はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

星獣拳ギンガタ

◆タイキさん
 >ここすごく鮮やかな流れで、ブドーのプレゼンのうまさであっさり船長の信頼を勝ち得てしまうというのがすごかったですよね。
なんだかんだサンバッシュは船長が適当に指名していたのに対して、前回のスパイを伏線に、選ばれる理由がきちっと示された上でスムーズに新展開に繋がっていく、というのが上手かったですね。
 >まさに「最大の短所は最大の長所」とはよく言ったもので、リョウマのキャラ造形が決して一筋縄ではいかない奥行きがあると感じられるところです。
今回でいうと、リョウマがヒュウガへの思いを振り切るのが、本当に良い事なのか? という含みが入っているのが、今作の特徴的な面白さになっていますね。
 >ただでさえ「樹」という、本来は感情移入しづらい存在ですしね^^;
正直、最初はどうしようかと思ったのですが、ギンガマンに戦士の心得を説きつつ、いざギンガマン超弩級戦士脳を発動すると「ちょっと待て、立ち止まってもう少し話し合おうよ……」となる辺りは良いバランスになったなと(笑)
 >ダップ→久保田博士→モークを通して大人である司令官を戦士たちにとって身近な相対的存在にしていこうという心配りがうかがえます。
この3作は確かに、上司−部下よりも、保護者−被保護者という関係性が色濃いですね。
 >ギンガマンって剣術オンリーより寧ろ剣術、体術、アース、そして棒術とありとあらゆる戦闘術を複合的に組み合わせて戦うハイブリッド型
カテゴリ的には、魔法戦士ですものね。サンバッシュ編も後半はやや苦戦していたので、今後の戦闘をどう見せていくのかも、楽しみです。
 >昨今の戦隊のノリだとここまでに新しい星獣がまた出てきてギンガイオーに追加合体やパーツ換装みたいなのを平然とやりそうですし
良くも悪くも00年代に入るとそうなりそうですね(笑)
 >青山晴彦さんが「あれ?この子サヤに似てね?」と思いながら密かに一部取っておいてシルバースター乗馬倶楽部に届けていたのかもしれないですよ。
前向きに……そう考えたいですね(笑)
 >その辺が荒川さんの書きたい「かわいい系アイドルヒロイン」との食い違いが出たところかなあと。
荒川さん的に「使命感」という要素で寄せていった雰囲気はありますが、ちょっと荒川さんの得意技と違った感じですよねー。もうちょっと、肩の力が抜けているキャラの方が荒川さんは動かしやすいのだろうな、と。
◆ネオーンさん
 >個人的にはあれはあれで問題はあるとは思うんですけどねぇ。「2つのボトルを組み合わせて戦う」と言うビルドのコンセプトを無視しちゃっていますし
実質的にハザードの時点で崩壊していましたが、どうしてあそこまで、中核ギミックが消し飛んでしまったんですかねぇ……。
 >「そもそもベストマッチって何なの?」と言う根本的な疑問点が完全にガン無視ですし
パンドラボックス開封と関係していたり、重要な要素っぽい筈なので……もう一段、掘り下げがあると良いのですが……。
◆MOPさん
 >ブドーさん大好きでした。
キャスティング的にも狙い澄ました感じですが、サンバッシュとも良い対比になって格好いいですねー。私はサムライキャラには無条件で1点加算されるので、楽しく見ています。
 >部下にも本気で慕われていたし、ギャグ寄りだけども和のテイストに拘ってるのも嫌いじゃなかったです。
小道具と一緒に部下の定番台詞も変えていたり、軍団の雰囲気を変えつつリーダーとの関係性も表現されているのが上手いですね。
 >むしろ何故宇宙海賊だったのか不思議なくらいですよね。
船長とシェリンダが、若干、ブドーのノリについていけなくて慌てているのは面白かったです(笑)
◆さやまきさん
 >やや苦しいながらもその為の理由付けはお話の中で極力説得力をもって描こうとしてるので
これが有るのと無いのとでは、だいぶ印象が変わってきますよね。
 >むしろロッドモードにすると5人がいきなり拳法家みたいな構えになってしまうほうが唐突というか(苦笑)
 >その意味ではダイレンジャーゲキレンジャーに出しても問題なさそうな武器ではありました
私も揃って構え取った時には、並行して見ている事もあり、ビーストアーツ……? とは思いました(笑)
 >短いながらもハヤテに意見を求めてるシーンを挟んでるのはキャラクター周辺を拡げて良かったです
……考えてみると、ハヤテとゴウキの希望を取り入れたんですかね、敵を質量で磨り潰したい……って。
 >待望だったサヤ回は…サヤというより視点がアイドルのほうになってて
言われてみれば、アイドルが銀河戦士の殺意に飲み込まれている話で……最初からそう思って見たら面白かったのかも(笑)
 >割と優遇されてるヒカル等と較べると残念でしたね…σ(^_^;)
年下ポジションの成長要素キャラがヒカルに行っている分、メンバー中の位置づけがちょっと難しくなっている感はありますよねー。ヒカルに比べると崩しにくい、というのもあるでしょうし。