はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

チャーシュー麺ギンガの森風

◆さやまきさん
 >サヤは演技の微妙さが怪我の功名か?かえって上手く騙せた感じで
冒頭の花言葉ネタからも、そんなわけはないだろうと思いつつ、「あれこの子、本気で疑っているのでは……」と絶妙に不安を誘う演技でしたね(笑)
 >モブで被害に遭った女子とかミイラが乗り移ったゲストの方とか色々と見せ場があって面白かったです
この辺り色々と、趣向を凝らした演出は面白かったですね。
 >その父親を取り戻そうと突貫する姿はすっかりギンガ戦士そのもの
ギンガマンの影響が凄いですが、これまで何度か修羅場を経験しているので、勢い余って水晶砕いても、それなりに説得力があるのが良かったですね(笑)
 >これは女優さんの力なのか最後のシーンだけで結構持って行ってたのがゴウキの残念感も含めて良かったです
鈴子先生は、完全に女神……(笑) ゴウキの、いい人だけど色々駄目、もバランスが良い表現で面白かったです。
 >次回からはまた大きく動いてきますよ〜\(^o^)/
なんか……バラノイアの生き残りみたいなのが出てきたぞ、と動揺しています(笑)
◆輝剣さん
 >美希さん、冒頭のキウィ推し。そういえば、この頃にはスーパーに普通に売るようになってましたね
物凄く突然でしたが、これ、なんだったんですかね……(笑)
 >そして、レツのチャーシュー好きをゴウが知らなかったことを考えると、幼年期の食生活がうかがえます。
大人になって目覚めた、至高の贅沢だったんですかね……。
 >そもそも理央は怒臨気もマクに与えられることを拒んで自ら身に着けようとしてましたからね。
 >だからこそ、サイダインから力を与えられた時には違和感が大きかったわけですし(激獣拳なら通常運転)
理央様は、力は求めるけど、道は自分で昇る、というタイプですものねー。目的がかなうなら道は選ばない、というのが問題なわけですが……そういう点では、ロンがどうやって、理央様にハンコを押させるのかはちょっと楽しみであり。
 >双子キャストだったようですね、お二人揃って昨年俳優を引退されたようですが。
ああ、そうだったのですか。
 >だがそれを上回る、珍しく弟子をほめて甘やかす猫師匠の残念ぶりが(笑)
団子にされてしまった時に、何か色々、混ざってしまったんですかね……拳聖の、駄目な部分が。
 >実況というとプロレスですからなー>猪木氏のモノマネ。この時期は低迷していたようですが。
幻獣拳方面はかなりシリアスに展開する中、何故そこでそのギャグ……とは正直(笑)