はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

監督の金言

◆輝剣さん
 >OP前にライモンを持ち上げていたのと劇中で振るった戦闘力で親分の態度変化にも説得力がありましたね。
色々な事の説得力として、ライオンがとにかく強い、というのがたっぷり時間と手間暇かけて描かれたのは今回凄く効果的でしたね。
 >今まで脅威を前面に出していたのが急に下げられたのは、やはりザミーゴの得体の知れなさの強調の為の踏み台だったんでしょうね
それによってザミーゴの株も上げて、こういう使い尽くす構成がホント上手いなと。
 >無敵アプリと解析アプリは併用不可ということなのかな?
ライオンの攻撃がXの装甲を上回っているとも見えますが、Xの能力がコレクションの応用だと考えると、同時に二つの特殊能力は発動できない仕様、という可能性はあるかもですね。
 >あまりに快盗寄りのノエルに危惧を抱いているのかなと思って見てました。表情がない3号なのでどちらとも取れますね。
ああ成る程、確かにそうも見えますね。個人的にはつかささん、真意の読めないノエルよりもいっそ、一つの覚悟がハッキリしているルパンレッドの方を信用していそうだな、と(笑)
 >以前の赤入れ代わり回の時にはこの二人の絡みは当然なかったので、これをやってくれてなにかホッとしました(笑)
きっちりこれをやってくれた上で、席替えで漂う微妙な空気とか、至れり尽くせりでした(笑)
◆つるさん
 >…って、オーブでも同じような失敗パターンがあったような…^^;
正直、途中からずっと、焼きそば社長を思い出しながら見てしまいました(笑)
 >イカロスの方はヒロイン役の役者さんがあまりにもハマり役で、今後サブヒロインとして登場するのかと勘ぐってしまいました
単発ゲストが勿体ないぐらいの感じで、良かったですねー。
 >愛染社長も段々奇行が面白くなって来たので、終盤になっても変に大物ぶらずにこのままのテンションで行ってくれることを期待しています(笑)
こういうのはやはり、どんどん積んでエスカレートしてこそだな、という感じですね(笑) 最後までこのままだったら何やら新しい地平が開けそうで、楽しみです(笑)
◆あきさん
 >魁利も「好きな金額書いて下さい」ですし、透真は採算度外視の副業経営をいいことにジビエ食材購入と、他はベクトルは違えど人の金だと気にしない奴らばっかりですね。
太いバックがついて金遣いが大雑把、というのはネタっぽくはありますが、これもまた、あくまで仮の顔の今に過ぎない、というのを見事に補強していますね。
 >初美花にとっては彼女の素直さもさるところながら、魁利と透真が食べられて暗い部屋で泣いてた時に絶望から立ち直らせてくれたから、そこまで割り切れないのかなあとも。
そういえば、初美花にとってはそこだけ切り取られているから、胡散臭いけど土壇場では手を貸してくれると思っている存在、なんですねコグレ……これはまた割とえぐい地雷が仕掛けられている感じですね……。
 >個人的にはどちらかというと、ジムとノエルの立ち位置や国際警察と日本の警察との関係をある程度見せたい方が強かったかもと思えました。
ああ確かに、双方を行き来可能なノエルというキャラを通して、国際警察の位置づけやコグレの思惑など、様々な要素の補足と整備がされた、という点は成る程です。そう考えると、似顔絵、というツールも必要であった、と。
 >「今まで見てなかったけど映画がびっくりするほど良かったからちゃんと見てみようかな」って声をよく見かけるんですが、
 >そんな彼等が最初にTVで見るルパパトが透真と咲也のレオタードで踊る姿かもしれないという状況に何かが凄く間違ってるような気がしております(汗)
あはははは(笑) そんなクリティカルヒットが発生しそうとは(^^; ずっと見ていると、まあ夏休みだしな……なんですが、実はそこまで計算していて、ギャグ回かと思ったら凄くシリアスな可能性も浮上しましたね!(多分ない)