はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

いざ終幕へ

◆Nさん
 >いつも脚本が多少アレでも面白い画づくりで完成度を保ってきた上堀内監督の演出が完全に裏目に出た印象です。
演出で盛り上げたい意識は当然なのですけど、監督が大仰かつ深刻に撮れば撮るほど、展開の茶番感が上がってしまうという、新型の地獄になってしまいましたね……。
 >とにかくグリスがキラキラしてから消えるまで長すぎて...。ようやく三烏倒したと思ったら次に美空と喋ってるので
間に挟まったWローグが歯車兄弟をあっさり倒しているせいで、グリスが3馬鹿倒すのにえらく時間かかって見えたのも、長すぎる印象に輪をかけてしまいましたよね……。
 >後、人がキラキラする度に、ブラックホールで人もビルも吸い込まれる度にある程度のオチが見えてしまうのが地味に辛い仕様なのですが(笑)
 > その予想を次回もしくは最終回で見事に上回ってくれることを期待し......てもいいんですよね(汗)
これもホント、やり過ぎの弊害になってしまってますよねー……そう思わせた上で、そう来たか! というのがあると……良いの……ですが。