はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今、このタイミングで正直に白状しておきたい事

実は『タッチ』(あだち充)をちゃんと読んだことがありません。
おぼろもおぼろな大筋ぐらいは知ってはいるのですが。
どちらが兄でどちらが弟かすら知らなかったりします。
多分これと『めぞん一刻』(高橋留美子)は私の中で、もう今更読めないよなぁ……と思ったまま、一生読まないで終わるマンガなような気がしています。
で、何でそんな事を思いだしたかというと、先日、『タッチ』の豪華版が発売されたからなのですが、『H2』の品切れ続出を反省したのか、今回は割と最初から数が入ってきました。入ってきましたが、多分まだ、1冊も売れてません(笑)
まあ、映画が秋ですからねぇ……というかこのタイミングで出されると、分厚い本を返すに返せず、非常に厄介。祭はまだ先なのに、先行して神輿や山車だけが並ばれている気分。
まあ、映画に合わせて出すと今度は全巻揃った頃には祭の後もいいところ、になってしまうので、長いマンガの場合はそういうの、難しい所ではありますが。
その点、『逆境ナイン』(島本和彦)は非常に良い形で、映画公開の前に6冊が揃いました(笑) さて、売れるかなぁ……。