はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

風邪の間に作った小ネタ

 大量のドラッグとかタウリンとかビタミンとか投入でなんとか風邪は一段落したのですが、今日・明日・明後日をピークに、来週半ばぐらいまでしばらく非常に忙しい予定でして、風邪の間につらつら書いていた駄文を放流しておきます。
 興味本位でリストアップした、2000〜2016年まで、戦隊シリーズ17作品の、パイロット版/3−4話/最終回、の担当監督一覧。
−−−−−
未来戦隊タイムレンジャー 諸田敏/松井昇/坂本太郎
百獣戦隊ガオレンジャー 諸田敏/渡辺勝也/諸田敏
忍風戦隊ハリケンジャー 渡辺勝也/諸田敏/渡辺勝也
爆竜戦隊アバレンジャー 小中肇/諸田敏/坂本太郎
『特等戦隊デカレンジャー 渡辺勝也/辻野正人/竹本昇
魔法戦隊マジレンジャー 渡辺勝也/中澤祥次郎/渡辺勝也
轟轟戦隊ボウケンジャー 諸田敏/中澤祥次郎/諸田敏
獣拳戦隊ゲキレンジャー 中澤祥次郎/渡辺勝也/中澤祥次郎
炎神戦隊ゴーオンジャー 渡辺勝也/諸田敏/渡辺勝也
侍戦隊シンケンジャー 中澤祥次郎/諸田敏/中澤祥次郎
天装戦隊ゴセイジャー 長石多可男/諸田敏/竹本昇
海賊戦隊ゴーカイジャー 中澤祥次郎/渡辺勝也/竹本昇
特命戦隊ゴーバスターズ 柴崎貴行(1−3)/中澤祥次郎(4−5)/柴崎貴行
『獣電戦隊キョウリュウジャー 坂本浩一(1−4)/※竹本昇(5−6)/坂本浩一
『烈車戦隊トッキュウジャー』 中澤祥次郎/渡辺勝也/竹本昇
手裏剣戦隊ニンニンジャー 中澤祥次郎/加藤弘之/中澤祥次郎
動物戦隊ジュウオウジャー 柴崎貴行/加藤弘之加藤弘之
−−−−−
 パイロット版:中澤祥次郎(5)渡辺勝也(4)諸田敏(3)柴崎貴行(2)長石多可男(1)小中肇(1)坂本浩一(1)
 3−4話:諸田敏(5)渡辺勝也(4)中澤祥次郎(3)加藤弘之(2)辻野正人(1)松井昇(1)
 最終回:竹本昇(4)渡辺勝也(3)中澤祥次郎(3)諸田敏(2)坂本太郎(2)坂本浩一(1)柴崎貴行(1)加藤弘之(1)
 00年代の戦隊演出陣は大雑把に、諸田敏・渡辺勝也・竹本昇の3本柱に中澤祥次郎が加わり、諸田・中澤の両名が度々《平成ライダー》に参戦する間に加藤弘之が主力に加わってくる、という感じですが、中澤・諸田・竹本が各部門のトップを分け合い、渡辺監督が全部門で2位に入る、という形に。
 面白いのは17年間で一度もパイロット版を担当していない竹本監督が、最終回は17年間で最も多く担当している事。これはパイロット版を担当する(=次作の立ち上げに関わるので現行作品の後半戦は抜ける)という事情もありますが、ロボ戦の達者で知られる竹本監督が、劇中で積み重ねたギミックをまとめる手腕に長けている、という事もあるのかな、と思うところです。
 1−2話の完成映像を見る前に撮らないといけない為、イメージの摺り合わせなどが難しいと言われる3−4話は、信頼感+ライダーとの行き来が多いという事情もあってか、諸田監督がトップ。そしてここにも竹本監督の名前が無かった(笑)
 坂本浩一監督が1〜4話までを担当した『キョウリュウジャー』ではローテ2番手として5−6話を担当していますが、これだけ長く戦隊シリーズに関わっていて、一度も1〜4話までに名前が無かった、というのは意外。
 坂本監督は上述したパイロット版と3−4話の関係性をスムーズにする為か、『仮面ライダーフォーゼ』『ウルトラマンジード』などにも見られるように1−4話までを一人で担当する事を好むのですが、その結果まるまる1ヶ月坂本ワールドになってしまうのは、良し悪しのある所で。
 他作品と同じスタイルで担当した坂本監督を除くと、17年間で数少ない変則パターンがライダー畑から引っ張ってきた柴崎監督が1〜3話までを担当した『ゴーバスターズ』で、今作が『ゴーカイ』後に新たな戦隊像を切り拓こうとしたチャレンジ精神はこんな所にも窺えますが、特別1〜3話のストーリーが連続していたわけでもないのに加えて、滑りまくっていた転送時間表示を中澤監督が第4話であっさりやめるなどあり、少々不思議な変則体制でした(^^;
 (※最終クール未見なのでとりあえずリストアップしませんでしたが、柴崎監督は『キュウレンジャー』でも1−3話を担当)
 個人的に、そろそろ加藤監督にパイロット版を……と思うのですが、今季はデビュー3年目の杉原監督が抜擢され、加藤監督は竹本監督と同じような道を歩む事になるのか。勿論、本編に数多く関わる事が好き、という主義なのかもしれませんし、それはそれで有り難いのですが、香村脚本と相性が良く見える加藤監督には、今年も良い演出を期待しております。
 あと事例が3件しかないので意図的なのか偶然かはわかりませんが、2年連続でパイロット版を担当した場合、2年目は最終回も担当、というのがパターンとして存在。恐らく、同じ監督に3年連続でパイロット版を担当させない、というのは意図的なものだと思うので、その場合はメイン監督として最終回を、という話になるのか。
 熱でぼんやりしながら、なんとなく前々から気になっていたものをリストアップしてみたというだけで特に意味もなければオチも無いのですが、その内平成ライダーの方もリストアップしてみたい気持ち。