はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

服は着ないが仮面を被る

◆スピリットヒューマンさん
 >私はハッキリ言ってあの鳥はどうでもいいのですが、チューバッカが焼いて食べようとしているシーンは結構衝撃でした。
焼けてたやつは……すでに、焼かれたんですかね……?
 >ダース・ベイダーのような完成された悪役と違い、不完全な悪役の成長も描くというのは新しい発想で面白いのですが、
 >前作で何の修行もしていない小娘に負けたのは失敗だったと思います。
レンはコンプレックスが駄目な方向に噴き出すキャラという事で屈辱を与えているのでしょうが……対となるレイのヒーロー度が今回もいまいち上がらなかったので、2人揃って親衛隊に意外と苦戦、とかが悪目立ちするのは難しい所ですね(^^; 次回はどうせなら、新しいヘルメットとか被ってくれると面白いんですが!
 >(回想シーンは入れないという伝統を破ったり、R2-D2はほとんど出てこないなどなど)
色々とやさぐれてしまったルークが、唯一心を開くのがR2−D2、というのは笑ってしまいました。
 >まあ、相変わらずなディズニーの露骨な戦略にしらけましたが。
今度はアジア系が活躍するよ! というのはまあ、わざとらしくやりすぎた感はありましたね(^^;
 >ファンとローズの恋愛要素もハンとレイアを意識したと思われるのですが、いつの間にラブが生まれたのか疑問。
後半どこかでフィンが格好いい事を言って、ローズの視線が今まで以上に熱を帯びるみたいなシーンはあったのですが、どのシーンだったか忘れてしまいました……(^^;
 >主人公側が追い詰められ希望が見えてもすぐに潰えてというのは徹底していて良かったです。
次回、旧作主要人物が退場した後の世界で、どんな反撃を描いてくれるのかは、期待したいですね。
 >次は是非ブラックパンサーを!
レンタルが一週間になるの待ちなので8月ぐらいになるかもしれませんが、楽しみです。
◆さやまきさん
 >ep7時点で割と囁かれていたレイの出自問題(ルークの娘説やオビワンの孫説が主力でしたが)があまりにも呆気なくカイロレンの口から語られて
ここはドラマ性を期待させる作りになっていましたものね。
 >その瞬間に、そうかレイはルーク(継ぐ者)ではなくアナキン(オリジン)だったのか
 >ということに気付いてレイへの見方が少し変わりました
ああ確かに、そういう構造だと、レイ自身にドラマ性があってはいけないのですね。一方で、旧世代の血統の煮込みうどんであるレンは、象徴であったヘルメットを捨てる事で鎖をほどき、自らが皇帝になろうとする、と。
 >(動いても足元の塩が飛び散らないしブラスター攻撃も無効化だし先ほどまでカイロレンとレイが取り合って破壊した筈のライトセイバーをこれ見よがしに取り出してる)
ライトセイバーは、あれ? と思ったんですが、成る程、塩の演出はそんな所でも効いていたんですね。気付きませんでした。
 >ep9ではレイがここから新たなセイバーを作ってカイロレンに挑むんだろうなという予感でした
受け継いだ剣から自分の剣へ、というのは上手く転がると盛り上がる展開になりそうですねー。
 >宇宙文明で普段使いのテクノロジーがひとつ間違うと大量破壊兵器にもなり得るというのを示したという意味でけっこう衝撃的なシーンでした
世界観があまりわかっていないので見当違いかもですが、あのワープ特攻は、あの世界ではタブー的な戦法だったのかなぁ……などと思いながら見ていました。あれを踏まえて次回、帝国がよりタガの外れた攻撃を仕掛けてきたりしたら面白いかな、とは思ってみたり。
 >ヤートット=えんやーとっとの掛け声
ネーミング一覧、ありがとうございます。どこからヤートット、と思っていたのですが、納得です(笑)
◆輝剣さん
 >2話で猫師匠がゲキレンジャー救出の為に巨大戦やってるので、真咲はともかくマスタートライアングルは牽制ぐらいできそうですしね。
猫師匠が何度か微妙に抵触してるのも、輪を掛けて良くなかったですよね。そこは猫師匠の甘さではあるのでしょうが、そこからトライアングルの掘り下げに繋げるわけでもなかったですし。
 >なんでしょう、ゲキレンジャー3人が拳聖の技を身に着けてもアイテム頼みのイメージがあるのに、さらっと師匠の技を使いこなしている観。
生理的嫌悪レベルのものを示しつつ、一応クラゲ拳も覚えたんだ、というのはちょっと面白かったです(笑)
 >ドカリヤ(登場時)とエルカ(かませ)相手ぐらいにしか見せ場がない…主人公の新武器なのに。
3つの武器は時間かけすぎて、最後のセイバーが妙に割を食ってしまいましたよね。ここからスーパー化への展開は詰まりすぎたよなぁと感じるところです。
 >戦えない戦士はサンドバック状態になって敵の攻撃を吸収し、市民の被害を軽減し時間を稼ぐのが王道ですが…
トライアングルバリアーぐらい張って、ジャン達の覚醒を信じる、とかやっても良かったと思うんですけどね……。
 >他の方も書かれていましたが本当に前の話を無くして問題がないというか、覚醒したところに真咲が「これを使いなさい」とアイテム届けるの方がすっきりした気も。
どうしても「修行」先にありきにしたい、という構造の縛りが、物語の劇的さを損ねてしまいましたよね。ホント色々な意味で、問題点の集大成にもなってしまったなと。
 >それにしても1話と2話をなぞっただけで精神的成長が説明し切れてしまう「学び」「変わる」とは一体…
ヒーローの「変身」と掛かっているのも含め、このOPのフレーズが割と好きな事もあり、今のところ看板倒れになっているのはホント残念です。
 >以前も書きましたが、拳聖はゲキビーストの人型インターフェイスにしか見えないんですよねぇ、猫先生以外。
ゲキファイヤー登場で、これが凄く、露骨になってしまいましたね。違和感激しかったハーフパイプも、つまりメカのギミックだったのか……という。
 >メレ様に説明してあげる猫先生。でもメレ様なら理央様への強い想いが噴き出して常に覚醒状態にあるような気がするのですが
メレ様妙に強いの、実は覚醒しているのでは……(笑)
 >猫先生救出後のレツの台詞が「ジャンが人々を守った」なのはともかく「僕達も守ってくれたんだ」なのが悲しかったですね。
トライアングルの成長による一致団結が、ジャン色に染まる、になってしまったのはあれれ……? でしたね。うーん……新展開で、新しい化学反応が起きてくれるといいのですが。