はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

タイトルは長い、コミックスは薄い

『スパーロボット大戦OG -Record of ATX- ジ・インスペクター』(八房龍之助)2巻、読了。

スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)

スーパーロボット大戦OG-ジ・インスペクター-Record of ATX (2) (電撃コミックス)

作者が月産20ページぐらいが限界なので、年1ペースの2巻目、近傍で一番大きい書店でも1冊しか見なかったので、3巻をどうやって入手するか、今から不安です。
原作のゲーム(『OG2』)がそもそも色々な要素を詰め込みすぎてわかりにくい上に面倒くさく、1巻は処理しなければいけない事が多すぎる、という感じでしたが、2巻は少し、落ち着いてきました。それでもキャラクターとか多すぎて、大変そうですが。相変わらず、愛と画力を兼ね備えた、ロボット描写、キャラクター描写は極めて秀逸。
主力パイロットはもとより、カザハラ博士(イルム父)あたりまで満遍なく愛を注いで世界観を細かく描写・補完しているのは素晴らしい。
来年(多分)がまた、楽しみだ。