はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

幻獣コンサルタントの野望

◆五月サツキさん
 >ロンは戦隊史に残る外道だなあ……と思いました。目的も信念もなく、ただの暇潰しに理央様やジャンを踏みにじっていて。
人外の存在、という設定にしても、かなり外道を貫きましたね。この手の黒幕キャラはどうしても“ずるく”なってしまいますが、外道さを徹底する事で、いい悪役になったな、と思います。
 >まさに「結局、この世は頭がいいヤツが勝つ事になってるんだ」で、つまりヤイバに足りなかったのはプロデュース力……!
なるほど(笑) 夜な夜な耳元で囁いたり、菜月を闇のヒロインに仕立て上げたり、ヤイバ先輩はそういう本面で頑張るべきだったのですね……!
 >ゴウ兄さんは會川さんの離脱がなければもうちょっといい扱いだったのかなあ……と。かつての友を救うためと、せめて一矢報いて欲しかったです。
ちょうど双方が噛み合ってきたタイミングだっただけに、會川さんが参加し続けていたらどうなっていたのか? というIFは考えてしまいますよね。回想シーンで明かされた衝撃の事実の路線は路線で好きですが。
◆輝剣さん
 >ジャンの記憶の内容よりジャン自身のことを心配しているそぶりを見せるのがケンだけというのがなんとも。ランママとは一体なんだったのか。
ここに来てケンが下町育ちの人情家みたいな位置づけになっていますが、そうするとランお母さんはブルジョワのままごとに過ぎなかった、みたいな事になっているのが辛いですね(^^;
 >…これはジャンが憎しみに目覚めないと話が臨獣殿サイドだけで盛り上がってゲキレンジャーは蚊帳の外で終わるレベルでは?
こう見ると、今作の途中の落とし穴の一つであり、後半に巧く繋がらなかった要素が「獣拳の正義」である事がハッキリしますね(^^; そこがあやふやになってしまった為に、激突への因縁作りが個人任せになってしまったという。
 >いきりたつリーダーと弟を抑えて、理央と交渉するゴウ(多分和解の道も探っている)。さすがはずっとも(一方通行)
考えてみると兄さん、10数年分の記憶が無いので、袂を分かったとはいえ、爽やか理央様のイメージも濃厚に残っているのでしょうね……と考えるとますます辛い……。
 >そういえば前話でロンが執着を絶つことが破壊神になることにつながると言ってましたし、メレが「世界との絆」扱いといい、TRPGのダブルクロスを想起しました。
ダブルクロス』はホント、ヒーロー物の構造をよくルール化してますよね。で、考えてみるとリンリンシーというのは基本的に、甦った時点でジャーム化していた(生前の人間性を喪失している)のが、メレだけは、理央とのロイスを持って復活したから、バエやゲキレンジャーとも「関係性」を構築可能だったのだな、と。
 >ここまで「全て私の思うがまま」とやってのけたのはロンぐらいでしょう。後にゴセイジャーでブラジラががんばりますが抜けも多かったですし。
ある意味では、「不老長命・最強・変身能力」ぐらいまで揃えてやっと、説得力が出るという事ではありますよね。
 >川野氏によるロンオンステージは実にいやらしくて良かったです。「今明かされる衝撃の真実!」は黒幕系の一番の華ですからねぇ。
褒め言葉として、声がいやらしいんですよね(笑)
 >センターをイエローが務めるんですが、ランが出張る要素が皆無だったので違和感がありました。
キャ、キャプテン力……?