はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

昨日の補足とプラスアルファ

蒼天航路』が面白くないとか、横山『三国志』至上、とかそーいう事ではなく、というか普通に『蒼天航路』は面白く読んでいるわけなのですが、要するにどうも私の脳内では三国志横山光輝というシナプスが形成されてしまっているらしい、という話です。念のため。
後まあ、『蒼天航路』というテンションの高いマンガから、翻って、ではあの横山『三国志』の魅力とはどこにあるのだろうか、と遠くから見て考える良い素材になっている、というのもありますが。
一つ気付いたのは、別にこれは『三国志』に限った事ではないのですけど、
横山光輝という作家は悪役描きである
と。
薄らぼんやりと理解はしていても、これまではっきりと形になっていなかったのですが、一つ凄い自分の中で腑に落ちました。
悪役が抜群に巧い。
多分、作者自身が意識しているよりも巧い。
ヨミ様なんかはもう、横山光輝にしか作り出せない無類の悪役でありましょう。
や、要するに、もともとあんまり曹操に悪いイメージ無いんだよなぁと。悪役は悪役なわけですが、少なくとも横山『三国志』前半において一番格好いいキャラは曹操でありますし。
「俺の言う事は正しい 俺の成す事も正しい」
とか、初めて読んだ当時、私の中で凄い流行りました(笑)
……まあ、髭伸びてからは間抜けなシーンがちょっと増えがちですが。
うーん、横山光輝における悪役の魅力、というのは一度真面目に考察してみたい所かもしれないなぁ。
できれば、手塚。石森を通っているどなたか(私はこの二人を通っていない)、比較してまとめて下さい(笑)