はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

風を探して

◆つるさん
 >中澤監督が9話で、仮面やアングルを駆使して魁利を正面から向き合わせなかったことの逆をやっているような…
 >まあ本当にカメラを置ける場所が限られていただけかもしれませんが^^;
カメラ位置の都合も確かにありそうですが、コックピット内部での演技にこだわった事には、圭一郎の正面突破感を圧縮しようという狙いはあったのかもですね。思えばローテ入れ替えの関係で、警察重点エピソードだった5−6話と同じ加藤監督の担当になったのも、狙った配置なのかもですね。
 >話は変わりますが、風都探偵、オススメです(笑)
こうなってはもう、この波に乗るしかない!と本屋を覗いてきたのですが、見事に1巻が売り切れていて、とぼとぼと帰ってきました(笑) また別の書店を覗いてみようと思います……。
◆八手四郎次郎さん
 >「あくまでも個人的な動機で活動している快盗戦隊を、(作中の)世論が"ギャングラー打倒の切り札"と見なして"ヒーロー"として持て囃している」状況
今回は少年の憧れの対象、という視点でしたが、両戦隊に対する世間の反応が、折に付け差し挟まれるのは、今作の抜かりのない所ですね。
 >「ルパンコレクション回収と同時に即撤収する快盗戦隊」「そんな快盗に子供が憧れている」という結構痛烈な展開で描写してきたのが印象的でした。
少ない出番の中に「怪盗の優先順位」というものがしっかり盛り込まれ、それを間違えない作りはさすがでしたねー。
 >そりゃヒルトップ管理官も何とか世論に警察戦隊の存在意義をアピールしたいと考えるわけだし
当初は、怪盗が英雄から転落して……という展開があるのかなと思っていたのですが、怪盗はあまり世評は気にしてなさそうなので、世論によるダメージを受けそうなのはやはり警察サイドですよね……。
 >そんなボスに今日も振り回されるデストラを見ていると、「織田信長明智光秀」の関係をモチーフにしているようにも思えてくるんですが...。
 >そうなるとゴーシュが木下藤吉郎でザミーゴが徳川家康?...何か妙に符合してしまうのがおっかないな(汗)。
なぞらえとしては割と、しっくり来ますねー(笑) じわじわとボスの性質も前に出てくるようになって、ギャングラーの動向も楽しみです。
◆鷹Deさん
 >「そもそも代表戦中継してない」というとんでもない釣り針のデカさ
どうして体育館みたいな所で戦っているのだろう……とは確かにちょっと気になってはいたのですが(笑) 東都! もっと頑張って東都!
 >ビルドは途中からあぁこういう展開なんだなと分かりやすい作品だと思うのですが起承の段階で視聴者の予想を裏切ってきますね。ホント謎なんですけどww
なんだかんだ『ビルド』を見続けている理由の一つとして、良くも悪くもハッタリの思い切りはいい作品だな、と思います(笑)
 >作品だけじゃなく現実の戦争も戦況が変わりながらも実はやってることは舞台を変えつつ同じようなことばかりなわけで、
 >そういう面で分かってやってるんじゃないかなと思います(それが作品として良いか悪いかは別にして)
確かにハザードレベルなどは、軍拡競争の隠喩だと捉えると、しっくり収まる所はありますね。そういう、野心的な試みががもうちょっと好みのヒーロー要素と被ってくれればなぁ……と思ってしまう所ではありますが(^^;
 >その伏線のそれマニアが気づくやつだな感を見ているとビルドって脳内補完がやりやすい作品なのかなと思います。
良くも悪くもあちこち緩めの穴が目立つ分、埋める楽しみが色々ある、という面はありそうですね。
 >だから私も自然と補完してる部分があるのかなというのが違和感がありつつ楽しめてる部分です。ただじゃあ違和感スルーできる?と言われると...っとのが困りものですw
どこまで補完や解釈で飲み込めるのか、というのは作品との波長がありますよね。この前おっしゃっていたように、沸点の高さで色々許せる、というのもありますし(ちょうど今やっているゲームが私にとってそんな感じで(笑))。
◆五月サツキさん
 >OPのように皆でわいわいするのもすっかりなくなったのが少し寂しい気も。
マスター、油断していると喫茶店で待ち受けていて平然とぴょんぴょんしそうなのが怖いですが、とうとう本格的に行動を始める……という事だとも思われるので、期待したいです。
 >立場的に勝手な行動をしてはいけない。けれど、目の前で苦しむ人を見捨てられない!だったらヒーローっぽかったと思うんですけどね……。
猿渡と万丈を既存のヒーロー像に寄せつつ、戦兎を通して今作なりの新しいヒーローを描く意識なのでしょうが、どうもぱりっとしませんよねぇ……。
 >パワーインフレはもうどうにもなりませんね。万丈はともかくグリスに新フォームが与えられる気配なしなのが悲しいです。
グリスはとうとう、(ハード)ガーディアンにすら苦戦するようになりましたからね……まあ、ハザードレベルさえ上がれば強くなるという理屈はあるんですが……。
 >美空を人質に取る歯車弟、やはり小物は小物らしい振る舞いをしてこそ輝くのだと思いました(笑)。
今回かなりポイントを稼いだので、この調子で頑張ってほしいです(笑)