はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

激臨のパワハラ

◆輝剣さん
 >命を助けられても「あいつと俺との一対一の勝負」と虚勢を張れるという造形は特異でしたが…
いっそこの路線で推し進めればまた違った面白さになったかもしれませんが、後半突然、よくある自暴自棄タイプになってしまうので、色々なちぐはぐさが増してしまいましたね。
 >話をおべんちゃらではぐらかそうとしていた辺り、カタとラゲクも弟子たちを庇う気はあったんでしょうか?
この時期はまだちょっと、フォローする気が見えますよね。
 >まぁ、面倒なことになるから見て見ぬふりをしていただけの気もしますが。
これが正解な気はしますが(笑)
 >黒幕ムーブに余念がありませんね、ロン(苦笑)。マクを煽って獣拳を割ったのもロンの仕業ともとれる描写ですが・・・
名前も含め、如何にもなロンの黒幕ぶりは段々、これはこれでありかという心境になってきました(笑)
 >理央様もメレも知力はあっても智謀が足りなさげですからなー
良くも悪くも「拳士」であり、拳士としては「真っ直ぐ」なんですよねー(メレ様は愛の為にちょっと曲げましたが)。進む道を絶賛間違い中ですが、拳士である、というキャラ造形自体は物語として貫いていて納得がいくところです。
 >多分、この少年に特効のヒロインは真咲(幼馴染?のママン)なのではないかと。
ああ! 凄い納得してしまいました(笑) 確かにぶーぶー言いつつ、美希の言う事は聞きそう。
 >火事場のクソ力からのこの流れはなんというか、ケンだからこそ許されるという流れでしたね(笑)
ケンも嫌いなキャラではないのですが、どうもトライアングル期間が長かった所で、ゴウ→ケンは立て続けになってしまい、どう捉えればいいのか悩ましいキャラになっています。どちらかというと、ゴウ兄さんをフィーチャーしてほしかったので……。
 >宮内タカユキ氏(挿入歌)、水木一郎氏(エンディング)とお馴染みの方々に加え、永井一郎氏もキャラソンを歌うなど男性歌手が豪華な作品でした。
永井一郎さんのキャラソンもあるのですか!
 >…ここでケンが過激気に目覚めてもおかしくない気がします。マクに怒臨気を与えられた怪人的に考えて。
あれはあれで、マクの特殊能力なのでしょうね、きっと。割とざっくりやってしまったので、微妙にわかりにくくなりましたが。
 >さすが獣拳のパワハラ体質の頂点。にしても追い抜こうとしたら怒るところと言い器が小さい(笑)
クマ様、あまりにも器が小さすぎて、さすがにラスボスは無いな、とアピールしてくれるのが親切というかなんというか(笑)
 >…カタが珍しく智略で活躍していますよ!もしかして獣拳世界ではカタは太公望クラスの策士だったり!?
急に持ち上げられたと思ったら、あんな事に……(よよよ)
 >ジャンの初期ムニムニであるパンダたちが久々に登場。ジャンの森が獣源郷の近くであることも示されました。伏線?
妙なところが繋がりましたが、思えば第1話で美希は、拳魔の腕輪を獣源郷に運び込もうとしていたって事なんですかね……まあそれまでどこに放置してあったのかが、凄く謎んですが。
 >シャーフーだけは言ってはいけない言葉でしたね。
その辺りのデリカシーの薄さは、すっかり納得できるキャラになってきてしまったのが、ネコ師匠は残念というかなんというか……。
 >やはりスーパーゲキレッドの強さの証明が「理央を倒した」のみで他は大して活躍してないのが弱みになってますね。
ある意味、新キャラに追いやられて足踏みしている2人の対決としては、ちょうどいいマッチアップではあるんですが……(^^;
 >い、一応二人の事は気遣ってはいるんですよ、ラゲク。マク様が怖いのでつい保身に走っただけで。
クマ復活に関しては、100%理央様が悪いので、因果応報ですしね……。
◆インザファイトさん
 >昨日水曜枠で配信されていた「宇宙鉄人キョーダイン」が最終回を迎えました。
お薦めありがとうございます。その辺りの作品は、時間の都合でどうしても諦めていたのですが、触れてみたくはあるので、次に配信があれば、意識したいと思います。