はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

ああ懐かしのゼネラル・シャ(それ以上いけない)

◆スピリットヒューマンさん
 >ゲキレンジャーはゲストが少ない方ですがゲストが絡んで面白かった話があった記憶がないのですが…やっぱり理央様やメレ様メインの方が普通に面白いです。
ジャンがゲストから何かを学ぶ話、てもっとあっても良いと思うのですが……「修行」フィルターの扱いがどうもまた、難しくなってますよね(^^;
 >ようやく登場したマクはなんというか声と動きがあってない気がするのですが。
柴田秀勝ボイスがどっちに行ってしまうのか、楽しみであります。
◆やずみさん
 >そういえば作中の雑誌記事に、堂々と「プレシャス」の文字が。この辺は前作のメインライターとメイン監督が揃ったからこそのネタでしたね。
そんな小ネタが(笑)
 >香港映画『Mr.BOO!』シリーズの主役声優だった方ですから、マスター役で準レギュラー出演でもおかしくなかったはず。
ああ! それで、豚だったのですね。なんかもう広川さんパートは、重要なポイント意外は好きに喋ってください、みたいな感じでしたね(笑)
 >単に印象が悪くなるだけでなく、ラーメン屋で別れてから最後の決戦に駆けつけるまで存在がキレイサッパリ消え去るのもマズかった。
二択を重視するあまり、他の戦力は存在しない、みたいにしてしまったのはあまりにも雑でしたよね……。
◆タイキさん
 >正直今回最大の失敗は「セレブの命か生き胆か」という無意味な二律背反を作って、その選択を野生児のジャンにさせてしまったことだと思います。
確かにこれよくあるミスで、そもそも「生き肝を選ぶ」という選択肢がありえないので、葛藤によるドラマ性が生じていないですよねー。
 >ジャン自身がまず基本的に苦悩や葛藤とは無縁のキャラクターなので(本能で生きてるからこそ面白いキャラなので)
前回までの「戦う理由」もそうですが、ジャンにどんな葛藤を与えればいいのか? というのが迷子になっている感じですね。
 >ジャンがアリスを救い、残ったレツとランが生き胆回収、という分担制で普通に良かったんじゃないですかね。
話の都合でこれが出来ないので、ランとレツの存在を消してしまう、というのも良くなかったですよね。
 >長石監督含め東映特撮の監督って戦隊・ライダーを問わずドラマ重視の監督ばかりで、ギミック頼りとか商業主義が露骨なのって好きじゃないんだそうです。
もうちょっとギミック大事にした方がいいのでは……と思う時は時折あるので、その辺り、色々なスタッフ力学の中でバランスが取れるか取れないか、というのがあるのでしょうね。そして白倉さんがしばしば表向きには「作品ではなく商品なんだ」という理由の一端が、なんかわかった気もします(笑)
 >靖子さんが「ギンガマン」から意識的に使ってる「二人のレッド」「代理人としてのレッド」って源流はもしかしてここにあるのかもしれないと思いましたね。
そう言われてみると、確かに初代『仮面ライダー』にそういう要素が存在していたといえますね。