はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

愛と平和をビルディング

◆gariさん
 >「1回描いたら十分、それ以上は積み重ねる必要も再確認する必要もない」と思ってそうな感じだなと。
キャラの心情の積み重ね(変化の流れ)がどうもおざなりに見えるのは、「よし、一回書いた!」「次行こう次!」みたいな感覚なんですかね……。お陰で伏線関係も、確かに筋は通っているけど劇的ではない、という微妙な事になってますよね。
◆鷹Deさん
 >あ〜ラブアンドピースは劇場版であったんですよ。
凄く納得しました(^^; 劇場版との関係、実際カイザーとかは多少困惑はしても物語の核に影響はしないのでそこまで気にならない範囲だったのですが、半年分のまとめとしてヒーローの中核に持ってくるキーワードはさすがに、もう少しTV版でも散りばめておいて欲しかったところです。
 >ビルドは部分部分の沸点は個人的に高く熱いじゃんと思うんですがそこに至るまでのレトリックの部分でビックリするくらい雑なところがあるのが引っかかりますね。
振り返れば香澄の殺し方からその兆候はありましたが、素材の揃え方が凄くざっくりというか、ここはこれでいいよね、というのが妙な所で割り切り強いみたいなのがありますよね。
 >私は引っかかるマイナスポイントと最終的な沸点の部分のプラスポイントでプラスに転がってるので大丈夫ですが管理人さんはマイナスに転がってる感じでしょうか(汗)?
ああ今、まさにそんな感じですね……初期は雑な部分もあるけど全体的には嫌いじゃない、という感じだったんですが(^^;
 >次回の代表戦破棄のレトリックがあまりに斜め上すぎて(ある意味)衝撃なので管理人さんがどう感じられるのか楽しみです
楽しみにします(笑)
 >面白さ関係なしに管理人さんがどう感じられるのか見たかったキュウレン、とうとう存在が忘れ去られてそうですね...w
きゅ……きゅきゅ……そう言っていただけるのは大変有り難い話で、ちょっとどこかで勢いつけたいです、ハイ。
◆Nさん
 >やっぱりその間に挟まったローグ登場〜代表戦開始までの大目に見たとしても擁護しきれない感じの残念展開が立て続いたのがつくづく勿体ないなと。
最大のガンであったハザードトリガーはようやく落ち着いてくれたので前向きに切り替えたい所ですが、足踏みしている内に全体のテンポが悪くなってしまった感はありますよね……。
 >首相も会長もぜーんぶ踏み台にしまくってるスタークを楽しめ!とスタッフが半ば開き直ってる感すら漂っているのですが。
スターク面白いのは確かなのですが、ちょっと踏み台が踏み台すぎるのは気になってしまう所です(^^;
 >やっぱりキャラを出す以上は最後まで愛と責任をを持って扱ってほしい限りです。
『ビルド』はこの辺り、悪い形で設計に遊びが無いというか、脇キャラの運命が決まりすぎている感じがありますよね……。
 >この単語がTV放送で初めて出た時、映画を見てた自分ですら「急に劇場版要素飛び出してきた(汗)」と思ってしまったので、映画未視聴だと尚更だと思います...。
劇場版見ていたらより楽しい、は当然ありだと思うのですが、さすがにここまで重要要素なら、TV単独での説得力も積み重ねて欲しかったところです(^^;
 >劇場版とテレビ放送を絡める展開って良し悪しありますが、劇場版を見ない人もいるんだからそれを前提にした作品作りはちょっとな、、と最近思います。
劇場版の扱いって作り手としても難しいのでしょうが、そこでTVのみの視聴者を振り落としてしまうと、それはそれで損という気もしますしね……。
 >そもそも国家間の戦争という扱い辛いテーマを掲げておきながら結局個人の信念のぶつけ合いで解決してしまうのなら、
 >そのテーマわざわざ掲げる必要あったのだろうかと疑問に思います。
見た目ライダーバトルに集約されたけど、これはあくまで戦争である、とマクロとミクロを重ねたかったのでしょうが、重なるわけがなかったんですよね(^^; ……野心は大きかったけど着地点でしおれる、ってなんかまんま幻徳……。
◆八手四郎次郎さん
 >どうも「初美花vsつかさ」って「魁利vs圭一郎」よりも忠実に元ネタ(?)の「ルパンvs銭形」をトレースしている印象がありますね。
女性メンバー2人だと、姉的ポジションと妹的ポジションを配されるのがパターンでつかさと初美花も互いの戦隊では基本そうですが、戦隊を離れてマッチアップすると姉妹関係というよりライバル関係、というのは確かにそうですね。これもW戦隊ならではの仕掛けといえましょうか。
 >では、初美花が"絆される"見込みがありそうな相手はというと......、咲也!いけるぞ!ワンチャンある!!
ああいうタイプがふっと洩らした一言が大きなきっかけになる、というのもありそうですが……どうなんだ咲也!戦え咲也!
 >一方、つかさが絆されそうな相手となると...透真なのかなあと。
ぱっと見、組み合わせとしては如何にもながら、透真の背景によりむしろ絡めにくくなった二人ですが、どうなりますかねー。
◆つるさん
 >やっとヒーローらしいことを言ってくれた戦兎と田崎演出が噛み合って、久しぶりに楽しく見れた2話だったのですが、
 >正直1クール引っ張った割には…という感じはありましたよね^^;
ラビラビとタンタンも嫌いではないですし、一皮剥けた戦兎も流れとしては格好良かったんですが……ラビラビ誕生回もでしたが、ちょっと遠回りしすぎた感じですよね(^^;
 >幻徳がちゃんと格好よかったり情けなかったりする所は好きなんですが
悪役の描きやすさもあるのでしょうが、幻徳における、強さと弱さの同居は他のキャラに無い要素になっていて面白いですね。
 >あと鍋島の家族が定期的に安全な場所に移されるのはもうギャグとして受け止めるべきなんでしょうか(笑)
確かに、ビルドのやたらふわっとした部分は全部ギャグだと捉えるともう少し落ち着いて見られるのかも……(笑)
◆五月サツキさん
 >もうスタークとげんとくんの魅力を楽しんでいるというか、どこかマッドな戦兎より龍我や猿渡の方がヒーローな気がしてきました。
戦兎のマッド気質も貫けば面白い要素に化けそうですが、なんか中途半端に目を逸らして守りに入るのが気になります……。
 >疲労があるだろうに紗和に頼まれて助けに行く猿渡は格好いいんですけれど。
猿渡は今回格好良かったですね。子供の面倒見ているのも頭っぽさがありましたし。
 >ラブ&ピース、劇場版ネタだったんですね。いきなり出てきたので困惑でした。
TV本編だけだとやはり、いきなりで苦しかったですよね。台詞と展開そのものは良かっただけに、推進力が足りなかったのは残念でした。
 >首相はどうも幻徳には甘いですね。相手が息子だからか、自分の対応を悔いているのかはわかりませんが。
幻徳の語りをTV越しに聞いているシーンがあったので、思うところはあった感じですよね。この父子の屈折は好きな要素ではあります。