はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

改めて、卑怯よりも剛力よりも念仏が好きな自分に気付く

そんな今週の『金剛番長』感想。
画力が全てではないけれど、やはり画力は武器。
話の展開はともかく、大コマ連発で、これだけ魅せるのはさすが。
念仏先生がなんかちょっと格好良かったし!
実際まあ、独自性も含め、「あの世は年中無休なり」は台詞としては割と面白い。
一方、キャラ的に正攻法もしにくい卑怯が、こういう展開だとちょっと微妙になりますね。敵を人質にする程度だと、そんなにインパクトもないし。なんか色々と言い訳がましいし(笑)
相変わらずのやたらな逆三角体型が、他のキャラ居るとますます目立ちますが。
そして今週ほとんど喋らなかった金剛晄さんですが、内心、
(居合ウザい)
とか思っていそうで、次週ちょっとドキドキです。
すっかり部下気取りですよ、居合!
話の展開は、なし崩し的に5vs5マッチ、しかも「今日の所は引き上げだ」的な一拍置いてという事で、微妙ではあるのですが、しかしこうなったら行く所まで行って、是非とも
“針山地獄輪愚”とか
“灼熱溶岩闘夢”とか
アリエナイ舞台設定で闘う、という所までやって欲しいなぁ。
対戦カード予想は外れて少し悔しい。