はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

フォースと毛玉と豚の丸焼き

◆島嶋さん
 >咲也関連の妄想がツボ過ぎて…wいつか咲也黒幕説の記事ができるんじゃないかと期待しています。
あくまで咲也は腹黒枠と主張し続けていく所存です(笑)
 >グッティは警察もルパン家に関係あると知っていて協力していると思っていたのですが、本当にただの気紛れで終わってしまう可能性もあるのか…
大人しく運ばれてきた時にどういう意識だったのかは、気になってくるところですね。諸々上手く繋がってくれると面白いのですが。
 >構成上快盗の勝ちがほぼ確定している中で今まで上手く警察の株も保っていたのですが今回はやっちまった感があります。
警察の好感度も積み重ねてきた分、今回みたいに一方的に虚仮にされて終わってしまうと、うーん……となってしまうのが今作ホント難しいですね。
 >ゴーカイジャーで初めて見た回だったので作品に対するハードルが思い切り上がりましたw
それはまた、凄い回から(笑) 『ゴーカイ』は評判聞いて後追いだったので全部見ていない為、いずれきちんと見たい作品です。
◆冷凍うどんさん
 >クーデターまでやらかすポーは血気盛んを通り越して愚かに見えるし
今回ポーは特に、声の大きい困ったさんになってしまいましたよね……そんなポーの成長が次で活きるのかもですが、新世代キャラを誰も彼も取り上げようとしすぎて無理が出た感じで。
 >カジノの星で追い詰められて「来た意味はあった」とか言い出すし……
反乱の火は消えない、というのがラストに繋がるという意味合いだったのでしょうが、その為にどうやって生き延びるのか、というのをやっている最中だったので、ちぐはぐになってしまいましたね(^^;
 >気がつくと結局ひねくれた子供のまま成長した男を貫いたカイロ・レンが一番マシに見えてくるという…
改めて振り返ると、やはりメイン(成長を描こうとする)キャラが多すぎたのでは……と思います。
 >R2やチューバッカに再開した時のルークの表情やレイアたちの元に現れたルークのシーンはとても好きです
ひねちゃったルークの素直な感情が表に出て、シーン的にも美しくて良かったですね。
 >あと、「素晴らしい。全て間違っている」は自分でも使いたくなる名セリフだと思います(笑)
あれ良かったですね(笑) 師匠キャラっぽさも出てましたし。
 >余談も余談ですが、ルークを演じているマーク・ハミル氏ですが ドラマ版フラッシュで初代トリックスターを演じています。
なんとそうだったのですか。全然気付いていなかったので、今度確認してみます。
 >アクションゲーム「アーカムアサイラム」「アーカムシティ」「アーカムナイト」の
 >ジョーカーの声優をノリノリで演じるなど、高い評価を受けています
アーカムシティ』凄いはまっていたんですが、あれのジョーカーだったとは。意外なところでマーク・ハミルと縁があるなぁ……。
 >あと、ちょっと前の映画ですが、「ファンタスティックフォー 超能力ユニット」とか「コンスタンティン」はいかがでしょうか
お薦めありがとうございます。そういえば『コンスタンティン』、公開当時にちょっと気になっていてそれっきりだったのを思い出しました!
◆八手四郎次郎さん
 >何故初美花だけが夢に囚われなかったのか、は確かによく分からないところなんですが、もしかすると「ルパンvs複製人間」のパロディだったのかもしれません。
荒川さんは、そういうのお好きですからねー。とはいえまあ、そこまでになると遠回しすぎな感はありますが、今後の展開でスッキリしてくれると嬉しいのですが。
 >国際警察秘書課所属・丸出美紗子、と聞いて女装する入江甚儀さんを思い浮かべ吹いてしまったんですけど...。つか、女装回はそれでやれば良かったんじゃ(笑)。
多分、化けの皮により身も心も女性となっているザミーゴ→すなわち女体化が入念な伏線だったんですよ……(笑)
 >ってコレひょっとすると「ルパン一族の遺産相続争いに両戦隊が駆り出されている」って構図じゃないですかヤダー。
コレクションを巡って対立している2派閥、という背景はありそうな気がしているんですよねー。警察サイドに関与している側が居るとすると、コレクションを破壊してほしそうに見える、というのは序盤から気になっているところです。
 >で、次回はいよいよ国際警察の幹部がお出ましになるようですが...、多分現場の人間にとって救いになる展開ではないんだろうな、としみじみしながらオンエアを待ちたいと思います(泣)。
予告の感じだと、日本支部の嫌な上司、レベルな感じですがどうなりますか……本部のいかにも腹に一物ありそうな人が早めに出てくるというのも面白そうですが、あんまりそっち方面に行くと<ライダー>っぽくなってしまうのが難しい所でしょうか。
◆あきさん
 >今後に繋がる謎提供等、幾つもの役割を果たした上に予算に優しい再生怪人準拠と、骨までしゃぶり尽くす有効利用っぷりにバングレイを思い出しました。
「もう少し頭を使った方がいいぜ。結局、この世は頭がいいヤツが勝つ事になってるんだ」(by高丘映士)を思い出してしまいました(笑) なんだかんだ、記憶に残る怪人になりそうですアルパカブラザーズ……。
 >拉致したのがザミーゴなら拉致方法はあれなのか、等々悪い予感がルパンの大事な人達の運命につながりそうな気もしますし。
ザミーゴが直接スパイしているかはまた別に、ザミーゴが化けの皮の供給源である、というのはやはり大きな意味を持っていそうですよね。
 >噴射して漕いでるのが可愛かったです。
ただ乗せるだけでないのは、アイデアでしたねー。
 >性転換回の咲也もですが、金子さんの良い話展開は若干予定調和を急ぐ感じはします。もっともあまりそれに割く尺もないんでしょうが。
良くも悪くも、子供番組を意識してわかりやすく書こうとする傾向はあるかもですね。最近の戦隊だと、そこが逆にちょっと浮くというか。
 >まあ、不真面目なようで重い約束を背負い、だけど警察にぐっときちゃうというのは今の魁利に通じる部分もあるのかもですね。
魁利の中に、グッティみたいに生きてみたい、という意識があるのかもしれないですね……と見るとグッティの翼というのは随分と象徴的だな、と思えてきました。
 >香村さんが「できれば全話書きたい」と仰っていたのはこのためかなあ?と思ったりしました。
例年と比べてもかなり、連続性高めに意識している感じですよね。若干<ライダー>寄りというか。
 >個人的には會川さんで見てみたい気もしますが。
一本ぐらい、完全に年間の構成を離れた、快盗VS警察、のシチュエーションものは見たい気がします。
◆輝剣さん
 >…この後のことを考えると、侮辱されたのがシャッキーだからかもしれませんが。
サメ……(涙)
 >猫先生もゴリーもそれを疑ってシャッキーを呼び寄せたわけで…地味にこの二人は激怒していたんでしょうなぁ。
最初からもう、証拠品が用意されていましたからね……。
 >なお、広川氏は今回は脚本通りに演技されたとのこと。
ああ、もともと脚本時点で、広川さんぽい台詞が書いてあったんですね(笑)
 >心のままに行動することにジャンの魅力はあると思いますから。
今回は得意技方面だと思ったのですが、どうも會川さんが噛み合っていない感じですね。
 >たまには快勝してもいいんですが、今回は苦戦することに意味があるので仕方がないんでしょうか?
もっと劇的なスーパー化の方に焦点合わせても良かったと思うのですが、ビッグゲストという事で広川怪人の台詞(戦闘の見せ場)を増やそうとしたのかな、という気は少し(^^;
 >普通にイケメンですからね、鈴木氏。というよりあれだけイケメンなのにジャンの芝居ができるのはスゴい(笑)
OPとEDで見せている真面目な顔が、ビックリするほど格好いいですよねー。正直、ジャンを嫌いになれないポイントの一つだったりします(笑)
 >この展開は「帰ってきたウルトラマン」等でもおなじみの古典ですね。ただ、ジャンとの相性が…
過激気の力はむやみやたらと振るえるものではない、というのを明示したのは良かったのですが、そもそもの設定上は激気もそういうものだったのでは……という所でどうも、過激気の特別性が上手く出せてない感じですね。
 >理知的な生活指導のゴリー先生、新任で友達感覚のシャッキー先生、そして猫校長と美咲教頭。
師弟セットで見るとはまっていると思うんですが、あるキャラを上げるとあるキャラを下げる事になってしまって、キャラ個人としての魅力がなかなか上がってこないのが今作の困った所ですね。