はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

陽川咲也は侮れない

◆島嶋さん
 >咲也演技説がさりげなく復活していて嬉しいですwなんとなくそれぞれの役割が見えてきている中、咲也は本当にどう着地するのか全く分からないw
分解していたら、あれ咲也、こいつ出来すぎなのでは……?という気がしてきてしまいまして(笑) なんか咲也は、魁利とは別の意味で、“作っている”ように見えるんですよね……。
 >個人的な好みで言えばノエルと警察の亀裂をなあなあにせず、この作品における警察官とは何かを示してほしいと思います。
ノエルと警察戦隊の距離感に関しては、今後なんらかの焦点が当たる、と期待したいですよね。圭一郎がまだ、ノエルと本当に正面からぶつかっていない感じがしますし。
 >快盗に警察が歩み寄る形での合体は一つの形は形としながらもそれで全てよしとしない(一つの結論として間違ったものではないが、
 >コックピットのWレッドの構図を壊している)この作品の終わり方に更に期待したくなりました。
半分での共闘合体は少し早いかな……と思っていたのですが見事にまとめてきた上で、そういう視点で見ると、更にこの先へ進むよ、という宣言とも取れて、後半戦も楽しみですね。
◆輝剣さん
 >特別編でもやらかしてましたが、「無神経」なキャラ造形も確かに芸でした(そしてドラマ的にも意味があるのが素晴らしい)。
咲也は意図的に「無神経」な部分があるキャラとして描かれ、そこを無理筋で擁護しようとはしない事で、しっかりとキャラが立っているのは面白いところですね。
 >初期6人の中の人ではつかさが一番上なのはともかく、赤と黄が同学年なのに驚いた覚えがあります。
そ、それは衝撃ですね……。
 >初美花へのストーカー行為よりキモイ気がするんですが、横山氏の演技のキモ可愛さが最高です(笑)
一歩間違えると視聴者目線でも嫌な奴になりそうなのに、面白いに転がってしまって、役者さん含めて、咲也のポテンシャルを見誤っていた……! と思いました(笑)
 >女装を早くからやりたいと言い続けていたことといい、横山氏はコメディや変態方向の演技の幅を増やしたいんでしょうか(ジュウオウワールド枠?)
あー……やりたいやりたいと言っていたから、あれだけエスカレートしたんでしょうか……(笑)
 >自業自得のような気もしましたが、より積極的に初美花を送り出している魁利にもそれが来る日はいつに?
次回ちょっと、魁利がピンチになりそうで楽しみですね(え)
 >通報したのにパトレンジャーに合流せずに踏み台にした上に、ルパンレンジャーとして名乗りを上げるXは恨まれても仕方がないですなぁ((笑))
ノエルの警察に対するそういう部分が、変わっていくのかも楽しみな所ですね。
 >二人もそうですがグッディが珍しく、優しい上に気が利く言い回しをしていたことがツボでした(笑)
グッティに憐れまれるって、相当ではありますね……(笑)