はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

真ん中高めのストレート

◆輝剣さん
 >そりゃー、女体化してノリノリな所を見られてますし。Hold me tight(強く抱きしめて)=お見舞いとかダジャレ言われても。
ストーカー予備軍、その上司からのセクハラ、軽いノリでサボり魔の同僚……乙女には敵がいっぱいです。
 >コグレと因縁があるグッドストライカーを配備しているので、裏でつるんでいるのかなーと思ったりしますよねー
ビークル関係がどうにも怪しすぎますものね……(笑)
 >ここは咲也も「ナンパ<市民への配慮+尊敬する先輩のフォロー」だと明示されて好感でした。
オチ要員に使われがちな咲也ですが、今回かなり良い所を見せましたよね。個人的にはまだ疑っていますが(笑)、この辺り実にぬかりないなと。
 >魁利にとって仕事と言われて連想するのが、ルパンレンジャーではなくジュレの方なのでしょうね。
警察と快盗の立場が違うのは前提として、日常のありふれた言葉でも、人によってこれほど意味と重さが違うのか、というのを非常に痛烈かつ劇的な形で突きつけてきたな、と。
 >ここからつながりを作るには、初美花に振られた咲也が婚約者に逃げられた透真に一方的に共感を抱かせるぐらいしか(笑)
透真に恋愛相談を持ちかける咲也、は絵的には凄く面白いですね(笑)
 >シールドは本来「誰かを守る」警官側にこそ装備させるものじゃあないかなーと今更ながら思ったり。
言われてみると確かに、皮肉な武装ですね……。
 >ギャングラー側ににルパンコレクションを弄れるマッドなキャラが? でもゴーシュとも思いづらいですしね
この辺り、第三勢力の可能性も含めて、どう転がるか楽しみです。デストラさんが真に気に懸けているのはそこなのかもですね。
 >でも三ツ矢雄二に「超ドリルスピーン」と超電磁スピン口調で言わせる辺り、コンバトラーリスペクトもあるんですね
……そういえば…………ご本人でしたね(^^; 最近のイメージから昔ヒーローだったのをつい忘れがちで(笑)
◆五月サツキさん
 >朝加圭一郎ここにあり!でしたね(笑)。まさかあそこまで突き抜けてしまうとは。最早、ジャンル:朝加圭一郎。
変化球の快盗戦隊に対して、ド正道を貫く直球キャラかと思われた圭一郎ですが、直球も究めれば魔球になる、みたいな事になってきましたね……(笑)
 >反面、香村さん以外の方が圭一郎を書く時の難易度がさらに上がっている気がします。ジュウオウのアムもそんな感じでしたし。
今回つかさが「時々ブレーキが……」と言っていましたが、圭一郎は様々なリアクションにおける「時々」の線引きが難しい感じですね。
 >仮に透真が警察側の状況を知っていたとして、2人と同じ行動をとるかというとそんなことはなさそうですし。
透真はもっとばっさり、あくまで自分たちの事情を優先しそうですよね。そこが透真の強さであり弱さにもなりそうですが、波乱が種が色々と蒔かれてドキドキします。
 >また、快盗は自分たちのために命をかけているわけですが、警察は誰かのために命をかけているんですよね。
魁利からすると、不特定多数の誰かの為にあそこまで出来るのは理解不能、というのが強調されて、次にどんな衝突が待っているのかは大変楽しみです。
◆スピリットヒューマンさん
 >私は1〜3を見て育った世代なので(もちろん4〜6も好きですが)、ファンに不評な1〜3をあまり重視しないつくりは好きになれませんでした。
やはり思い入れの強さや角度で、印象のだいぶ変わる映画ですよね……。ほぼシリーズの知識が無い身としては、わかりやすい話ではあったんですが。
 >1977年と同じような興奮を味わいたいのであれば、延々と旧作を見続けていればいいわけであって、常に変革をもたらさなければスターウォーズ以前に映画としてダメだと思います。
すべからくシリーズ物に共通する難しさですよねー。市場が巨大になればなるほど、一口に「ファン」といっても多用になりますので、「ファン向け」の定義すら難しくなっていきますし。ままある、「ファンだった人達が作る側に回る」というのも、良い面と悪い面があったりで。
 >また今回女性主人公、黒人ヒーローとあまりにも露骨すぎるディズニーの戦略にも白けました。
フィンはいかにも、おいしいコメディリリーフだけど途中でリタイアする役だな! と思って見ていたら、まさか劇中で最初にアレをアレするとは思いませんでしたが、結局はフラグ進めすぎましたね……。
 >オールドファンからは不評ですが、1〜3は見て損はないと思います。
お薦めありがとうございます。機会があったら見てみます。
◆あきさん
 >なので今回は「で、今回はどうよ?」とドヤ顔で感想を聞いてみたいです(笑)
今回はまさに、理屈を吹っ飛ばす爆発具合でしたからね……(笑) 隠していたもう一本の刀を抜いた、という感じもあって、作品としても、脚本家としても、この先が更に楽しみですね。
 >メインとして圭一郎みたいなキャラを作ってきたのはジュウオウでそんなことを言われたの後なだけに「あ、こっちもOKなんだ」と嬉しいです。
特に今作の場合、『ジュウオウ』で見せた長所を捨てたわけではなく、メンバーそれぞれの価値観を織り交ぜ、互いの距離感をコントロールした上で、そこに圭一郎が出てきた、というのは大きいですよねー。
 >ルパパトが始まる時の謳い文句が「毎回がクライマックス、毎話がデラックス」
おお、そんなハードルの高い煽りを……(笑) しかし考えてみると今作、前後編でストーリー的には次に引く際も、戦闘を1つ片付けるなどのカタルシスはだいたい用意されているので、1話1話の満足度を高める、というのはそこから意識しているんですかね。
 >ルパパトの次は恐らく他のPとも組まざるをえないだろう香村さんに宇都宮Pが課した卒業試験みたいなものかもしれないと思ったりしています。
香村さんにはとにかく、今後も東映特撮と良いお付き合いが続いて欲しいですね。