はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

青色注意報

◆さやまきさん
 >それら組織とヒーロー側まで巻き込んでプレシャスという軸で繋げてみせたのは
 >これはかつて無かった方法論だったなぁと思いますし
今作はやはり、これが上手かったですよねー。敵組織が一つだけだと結局ただの争奪戦になってしまうところを、複数組織×エピソードの中心はあくまでプレシャス、という噛み合わせが実にはまったと思います。
 >同時にヒーローのありようを考えさせる要素にもなっているのが 如何にもな會川ワールドという感じがして
メタ要素や少々露悪的なスタイルは好き嫌いの分かれる所でしょうが、會川さんらしさがありつつ適度に戦隊としての脱臭も効いていて、良かったですね。
 >近い時期には通年悪の(ほぼ)不在を描いたデカレンジャーとか
幾つかの点で『ボウケン』は、『デカ』の長短を踏まえて上手く展開したなーと思います。
 >どの組織にも一定のファンが付きそうな感じがまた良かったです(ジャンパーソンでは明らかに割りを食った組織があっただけに・苦笑)
戦隊とネガティブがある意味やっている事が同じという事もあってか、どちらも組織でありつつキャラクター単位で特徴付けられている、というのが上手くはまりましたよねー。…………ジョージは、ジョージは突き抜けて面白くなったので(笑)
 >2つの戦隊に挟まれて埋没してしまわない活躍を是非とも見せて欲しいと思ってますww
ギャングラーもちょっとずつ、上層部のちくちくとしたやり取りが増えてきて、今後の揺れ具合が楽しみです。
◆スピリットヒューマンさん
 >個人的に東映特撮作品で一番好きなキャラクターが主人公というのは初めてです。チーフは本当に最高です。
私はもともと、80年代型リーダーがけっこう好きなのでチーフは入りやすかったのですが、随所で崩れながらもそれを超えていくトンデモぶりを見せてくれる、いいレッドでしたね。
 >あと、ブルーは全身から残念オーラが発散されています。目指せホージーさん(笑)。
おおそうですか(笑) ボウケンブルーは残念というより駄目というか危険物寄りでしたが、ゲキブルーがどんな道を歩むのか楽しみです(笑)