はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

降りてこないので本日レスのみ

◆KEYさん
 >初めてコメントさせて頂きます。
はじめまして。ありがとうございます。
 >ビルド、視始めた時は地味にエピソードを積み重ねていく手堅い造りの作品なのかと思っていたら……。
序盤は戦兎と万丈の関係に軸を置いて割と丹念にやっていたのが、そこから話を拡大するところで、ボタンを掛け違えた感じのまま、最後まで来てしまいましたね……。
 >でもビルドって新問題追加かと思っても、それ問題?・?のバリエーションじゃないかってのばっかりで いい加減飽きが来てる人多そう…。
同じテーゼの繰り返しでも、解答者の変化やステップアップが見られればまだ良かったのですが、万丈はともかく、戦兎がずっと同じ所で立ち止まっている、というはどうにも致命的だったなと思います。
◆インザファイトさん
 >特に内海は、裏切りも仕込みも唐突感が強く
内海自身が、キャラクターとして成立しないまま、終わってしまった感じでしたね……。
 >こんなことなら戦兎と美空のイチャラブを少しでもこういった所に割いておけば...と思う所存です。
これも戦兎と美空の関係性に変化が生じていくなら良いのですが、結局、距離感に変化がないまま半年同じ事をしているだけになっているんですよね……だから美空とグリスの距離感もよくわからないという。
 >こちらの地域では木曜日に振り替え放送があるのですが、その回は待ちに待っていたレオタード回(笑)
実に、THE・大和屋脚本でしたので、お楽しみに(笑)
◆aaさん
 >クリスマスというと家族、恋人のイベントというイメージですが、子供から大人へ踏み出した&父親のいないジャンとうまくかみ合わないかなと少し期待してます
ああ確かに、これまでのジャンが持っていなかった要素と関わりうるイベントですし、今回から上手く繋がってくれると面白そうですね。……今、ガゼルの、拳聖力が問われる!
◆やずみさん
 >今回は最終章序盤ということからか、ジャンの精神的成長もまた序盤というところでしたね。ジャンや、そこに意志を叩きつけるメレのドラマは見ごたえがありました。
中核になる部分はきちっと盛り上げてきたので、ここから、最終章でもう一つ二つ、飛躍しれくれるのを期待したいです。メレ様の歪みの方向性は良かったですね。
 >またゴウとケンも、「理央との因縁」「アホで規格外」というキャラクターのフックとなる部分が活きていると思います。
ゴウにもレツにもぐさっと突っ込めるのはケン、というのは上手く転がりましたね。
 >ただ「ランとレツは影が薄い」「シャーフーはうさんくさい」ということについてはどうにもならなかったというか、悪化したというか。
ゴウとケンの立ち位置が、ジャンをどう捉えるか、という部分で活きてきたと思ったら、ランとレツがのっぺりしてきてしまう、というのは如何ともしがたいですね(^^; ランはもう、前半からお母さん固定なので致し方ない面はありますが……。