なかなかバージョン揃えるのが難しいみたいですが、一通り揃うのは食玩、という商品展開なのですね。まあ、可動がが良くてスケール揃って手頃な値段で数も出しやすい、となると、食玩で大きく展開してくれるのが買う方にとってもベストな感じもありますが。
 >いよいよガーディアンも発売するようでこれからも非常に楽しみですww
なんかそうなってくると、生身幻徳とか欲しくなってきますね……(え)