はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

サッカー

思えば遠くへ来たけれど

■〔コートジボワール戦後、選手コメント/スポーツナビ〕 自分たちがやりたいサッカーをずっとできたら勝てますし、相手がいることなんで、相手にボールを回される時間帯が今日は多かったのかなという感じだった。内田のコメントが、試合評として最も現実的…

南米に輝く

■〔FIFAランク、日本は変わらず…韓国が大幅ダウンでイランがアジア3番手に/サッカーキング〕 見出しよりも、コロンビアが現在3位という事に驚き。 コロンビア、ピンと来ないなぁと思って調べたら、色々と、紆余曲折の多い国及び代表チームのようで。 現在…

コンフェデを終えて

なんか気がついたらザッケローニ解任論が吹き上がっているようですが、オシムさんのコメントが、素晴らしい。 ■〔オシム氏が指摘する3つの敗因 足りなかった経験、賢さ、走力/スポニチアネックス〕 ■〔オシム氏 ザック監督解任論に異議「私なら代えない」…

サッカーライターのおしごと

■〔【日本代表】「史上最強」と呼ばれるザックジャパン。実は心配の種ばかり/スポルティーバ〕 ザックジャパンについての、サッカージャーナリストの渡辺達也氏、杉山茂樹氏、浅田真樹氏による鼎談より。 杉山茂樹 「ザッケローニが監督である意味は何か?…

打撃力の高い見出し

■〔“悪童”バートンがマンC戦の愚行を反省「俺の中のチンパンジーが目覚めてしまった」/サッカーキング〕 じわじわと、笑えてくる。 「俺の中のチンパンジーが出てきてしまった。まったく自分自身に失望したよ。でも、理性が保てる状態ではなかったんだ」 …

五輪 メキシコ 3 − 1 日本

メキシコはサッカー巧かった。 前半こそストロングスタイルでの殴り合いになるかと思ったのですが、後半はメキシコが攻撃に緩急をつけて体力を温存しながら、日本の攻め口を封じてじわじわと絞めてくるという、非常に厭な(誉め言葉)サッカー。 うまく寝業…

やはりトルシエは格好いい

■〔トルシエ監督「フラット3は松田直樹がいないとやる意味がない」/サッカーキング〕 この為に中国から来てくれたのね…………まだ、中国で監督はしていますよね……?

日本代表、新ユニフォーム発表

■〔日本代表新ユニフォーム披露 テーマは“日本結束”/スポニチアネックス〕 どこが、と言われると困るのですが、どことなく特撮の防衛組織チック(多分、真ん中の一本線)なデザインだなぁと思っていたら…… ■〔本田圭佑さんと本田圭佑さんを掛け合わせると唯…

これが世界のバルサの、圧倒的な空港芸……!

■〔バルサの圧倒的な強さに「彼らは火星人」/sanspo.com〕※写真 グアルディオラ監督が完全に、浅草で変な漢字Tシャツ買った観光客のおじさんにしか見えない。 しかしこの変なシャツ、チーム全員で着てくれているのですね、書いてある字は読めなくても明ら…

日本代表vsウズベキスタン代表

始まる前の勝手なイメージは“でかくて固い”だったのが、蓋を開けてみたら“でかくて速い”だったウズベキスタン。 左サイドがすっ飛んでくるのが特に目立ちましたが、DFのルーズボールの処理も速いし、スピード感のあるチームでした。 序盤の失点はミドルシ…

日本代表vs北朝鮮代表戦

北朝鮮GKの株が上がりまくった1時間半でありました。 Twitterにおける、「変えてやれよ」→「これは変えられない……」の流れが面白かった(笑) 試合としては、思った以上に、日本代表における本田△の存在が大きいという事なのか。 本田△が居ると、ボールを…

なでしこジャパン、タイ戦をちらちらっと見た

前半は、がちがちに固める相手に思うように攻めきれず、スコアレス。 それが持ち味だし、“いつもと同じプレイ”を徹底しているのはわかるのですが、ワンタッチ、ダイレクト、ワンツー、にこだわりすぎて、空回りしているような感じがありました。 地力差のあ…

試金石

■〔なでしこ凱旋試合、異例のゴールデン生中継/sanspo.com〕 ワールドカップ決勝が深夜であった事を考えると、より幅広い層に視聴されるであろうこの試合において、どのぐらいの質の試合を見せられるかは、今後に影響を与えそう。

私の彼は二刀流

■〔長友“両刀”アピール!強化部長も高く評価/スポニチアネックス〕 なんだろうこの、マツコ・デラックスを意識したとしか思えない見出しは。

日本vsチェコ感想とか

スコアレスドローでしたが、チェコの攻め手がぐだぐだになっていた事もあり、終盤は優勢に展開、しかしまあ、チェコとごく普通に戦っているというのは、やはり何とも感慨深い。 ……とかつい書いてしまうと、内容と関係なくオチをつけられるのであまりよろしく…

キング降臨

いやー、そんな出来すぎの事はさすがに起こるまい、と思っていたのですが、キングは遙かに凄かった。 決めちゃったよ、ゴール。 決めちゃったよ、ダンス。 各スポーツにはそれぞれ神様が居ると思っているのですが、やっぱり居るなぁ、神様。 天は、自ら助く…

少し違うなーと思う事

なんというか、言い方悪くなるかもしれませんが、必ずしも「被災地を勇気づけないといけない」って事は、無いと思うのです。 何かをする・しないの基準が、「被災地を勇気づけられるか否か」というのは、違うと思うのです。 その外縁の人達を、元気づけるの…

最近の、(何故か)よくある検索

「シュナイダー + 受け」 ごめんなさい、当サイトでは、そういう方面のものは一切取り扱っておりません。

スシシリーズに、新たなヒーロー誕生

■〔宮市が全国紙の週間ベストイレブン 「スシキング」と伝える/スポーツナビ〕 この勢いで、「スシカイゼル」とか「スシジェネラル」とか出てくるのだろうか、と思うと、気分は味皇料理会。 もうあれですよ、日本代表の愛称は、スシJAPANで良いんじゃ…

120分間、試合を支配し続けたハリル・アル・ガムディ(サウジアラビア)

……とか、スポーツ誌のコラムっぽいタイトルをつけてみた(笑) 遅まきながら、アジアカップ日韓戦感想。 MOMは主審、というネタもありましたが、試合全体としては、終始、両チームがともに審判に振り回されて終わった、という印象。 なまじ両チームとも“…

色々あった

巨人がまた外国人投手を獲っていたり、ルーラーシップが日経新春杯を勝っていたり(ローズキングダムが負けていたり、というべきか)、コバヒロがメジャー浪人していたと思ったら阪神に入る方向で話が進んでいたり、アジア杯でサウジアラビア相手に5−0で勝…

2010年を振り返る:サッカー編

トルシエインタビューより抜粋企画が途中で止まっているので、来年、再開したいです。 正直、ボリュームありすぎて、途中でテンションが切れました(^^;

日本vsアルゼンチン

日本の立場からすれば、ことアルゼンチンクラス(世界ランクのベスト10常連国)の相手に関しては、ホームとかテストマッチとか関係なく、「勝ったもん勝ち」だよな、向こうもそういうプライド持って試合しに来ているわけですし、というわけで、歴史的勝利…

日本代表、新監督決まる

■〔ザッケローニ監督「初のイタリア人監督というのは大きなチャレンジ」/スポーツナビ〕 日本語はまだほとんど分からないが、音を聞いてすごく気持ちいいと感じるのは「サムライ」。サムライブルーの「サムライ」という言葉が非常に好きだ。誰かが入れ知恵…

とろいかかりんかまとりょーしか

■〔チームの顔!本田『マトリョーシカ』大人気/sanspo.com〕 朝から、ロシア人に大笑いさせられるとは思わず。 中から別の選手(チームの同僚)が出てくる、というのが素敵。 日本代表バージョンとか作って、9/4に売ったらどうでしょう(笑)

ワールドカップ

身近?に極端な例がある為に忘れそうになりがちですが、パラグアイがベスト8に行った事がなくてスペインが決勝に出たことがなくてオランダが優勝した事が無い所なのだよなー。 一方で、いつかベスト8に進めるかもしれないし、いつか決勝に出られるかもしれ…

昨夜(未明)は結局、寝てしまった

ウルグアイが頑張って、かなりの接戦だったようですね。 今日のドイツ×スペインは凄い見たいのですが、明日以降の仕事を考えると難しいかなぁ、どうしようかなぁ、と現在まだ悩み中。 〔ドイツ・レーウ監督、幸福の青セーター/SANSPO.COM〕 今大会屈指のフ…

残念無念

ごくごく一部で期待されていた、ウルグアイvsパラグアイの決勝戦、消滅。 ところで私のサッカー観の5割ぐらいはマンガ『俺たちのフィールド』(村枝賢一)で出来ているので、例のウルグアイのスアレスのハンドのニュースを聞いた時(まだ、映像は見ていな…

スナイデル、シュナイデル、スナイダー

各国の主力選手の中でも、もっともメディアによって表記にブレがあるのではないか、という気がするオランダ代表スナイデルさん(NHK実況に準ず)なのですが、「要するに、ドイツ人だったらシュナイダー?!」という事に気付いて以来、ちょっと応援してい…

彼らは「私」です!! 「私たち」です!!

『俺たちのフィールド』(村枝賢一)、アルゼンチン戦クライマックスの実況アナ(モロ岡さん)の台詞に、元ネタがあった事を、今更ながらに知る。 98年のフランスワールドカップに向けたアジア第三代表決定戦。 ジョホールバルでイランに勝利したあの試合…