はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

パンドラタワーの謎

◆MOPさん
 >内海くんを改造手術したのは忍さんでしょうね。エボルトはなんで内海くん生かしておいたかな?
エボルの背景に葛城父が居たとなると、そうなりますよねー。とすると、桐生戦兎は葛城巧を死なせない為などの理由で父が作ったサイボーグだった、という古典オマージュな正体案があったのかな、と改めて思うところです。
 >忍さんは裏切るだろうと思ってたから、メンテ要員としての保険かな。
忍の裏切り後に、言い訳めいたメンテシーンがあったので、一応、そういう事なのでしょうね。そもそも、メンテとは……という感じなのが困りますが。
 >葛城に佐藤太郎の顔をつけた戦兎くんを何気に大好きな事と言い、いまだにマスターの姿を使用してる事と言い、エボルト実は面食い説は拭いきれない(^-^;
そういえば、「なぜ佐藤太郎だったのか」という点は全く理由付けされていませんが、候補の写真並べて、顔か、顔だったのかエボルト……!(笑)
 >内海くんが難波さんを裏切れないのは単に難波チルドレンだからで、紗羽さんや歯車兄弟よりも真剣に難波さんのことを好きだったんだろうと。
忠誠に殉じるというのも歯車兄弟で既にやってしまっているので、この最終盤で完全に焼き直しになってしまったのも残念でしたね。
◆つるさん
 >ただでさえ月一で誰かキラキラしてますし
情報の見せ方と一緒で、強打・強打・強打! し続ける事で、結果的に物語というメロディに抑揚が無くなってしまってるんですよね……。
 >サメバイクといい内海といいグリス呼びといい、辻褄を合わせただけの後付け設定を伏線と言い張るのも無理があり、最終話を目前にしてテンションの下がる回でしたね…
今作の悪い所の一つですが、合わせた辻褄が物語と連動しないんですよね。それならもういっそ、辻褄合わせずに勢いで突破してしまった方が良かったのでは……という感じで。
 >あ、ロストボトルの設定ですが、自分も全く分かりません(笑)
自分だけではないと知ってホッとしました(笑) 感想書く関係で1.5回分ぐらいは見ている筈なのに、さっぱり印象に無いんですよね……。
◆さかもと。さん
 >戦兎と万丈はエボルトが用意したモニターを観ながら雑魚狩りをしてたところですかね…
芝居の都合があるにしても、君らどうして変身解いてるの……という凶悪なシーンでしたね、あれ。
 >やっぱ普通に一階ごとに全員でこれまでの敵を模した中ボスを倒すRPGゲーム的進行じゃダメだったんでしょうか……
内海は確実に、最後の関門の方が盛り上がりましたよね……。時間制限ありなので、戦兎をエボルの元へ辿り着かせる為に一人ずつリタイアパターンかと思って見ていたら、今回最後の合流で意味のわからない事になりますし、挙げ句に、紗羽と美空が普通に走ってくるしで……。
 >ジーニアス初変身の時にした高速移動はもう出来ないんですか戦兎さん
あれはきっと、脳内葛城巧とのシンクロが必要なのです……。
◆tugさん
 >意味不明なりに「呼んであげないんだから」のあそこで泣き笑いを見せて消える、くらいで充分でした。
美空もその方が格好良くなったと思うのですが、依怙地になっているかのように、そういう見せ方を拒絶しますよね……。
 >そして、つくづく女キャラの使い方が、下手。男キャラの使い方も別に上手くはないですが。
スタッフワークでやっている作品がこうなってしまうのは、脚本家の引き出しの問題というより、プロデューサーの方針なんですかねー……ここはホント、残念です。
 >ラストの「ミストで全員最上階(多分)」で改めて色々どうでも良くなりました。
「全部茶番でした」展開は今作の十八番ではあるのですが、主要キャラを全員並べたい、という露骨な話の都合で、とんでもない部分を破壊してしまいましたよね……。
 >ロストボトルについては私も理解が追いついていないので、録画を見返すか悩んでます。
キーアイテムなのに、凄く登場人物の脳内でだけ完結してしまって、困りますよねぇ……。
◆鷹Deさん
 >個人的にはサイボーグ設定はビルドのビルドっぽいところが出すぎてて初見では腹抱えて笑いましたが、作品としてどうかというのはまた別ですよね...
「内海がサイボーグでした」が劇中の他の要素と繋がってくれればいいのですが、糸がどこに繋がっているのかわからないのが、個人的にどうにも困惑したところです。次回のヒゲの心情に多少なりとも繋がるならまだ良いのですが。
 >しかしビルドが毎回やる「良いシーンの直前にとんでもないガバ設定ぶっこんでくる」は最後まで貫かれましたね
伝えるべき情報の強弱の付け方、と共通するのですが、どうも、合わせる辻褄と合わせない辻褄にも微妙な混乱が見えるというか、どうしてそのカードを、今オープンにしなくてはいけないと思ったのか、というのが斜め上に吹っ飛ぶ事が多いですよね……。
◆さやまきさん
 >やっぱり僕は僕なりにひとすじだったんだから許してー
難波サイドは難波サイドで悪、というのを貫いた上で、信念を持った別の悪としてエボルトと戦う、とかならまだ格好がついたと思うのですが、変にローグと協力させた事で、最後まで内海は腰の据わらない存在になってしまいましたね。
 >しかもお話がグリスとセットだったので余計に薄まっちゃった感じでどこまでも悲しい結末でした(苦笑)
ウェイトの差が凄い露骨でしたしね……ならどうして今回で内海を殺したのか、みたいな気にもなって。
 >あれ?1秒でも早く攻略しなきゃどんどん世界が吸い込まれてしまうんじゃ…(冒頭でもそのシーンを描いてたのに)
それを理由に「ここは俺に任せろ!」をやっていた筈なのに、まとめてゴミ箱にくしゃくしゃのぽいしたのは、ホント衝撃でしたね……。
 >(こういう展開ならむしろ全員が情報共有出来てないほうが盛り上がる気がするんですけど)
戦兎と万丈の感傷的なやり取りを描きたいが為に、ブリザードグリスの戦いを見てしまう、という辺りで完全に歯車が狂ってしまいましたねー。
 >ライダー達は派手に吹っ飛ばされて爆炎が上がってるのに妙に緊張感を削ぐ音声なんだよだなぁと
最初の方は場違い感が面白かったのが、展開と噛み合わなくなって段々ノイズになってしまう……というのは割と、『ビルド』全般の問題点だなーと(^^;
 >ドクターマンを前に変な家族コントを繰り広げてるようにしか見えない新帝国ギアは最高です(笑)
バイオマン』は色々と変化球も入っているので、次があれば、きちんと見たいです。
 >特にというかほぼドクターQ(潮健児さん)の独壇場ww
あー、敵が潮さんなのですか。潮さんはホント、持っていきますよね……(笑)