はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

8月……!

◆久仁彦さん
 >誤訳・珍訳が数多いくせにNPCのロボに「航海士君」というセンスの利いたネーミングをぶつける訳がやけにツボです。
ことわざ的な言い回しを直訳した……? みたいなのがちらほらある中、時折、凄くセンスのいい日本語になっている時ありますよね。
 >「人工物であるロボットや人造人間の方がよっぽど善性をキープしている」という皮肉がチラホラ見えて面白いですね。
世界が変わると人間は変わるけど、ロボットはそのまま変わらない、というのが対比として凄く面白く出来ていますね。
 >コンパニオンだとコンバットゾーンで闘士やってたケイトやグッドネイバーで傭兵やってたマクレディもオススメです。
グッドネイバーは最近ようやく行ったのですが、そういえばコンバットゾーンはまだ入り口しか見ていない……。
 >基本こういう人間向きに作ってあるゲームなんだからしょうがないだろ!(逆ギレ)
ゴアはゴアでも、ギャグ寄りではありますしね……というか時々、物理エンジン(?)がバグって死体が遙か彼方へ吹っ飛んでいくというのはどういう事なんですか!(流れ弾)
 >「道行くNPCを理由なく撃ち殺せる仕様を外せば(要するに不死属性を付ければ)17歳以上で出せますよ」
 >「そうなんですか!じゃあ18禁でお願いします!」
まあ、そうでなくては出ない魅力がある、というのもわかる事はわかるんですが……!(笑)
◆スピリットヒューマンさん
 >テスト終わりましたー。厳密にはあと一つ残っているのですが。
テスト中でしたか、お疲れ様でした。
 >ファイズ、ディケイドの時にテレビシリーズを引退するとおっしゃっていたのに引退詐欺がアニメ界の某巨匠になってきましたね(笑)。
実にまあ、白倉さんぽいというか……この際、井上敏樹に声をかけている事は期待したいです(笑)
 >実家に大人のオーズドライバーコンプリートセットが届きました。
おおぅ、それは凄いブツを。最終回仕様まできちっと揃っているのですね。オーズドライバーは、あのメダルを読み込む時の音が綺麗で、強く印象に残っています。
◆タイキさん
 >例えば主人公の「高校生戦士」と「電磁」との関連性の無さ、主人公達の日常生活である高校と宇宙にある秘密基地
「デジタル」とか「格ゲー」とか、普遍性よりも今風を取り込もうとした結果、話が作りにくくなっている感じはありましたよね。瓢箪から駒というか、ギャラクシーメガのトンデモ設定は、ある意味でそういう混迷の中だからこそ実現したのかもですが。
 >高寺プロデューサーとしてもどの部分を前面に押し出して作ればいいのか分からなかったそうです。
捨てる部分と残す部分を決めて、諸々の要素が噛み合ってくるのが中盤以降という感じでしたが、スタッフの方でも苦労はあったのですね。
 >そういう意味では高寺戦隊三部作は「カー」が兎に角破壊の異色作、「メガ」が過渡期の新趣向戦隊、そして「ギンガ」が王道系にして集大成、という感じかもしれませんね。
『カー』を挟んで『メガ』から、新世代の戦隊を企図しているのだろうな、というのは以前から感じていましたが、そういう点では『ギンガマン』は非常に上手く、新旧が融合したというか、いっけん古くさい要素で構成しながら、そこに90年代諸作の蓄積を反映していく、という構造が成功しましたよね。
◆MOPさん
 >後のゴセイブルー・ハイドと並んでホントにしょうもないダジャレでも死ぬほど笑う両巨頭で、キョウリュウのノッさんに会わせてあげたかった。
……それは本当に、呼吸困難に陥って死んでしまうのでは(笑)
◆輝剣さん
 >なにげに、ノエルのあの似顔絵からアジトを探し出せるジムの優秀さが光ります。
ジム、かなり優秀なんですよね……国際警察の監視カメラ網も恐ろしいですが。
 >ギャングラーの売り物ですからね、鮫のぬいぐるみの件もあるので没収は令状なしでも合法になったんでしょうね、この世界では
下手すると魁利(未成年)、補導案件でもあるので、これはつかささんなりの恩情処置でもあったのかなと思うところです。口を滑らせたつかさを、魁利が強く責めずに逃げを図ったのは、そういう辺りの駆け引きも互いにあったのかなーとも。
 >あ、これルパンレッドの正体と目的を知った時つかさの脳裏にフラッシュバックするシーンだ、と思ってしまったり。
圭一郎のみならず、つかさと魁利のそういうシーンが色々増やされて、大変不穏でしたね。
 >というかザミーゴ、怨敵のはずなのにまだ1回しかルパンレンジャーと絡んでませんね。
これはちょっと、今作の不安要素ではありますが、これを機会にザミーゴがぐっと存在感を増してくるのかどうか……。まあ、前半から絡むには強すぎる、という事情もどうもあった感じですが。
 >エージェント・アブレラ「……」
アブレラさんも頭には浮かんだのですが、悪事への関わり方がもっと直接的かなーと。
 >ここで次の話の伏線が仕込まれてたんですねー。終わった後にそうと気付く、さすがの巧みさです。
今回、人間関係の変化が最後にまとめられない分、若干もやっとするものがあったのですが、綺麗に後編の布石になっていたのはお見事でしたねー。
 >「あんな物」が3号からは「ルパンコレクション」に見えるが、レッドにとっては「兄」であるというのがエグイ所ですよねぇ。
こういった視点や温度差の入れ方が、巧みですよね−。まあ警察は、もうちょっとコレクションを重視しないとおかしいのでは、という部分はあるのですが、ノエルの登場はそこのクッションにもなっていますね。
 >今更ですがゴーシュの金庫も黄金だったんですね。
今のところ、ボスを別にすると、デストラ、ゴーシュ、ザミーゴがダブルゴールドで、やはり別格という扱いのようですね。
 >出動シーンが CM明けだったので、最初XのロボのCM凝ってるなーと勘違いしてしまいました(笑)
私も思いました(笑) あの出撃シーン、CGと人の重なり具合がちょっと、CMっぽいですよね。