はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

花の戦士・朝加圭一郎

◆五月サツキさん
 >激獣拳3人の正義を、強いことに意味があると叩きのめしていく理央様が格好いいです。まさしく真墨完全体(笑)。ちょっとゲキレンVSボウケンが気になってきました。
そういえば、真墨完全体と、真墨不完全体(え)の絡みはあるんですかね……(笑)
 >ジャンが理央様に対してはっきりと「嫌い」と言い切ったのはよかったと思いました。理央様は純粋なジャンをしてそう言い切れる存在なのだと。
どうしても格好良くなってしまう理央様を、強さに取り憑かれてしまった存在として改めて悪認定したのは良かったですよね。
 >拳魔たちはそれに嫌気がさした可能性が強まりましたね(笑)。しかし偶然とはいえあまりにもタイムリーな……。
タイミング的にむしろネタにしてツッコみにくくて困りました!(笑)
 >予め武器を用意しておきました!というのはどうにかならないものかと思いますよね。かつて過激気に到達した者はいないはずなのに、何故専用の武器が……。
設定が煽ったのに、マスターの元へ向かうと荷物の中には既にスクラッチ製の新装備が……というのと完全に同じノリになってしまったのは大失敗でしたよね(^^; もう少し、いわくでも語られれば良かったのですが。
◆スピリットヒューマンさん
 >2010年代の戦隊で井上敏樹が書いたとは…ゴーカイジャーはリアルタイムでは半分くらいしか見ていなかったので知りませんでした。
『ゴーカイ』の『ジェットマン』回が、なんと井上敏樹本人が書いています。
 >…正直圭一郎がジュレの三人怪盗説を再び持ち出したときは唐突だなと思ってしまいました(笑)。そういえばあの場に初美花がいるのは不自然ですよね。
一緒に夢の中に入ったのはルパンイエローで……とちゃんと触れてくれて良かったですし、一度疑ってそれが晴れている、というのも効きましたね。
 >デッドプール2を見て来ました。前作は面白かったのですが正直消化不良に感じたところもあったのですが、今回は存分に楽しめました。
いつものようにレンタルになってから見ると思いますが、楽しみです。X−MEN系もその内見たいんですよねぇ……『ローガン』とかいきなり見て大丈夫なのだろうか、とか気になっていたり。
◆MOPさん
 >花はたぶんマリーゴールドですかね。花言葉は私も存じません、申し訳ありません。
ありがとうございます。画像検索してみたら、この花のようですね。
 >彼女はちゃんと自分の想いを告げ、圭一郎くんは脈無しという事でちゃんとごめんなさいしていたようにみえたので、
 >初美花ちゃんが何故あんなにむきになってるのかちょっと理解出来ませんでした。
結局、外野である初美花にとってはハッピーエンドしか許せない、という事なのかなぁと。一方、同じ焚き付けるのでも咲也は最終的に圭一郎の行動に理解を示しているのが、大人と子供の差というか、結構えぐい対比かなとも。
 >彼女だけ敵の能力の影響を受けない点もモヤモヤしてスッキリしませんでした。
ここは後々、なんらかの伏線だと良いのですが。
 >圭一郎くんがクラシックの好みの曲の話をジュレでして、初対面の女の子と盛り上がったって事ですよね。
構成をスッキリする為に割愛する事になったのでしょうが、これはこれで、見たかったシーンですね(笑)
◆wayさん
 >圭一郎が自力で夢を振り切るレベルまでジャスティス度が上がってなくてほっとしました(?)
ああ確かにJPさんだと、「夢はしょせん夢だ」と自分で覚醒してしまいますね(笑) 稲妻の中を走れ!
 >見たところマリーゴールドっぽいので調べたのですが、ネガポジが極端な花言葉を複数持つようです。
ありがとうございます。「可憐な愛情」や「真心」はそれっぽいですね。
 >公の正義のために私を犠牲にし続けた結果、使命が果たされて何もすることがなくなっても、生き場所を公の中にしか見いだせていないのではないかと。
過去に囚われているルパンレンジャーが目的を果たすと戦いから解放されるのに対して、未来志向のパトレンジャーの方が当面の目的を果たしても戦いそのものには終わりがない、と見ると結構きついところ突いてますよね……その辺りのプロフェッショナルとしての在り方が今後どう描かれていくのかも、気になるところです。
 >初美花はなんとなく、現実にやるべきことの比重が強すぎて囚われないほどに自我を保てた
「夢に溺れる」というより「夢を見ている場合じゃない」という位置づけ、というのはありそうですね。出来れば、あの時のあれはそういう……! みたいな展開を期待したいですが。
 >twitterとかで他の視聴者の解釈で「初美花の夢である親友が夢の世界に囚われていないから」というものを見たのですが、服装が服装なのでその可能性は高そうです。
成る程、同様に囚われた人間でないと夢の世界に登場できない、というのは理屈が通りますね。
◆sakeiさん
 >圭一郎が突発的な敵の襲撃で被害を出したことには直接責任が無くとも悔やみ再襲撃に「間に合った」ことを喜んだ一方、
 >自分の恋愛に対しては余裕があったのに「間に合おうとすらしなかった」のはかなりキツい対比だったと思います。
圭一郎の「公」と「私」に対する態度・行動の違いとして、ここもクッキリ色分けされているのですね。この辺りまた、後で広がってくれると嬉しいのですが。
 >しかし「秘めた思い」を「自分は何度も聴いた」ので「貴方一人でじっくり聴け」というのが最初から全部わかった上での隠喩を含んだ彼なりのメッセージと取ると、また見方が変わってきますね。
全体の受け取り方が、見る人によってかなり変わる回だと思うのですが、色々な形で取れる含みの仕掛けの散りばめ方も、面白かったと思います。
◆輝剣さん
 >無言でという辺りに、圭一郎の危機管理意識の高さと咲也に一定の信頼は置いているところがうかがえますね。
2人の関係も見えてくる小芝居で良かったですね。
 >つまり、金庫の内側に自爆装置を仕込んでおけばギャングラーを裏切れないんですね。
内部から爆発って、自爆装置が誘爆……?! ショッカー怪人のベルトみたいなものなのでしょうか(笑)
 >マンタだからエビぞり体制で攻撃したのにアドリブで檜山さんが入れられたんでしょうか? まだネタが風化前でセーフ?
ああこれも、お笑いの元ネタがあったのですねー。
 >幼稚園児に快盗ファンがいることを許容する程度には認めてましたしね
世間の認識とか互いの位置づけとか、ちょこちょこ表現してくれるのは好みなところです。
 >……ところで近年の男性ブルーで色物に行かなかったのゴーカイブルーぐらいの気がするのですが…
えーと……リュウさん……ノっさん……トカッチ……魔法忍者……犬…………(目を逸らす) い、いや、リュ、リュウさんは、エンジニアになってモテたいだけですから……!
◆八手四郎次郎さん
 >「初美花が何故これ程までに圭一郎と末那をくっつけようと入れ込むのか理由が呈示されない」
私はこの点は割とすんなり受け入れられたのですが、透真の魔法の腕輪回と合わせると、荒川さんにおける快盗サイドのヒロイズムの表現法が、「代替行為」なのかなーと。そういう精神的な自己救済が無いと、ここまで自分を追い詰めた状態でやっていられないだろう、という視点があるのかなと。
 >「初美花自身が詩穂に"友情以外の感情"を持っていたものの、伝えられないでいるうちに"例の悲劇"が襲った」
これ実は、第4話「許されない関係」以降、ちょっと気になってるんですよね……。
 >「オーストリア留学を終えた末那が帰国した」という形で彼女を再登場させ
以前の宝石デザイナーさんなどもですが、それぞれ後半、もう一回登場する、みたいな仕掛けがあっても面白そうだなぁと思います。
◆あきさん
 >中でも初美花は警察側全員といち早くがっつり絡んだことになり、他二人との温度差を何かに展開したいのか単なる順番なのかは気になります。
随所であれこれやっているので、この温度差は上手く広がってほしいですね。
 >少なくとも荒川さんの初美花は何かの拍子に「失った親友の代わりに、知り合った女性を助けたり励ましてあげたい」というスイッチが入りやすいのかなとも。
初美花のこののめり込み具合は、「代替行為」なのかなぁと、受け止めています。あと、「いつも助けられてばかり」だった自分が、「助ける」側に回れる事を無意識に証明したいのかもしれませんね。
 >赤青はメインストーリーを離れた日常シーンの描写が、少なくともサブライターには警察よりまだ手をだしにくいのかな?という気もします。
男二人は特に、今の立場で新しい人間関係を作ってしまう気がなさそうなので、変化を書けないというのは使いにくい面がありそうですね。
 >そろそろこの3人の日常描写を一度香村さんにがっつり入れてほしくなってきました。
ああ確かに、3人が普段、どんな生活を送っているのか、みたいなエピソードはアクセントにもなって面白そうですね。
 >これまでの流れで考えるとこの情報というのはクレーンの事で、それをザミーゴが流したことになるのでしょうか?
そういえばデストラさん、トゲトゲの知っているビークル情報を聞き出している筈ですものね。それが意図的にザミーゴが流したとすると、どう繋がっていくのやら……。
◆chi-chanさん
 >初めまして。このブログとHPいつも楽しく読ませてもらってます。
初めまして、ありがとうざいます。
 >今東京のシアターGロッソでやってるルパパトショー。その演出を担当されているのがかつて『ウィザード』で宇都宮Pの元動いたきだつよしさんです。
VS戦隊ショーって難しそうだなぁ……とCMを見る度に思っていたのですが、きださんが演出されていたのですか。
 >きだ氏の東映特撮好きと高寺氏の円谷特撮(それも真面目な面)好きはクウガ響鬼においてかみ合わなかったとしか感じられません。
ちょうど最近、『証言! 仮面ライダー−平成−』という本を読んでいて、きだ氏のインタビュー記事も載っていたのですが、『クウガ』『響鬼』は、求めるヒーローの方向性が全然違って苦労されていたようですね(^^;
 >きだ氏は『キングゲイナー』のサラの中の人小林愛氏の演劇における先輩(師匠的存在?)であり
おお、そんな繋がりが。
 >香村氏がかつて参加した作品の脚本家が、今香村戦隊(ジュウオウジャーショーも演出していたり)のショー演出をしているというのは感慨深いとともに複雑なものがあります。
きださん、凄くヒーロー物がお好きなようなので、また何かTVシリーズにも関わる機会があると良いですね。
◆KindoNichiyoさん
 >初めまして。いつも記事を興味深く拝見させていただいております。
初めまして、ありがとうございます。
 >私は前回について、ルパンメインだからやむを得ないとは言え、あまりにもパト側が存在感なかったなという点でダメだったと感じていました。
ここはホント、今作の挑戦であり、やはりハードルの高いところになっていますね(^^; 現状、香村さんが見事に切り盛りしていますが、荒川さんの場合、従来作品の経験値を多数持っている分、手癖が出てしまう難しさがあるのかも、と思っています。
 >彼はそんなに不器用かな、警察官としての使命のために彼女の思いを受け入れることができないということはちゃんと自分で伝えそうな気がするのです。
ここで真っ正面から圭一郎が「ノー」と言えなかったのをどう捉えるかは、今回の一つポイントですよね。私は、圭一郎ちょとへたれたな……と(笑)
 >末那さんがエスカレータを登ってくるシーンで、対面にザミーゴが乗っていて…、なんていう不穏なことが起きるんじゃないかとドキドキしました(笑)。
それは凄く嫌ですね……! 無事飛び立って本当に良かったです……。