はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

世間を騒がす金と銀

◆輝剣さん
 >ジャンとレツは命令でなく指示ならランの言うことには従っていましたよね(2話までの初期レツは除く)。やはり、あのスケバン回猫師匠が余計なことを言わなければ問題はなかったのでは
いつもはそれなりに理由をつけてオチにするのに、結局、キャプテンとエース指名の意味が描かれておらず、あれはホント、なんだったんですかね……(^^;
 >レッドなのに精神的成熟度が最下位というのも珍しい…いや、マジレンジャーという先達はありますが。
過激気修得の際に悪いパターンに入ってしまいましたが、ジャンは上手く、魁とは違う道へ進んでほしいものです。
 >それはそれとして「世話が焼けるわね」という台詞はまさにランママの面目躍如でした(笑)
ランは台詞回しがどんどん、ナチュラルに母親になっていますよね(笑)
 >成長ではなく、単に今まで描かれていなかった側面の表面化のような気もしますが、
ジャンは基本的に、内在していたものに“気付いていく”キャラクター、という感じですよね。その気付きこそが、人間性であり社会性であり仲間の意味、というのが今作の一つの狙いであり、理央との対比になるのでしょうが。
 >メレ様はともかくマクの怒臨機兵がよく待ってくれてましたよね(笑)。本体と違って「待て」ができるとは。
一応、メレ様が上位権限という事なのでしょうか……(笑)
 >一方ランとは特に絡みなし…仕方がないですな、省くのがチーターなのは。
なんか、もうちょっと絡みを作ってもらえないと、色々と不安になりますね……。
 >それはそれとして、裏切り者の人生相談にも真摯にこたえるゴリー、クール。
普通に出迎えるのが実に格好良かったですね。その後結局、殴り合いになりましたが(笑)
 >一方、ミシェルがすっかり拳聖らしいダメ人間に。
田中敦子さん好きなので、定番ではない演技をしているペンギンは割と面白く見ているのですが、この駄目人間ぶりには、ある意味、安心しますね……。
◆鷹Deさん
 >始まった直後からデンライナーじゃねぇかwwwwwwと思いましたが、どちらかを明確にせず、視聴者にも作中でも正体が分からないという形は面白そうですね。
今回は移動の不自由さを特性として見せてきましたが、電車メカをどう演出していくのか、というのも興味の出るところです。次回ノエルがどのぐらい情報を出してくるのかは、気になりますねー。
 >とはいえ情報を出し入れする関係上、やらかすと「いや、快盗の正体バレるだろ」みたいな形になりそうなので、その辺りも頼むぞって感じですね。
圭一郎達が快盗の正体にどうやって迫るのか、というのは面白さの一要素になっていたので、そこを台無しにしない理由付けと立ち回りは期待したいですね。
 >個人的にはなかなか気に入りそうなキャラなのでそれなりにかき乱してくれたらいいなと思います
快盗は表向き飄々としているけど実態は重苦しく、警察戦隊は真面目でド直球なので、ノエルに面白い所にボールを入れてきた感じで楽しみです。
◆sakeiさん
 >確かにステータスダブルは「金庫が2つあることでコレクションが2つ使える」という単純な脅威だけでももう少し見せてほしいところですね。
物語も中盤という事で敵強化の意図があるならば、もう少し格が表現されてほしいですよね。コレクション2つになると、Xと魁利達で引き分けにできる、という狙いもありそうですが。
 >それを飛行機とも自動車とも違い前後両方に顔を有する乗り物である列車でやろうという繋げ方は、既存の両戦隊メカとの差別化という意味でも興味深いです。
空・陸、と来たので、次は海? と思っていたら全然違っていたのですが、ビークルのモチーフがキャラクター性と繋がっているのは面白いですよね。今後の追加ギミックもどう持ってくるか楽しみです。
◆八手四郎次郎さん
 >スピード感やテンポの良さを出したかったのかもしれませんが、「刺身で食える魚をわざわざ煮魚にした」もったいなさを感じてしまいました。
加えてダイレクト地面だったので安全面などもあったのかもですが、掴みのインパクトとしては、やや弱くなってしまいましたよね。
 >個人的には「どちらの戦隊にも味方はしない。ただ利用させてもらう」というスタンスで第四勢力を貫いた方が面白いように思えますね。
追加戦士はある程度の期間を持って馴染んでくるのもお約束ですが、どちらとも一定の距離を保ったまま進んでいくと、一つの新機軸となって面白みになりそうですね。
 >次回予告でコグレがノエルに詰め寄るシーンも登場していましたし、かなり見応えのある展開になりそうで大いに期待したいですね。
ここで、この先への興味と期待感をどこに置いてくるか、というのは大きなポイントになりそうで、楽しみです。
◆tugさん
 >逮捕のタイミングが絶妙で、今回一番好きなシーンです(笑)
ダッシュで画面外に消えたと思ったら、戻ってきていた、というのは凄く良かったですね(笑)
 >ルパンXは剛、パトレンXは柔、と各チームイメージの逆をつく戦闘スタイルが面白かったです。
言われて気付きましたが、パトレンと並んだ時にスーパーガード発動してしまうと単純にパトレンが低スペックに見えてしまうので、その辺りの計算もあるんですね。
 >中尾隆聖さんに似た独特な声質に、やっぱり今作は声も重視してキャスティングしているのかもなぁ、と再認識しました。
 >(他のメンバーと調和しにくい声をあえてチョイスした感じがするので)
台詞回しも工夫されていましたが、両戦隊の間を行くキャラだけに、どちらと絡んでも存在感が出る声、というのは意識されていた感じでしたし、印象的でしたね。