はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

青の呪い

◆スピリットヒューマンさん
 >友達?同士が互いの正体を知らずに戦ったり、主人公が義兄に狙われたりと色々すれ違いや勘違いが面白いですからね。
井上敏樹の十八番ですよねー。
 >ずっとクール系で通すのかと思っていましたが今回普段とは違う演技を人格交換という形で見せてくれたのは良かったです。
この方法しかなかった感はありますが、クールを引っ張って変な形で崩す(というか落とす)事になるよりも、先に手を打ってくれて良かったなと(笑)
 >ホージーさんも人格交換されてデリートされそうになっていた記憶があるのですが脚本も同じ荒川さんですし荒川さんの中では透真はもうすでにそういう扱いなのでしょうか(笑)。
若干、セルフ翻案だったのかなぁ……とも思う所ですが、あの回は怪人の中に入ったホージーさんの七転八倒ぶりが面白かったですね(笑) そう考えると、エイの中でも透真は透真、というのが透真の位置づけなのかなぁと。
◆島嶋さん
 >大人としての道義的な責任を上回る覚悟や狂気を期待していた勝手な肩すかしもあると思います。
私は前半部分で満足してしまったのですが、今回、中盤からは「第1章における快盗サイドの復習」という感じで、覚悟うんぬんに関しては先に進めるよりはこれまでをまとめる形になった分、繰り返しに終始した、という物足りなさは確かにありました。
 >そもそも透真回のようでいて透真自身には変化がない(魁利の行動に心動かされる訳でもない)ので期待する方向が間違っていました。
「絶対に体を取り戻すから諦めるな」みたいな流れに出来ればまた違ったのでしょうが、そういう面では、透真をダシにして魁利の内面を掘り下げたエピソード、といえるかもですね。透真って、他の2人と比べても“大人”であるからこそ、失った者により強く囚われて、変われないキャラという位置づけなのかもとも思うところです。
 >クール系には崩れてほしくない派なのですが「もどるんじぇい」が可愛かったのでクールを崩さない方向でもう少し崩れてくれないかなと思います。
透真の崩し方は、料理関係への反応などで広げようとしている感じありますよね。個人的には「浮気か?」あたりは好きな路線です(笑)
◆MOPさん
 >前回迄に、魁利や初美花ちゃんほど警察と精神的距離が近くなっていない為に奇行がそのまま悪行ととられる透真の不運。
そういえば誰一人として「何か事情があるのでは……」と考えてくれませんでしたね(笑) 女癖が悪くて婚約者に逃げられたと思われているのか……。
 >OPで檜山さんのお名前を見ていたので、最初の一声の高さにびっくりしましたね。さすがはプロのお仕事。
 >逆に透真のイケボでシリアスに喋るマンタ・バヤーシが格好よく見えてきて、声のイメージって大きいと感じました。
最後まで檜山さんが甲高い声を貫き通して、声のギャップを徹底して使ってきたのは面白かったですね。マンタのデザインも良かったですし。
 >圭一郎くんは仕事のときの激熱さと普段のテンションの低い涼やかさのギャップがいとおしいです。
「人々の平和を守る」けど「個々人の私生活には関心がない」というのが割と極端ですが、次回どういう描かれ方をするのは不安もありつつ楽しみです。
◆八手四郎次郎さん
 >「刺されないように気をつけろ」って朴念仁の圭一郎は言わなそうな台詞
構成的に次回とセットぽい気配があるので、次回を見るとしっくり来る作りだと良いのですが。
 >「快盗を続ける事への迷いを常に抱えていて、迷いを振り切る為に警察に対しても虚勢を張る」魁利
魁利は、お兄さんに顔向けできるかどうか、というのが根っこにある感じなので、“正しい事”に対する意識と逡巡がありますよねー……と思うとホント、実に酷い戦隊です。
 >「快盗稼業への迷いがないぶん警察との関わり方も割とビジネスライク」な初美花
初美花の、ギャングラー被害者や警察戦隊の怪我などを気遣う視点がある、というのは、快盗稼業に迷いが無いからこそブレずに外的要因に目を向けられる、というのはあるかもですね。その辺り、初美花は割と、展開の都合でフレキシブルに動ける余地を作っている感じもありますが。
 >では透真は?というと、「覚悟が決まっている」というよりも「悪魔に魂を売った」といった雰囲気で、破滅的というか自暴自棄度合いが一番高い感じが...。
透真の「悪魔に魂を売った」はまさにそんな感じですよね……。