はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

やすりがけ

◆つがなさん
 >当初はルパレンメインでパトレンはただのお邪魔虫になるのでは、と危惧しましたが今のところそんな事はなさそうですね。
私も、もう少し扱い悪いのではと心配していたのですが、かなりきっちり、パトレンをヒーローとして描いてきてくれて、嬉しいです。
 >グッディに対してルパレン3人が「何してくれてんだお前!」って怒ったことで「そういうキャラ」と公式側も分かってて描いてるんだなとちょっと安心。
あそこのルパンレッド、かなり素が出た感じで好きな怒り方でした(笑)
 >とはいえ何でもかんでもトラブルメーカー兼トリックスターが引っ掻き回し過ぎるのはあまりよろしくないので、その辺のバランスには気を使って欲しいところ。
グッティは早い内に、なんらかのブレーキをかけるか、どういう背景があるのか、を掘り下げておいてほしいですね。……どこか遠くまで突き抜けると、それはそれで面白いですが。
 >初登場ながらあまり出番の無かったザミーゴですが、「現時点の幹部達の中で一人だけ化けの皮を被ってる=何か別格っぽい?」
 >「デストラの失敗をあざ笑う=ナンバー2のデストラに敬意を払ってるわけではない」と端的に描いてる感じがして好印象。
周囲のリアクションなどからも、実力者っぽさがしっかり表現されていて良かったですね。そういえば顔出しでがっつり絡み続ける悪役というのも最近居なかった感があるので(闇の皇帝陛下以来?)、今後の動向が楽しみです。
◆やずみさん
 >名前や顔だけでなく、組織内での役割や隠れた実力者であるということまでバンバン明かしてきましたね。かなり展開が速めなように感じます。
快盗達の過去もですけど、引っ張りそうな設定を、結構次々と明かしてきますよね。色々と先の予定が詰まっていそうで、期待半分不安半分なところです(^^;
 >今回は圭一郎に話の軸を置きながらも、それ以外の面々の描写の積み重ね
きちっとキャラが有機的に絡んで、メインから離れた咲也のパートでも会話劇が面白くて、と、実に安心して楽しめています。
 >あと、確認したいことがあるのですが、GMSさんは現在未放送分のスタッフ情報について調べないでおく、というスタンスでしたっけ?
はい、基本的には前情報を調べないで、見てのお楽しみにしておくタイプです。
◆八手四郎次郎さん
 >魁利には「責任感のある大人」に猛烈なコンプレックスがあって、そういう大人(圭一郎や兄貴)に対してついついナメた態度や反抗的な態度をとってしまう精神的な幼さがあるのかなと。
頭が回る割に変に挑発的な態度を取ってしまう、というのは確かにそういう面があるのかもですね。本音では兄を認めているからこその、喪失のショックでしょうし、どう繋げてくるのか楽しみですね。
 >兄貴の面影を圭一郎に重ねてしまう破目になった...、という感じでしょうか。
魁利兄と圭一郎の類似というか関係はじわじわ積み重ねられている感じで、どんな爆弾に成長するのか楽しみです。
 >魁利が"熱血おまわり"を厄介視するのも、「圭一郎の実力を認めた」という以上に「圭一郎を"単なる障害物"と割り切ることが出来なくなってしまった」という意味合いが大きい様に思えますね。
前回−今回で両レッドが互いの仮面の下の人格を意識するようになる、という構造になっていて、この辺り、仮面劇の要素を上手く使ってますよね。仮面を被っているからこそ撃てるのだけど、生身で向き合う事があるなら……というのも期待感が募ります。
 >初美花が主役を張る次回エピソードでは、一体誰が裏の主役を張ることになるのか...、いやぁ全く想像もつきませんねえ(すっとぼけ)。
ふふふ、勿論わかってますよ! 管理官が大活躍して、初美花が中年好きである事が発覚するんですよね!!(え)
◆あきさん
 >だからこそそれを奪われた人の気持ちによりそい奪った物への怒りを燃やす、というのが伝わって良かったですし、少し意外性もありました。
正義の為ならなんでもありの一直線かと思いきや、人々の生活を守る気持ちが強いという事は、他の誰かの生き方を尊重しているんだ、という持って行き方は良かったですね。圭一郎の描き方はホント練られているなぁと。
 >ちなみにデータカードダスの3号紹介文は「がっつり稼ぎ、楽しい老後のためにギャングラーを倒す」となかなか衝撃的なんですが、
 >香村さんの特徴なのかキャラが妙にリアルで生活感があって地に足がついていると言いますか。
それは衝撃的ですね(笑) 今回、危険な仕事だけど給料は高い、やり甲斐だけが全てではない、というのを明確に打ち出してきたのは、職業戦隊であるパトレンの一面として、面白く感じたところです。
 >ルパンと警察を絡ませていく時に一番扱いが心配なのが透真だったんですが、こういう使い方で来るのかと笑いながら安心しました。
ちょっと引いた位置のキャラなのでパンチの応酬に加わりにくいかなと思っていたら、ぐさっと刺してきましたね(笑) 初美花が先行していたところに続々皆が追いついてきた感じで、これからも楽しみです。
 >ちなみに幼稚園児達が名乗りを真似するときにブルー役は彼らなりに低い声を出そうとしているというツイートを見かけて微笑ましかったです。
それは微笑ましい(笑) そういうのってまた、声も個性である、という気付きに繋がるのかもですねー。
 >マントが焼け焦げ、出来た穴から気絶した圭一郎と「おーい起きろ」のつかさを映して「負けたわ」につながる演出がとても良かったです。
正直私、パトレン側の盛り上がりにコレクションの事すっかり忘れていたのですが、ルパン側から見た時にあそこをおまけにしないで、しっかりクライマックスのスペクタクルとして見せてきたのは、丁寧でしたね。
 >透真の鬼畜台詞攻めはお約束にしてほしい(笑)
やり取りの面白さがぐいぐい出てきたので、その辺りも楽しみにしたいですね−。
 >実はその前週のルパパト放送後に、ウルトラマンジードの公式ツイッターでベガが「顔スリスリは癒しだよね〜」みたいなことを呟いていました(笑)
おおそんな事が(笑) スポンサー繋がりもあるのでしょうが、出来る限り一緒に業界全体を盛り上げていきたい、という気持ちはやはりあるのでしょうね。