はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

「2010南アフリカワールドカップ体感マガジン」

2010 南アフリカ ワールドカップ体感マガジン

2010 南アフリカ ワールドカップ体感マガジン

本日発売、南アフリカW杯の、事前特集雑誌。
巻頭に、オシムジーコトルシエ、のインタビュー記事あり。
各国代表のチーム紹介に選手多数のインタビュー、そして南アフリカ案内と、なかなか読みごたえのある内容。巻頭インタビューでは、約5Pに渡るオシムのインタビュー(ジーコトルシエは約2P)が、分量もあって、面白かったです。
そのオシムインタビューより、発売直後という事で、一番印象に残った一節だけ、ご紹介。

 仕事に携わるのならば、常に何かを後世のために残していく必要がある。自分だけが良ければと働いていては駄目だ。それではエゴイズムだよ。他の人のために何かを残さねばならないんだ。それはサッカーにとって当然な話だと思う。繰り返すが、人は明日に何をすべきかを常に考えねばならない。日本はサッカーを愛する国だ。明日になっても明後日になっても、そのまた先の年月もサッカーを続けていく必要があるのだから。
年齢と経歴の言わせる言葉ではあるのでしょうが、重い。