はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

今日もデストロイ、明日もデストロイ

セブンスドラゴン2020』、現在、第4章。パーティLVは40−33。LVに差があるのは、デストロイヤーのスキルを振り直したくて、あえて一度<転身>(LV半減の代わりに、SPを引き継いで転職できる)してみたから。<転身>は、ステータスのプラス効果もあるとの事なのですが、LV30では付かず。一応これを利用すれば、基本スピードの速いデストロイヤーとかも作れそうですが、どのぐらいのLVでどのぐらいの補正が付くのやら……数字次第では、狙うほどの事もなくなるわけですが、むしろ、同じアクションに飽きてくるので、無駄に<転身>させたい誘惑と戦っていたり。
パーティは変わらず、デストロイヤー−サムライ−トリックスター(銃)の、前のめり型。スキルが3段階目まで解放されたので、いよいよデストロイヤーが本領発揮し始めました。あと、サムライの《修羅の貫付け》(先制攻撃スキル)が強すぎ。3回に1回ぐらい、始まった途端に戦闘が終わるのはどうなのか。デストロイヤー3人並べて、ブレスカウンター地獄、とかやってみたいのですけど、その辺りがちょっと遊びにくいのが、システム的な難点。現実的には、デストロイヤー並べると動きが遅すぎて、雑魚戦で無駄に消耗するので不利ですが(笑)
物語はテンポよくさくさく進んでいきますが、このままのペースで最後まで行くのか、シナリオ的にひっくり返しがあるのやら。最近、長いゲームばかりやって感覚がちょっとマヒしているので、あんまりさくさく進むと不安になります(笑) まあ、このシステムだったら、比較的さっくり終わって、SP引き継ぎで2周目有り、とかでもいいかなーみたいな気はしますが。そうでもないと、変則的なパーティを組んで遊ぶ、というのがやりにくいので。