はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ロケット大脱出

◆ゆーりさん
 >ゴーストのVシネマがデビュー作なのですが、これが本編で出来なかった重大な事実が明らかになるという話でして、そこで評価されいろいろ抜擢されてるみたいです。
えらく重苦しいCMが記憶にありますが、あれがデビューだったのですか。今更ながら、この監督がどんな演出をしていたのかと、平成ファイナルが気になってきてしまいました。
 >3〜4話はある意味パイロットよりも難しいらしいので経験上仕方ないのでしょうね。
そこに起用されたのも、期待の表れではあったのでしょうね。
 >友人が花粉症になったと言っていたので風邪にはお気を付けて
ありがとうございます。ここ数年、なんとなく気配を感じさせつつ乗りきっていたのですが、恐ろしいです……。
◆特命さん
 >それとマスターがボトルの特性を生かせとか言っていましたが、正直特性って何?って印象しかないんですよね。
フルボトルは数打ちすぎて、劇中での色分けが弱いのは難ですよね……一番わかりやすいの、ロケットパンダ(逃亡用)ではなかろうか、という。
 >そもそもベストマッチとトライアルフォームの区別もサッパリですし。オーズではコンボの特性が分かりやすく描かれていたので尚更そう思います。
「ベストマッチとは何か」というのは後々ストーリーに関わってくると良いんですけどねー。色々比べると、『オーズ』のメダル/コンボはシリーズ中でも屈指の見せ方だったなと思います。敵の能力を活用する系だと、『ブレイド』もかなり何がなんだかでしたし……(^^;