はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

『爆竜戦隊アバレンジャー』感想16

今更ですが、「杉下竜之介」って「松下幸之助」からきてる?
◆第31話「そのアバレ、究極につき」◆ (監督:諸田敏 脚本:荒川稔久
アバレンジャー、キラーゴーストに完敗。だが胃の中の爆竜達は何とか根性で溶かされずに生きていた。アバレキラーはジャンヌから暗黒の石を奪うと、爆竜達を洗脳して世界を破壊させたくなければ出てこい、とアバレンジャーにゲームの第2ステージを予告。出撃したアバレンジャーだが、次々と武器を破壊され、追い詰められる。
しかしここに来てアバレンジャーを追い詰めるのが、トリノイドでもギガノイドでもなく、キラーがぽっと生んだ敵というのはちょっとなぁ。キラーゴースト自体があまりに何の仕掛けも無いですし。
アバレンジャー風前の灯火のその時、えらい怨念を込めて彫刻していたアスカが、遂に夢の武器を完成させて駆けつける。ブルーとイエローのダイノガッツを盾に集める事で、アバレッド、パワーアップ!
キラーゴーストの攻撃を弾き返した金色のアバレッドは、キラーゴーストと共に別の空間へ入り込む。

介さん「消えた?」
エミポン「戦うフィールドに相手を引きずりこんだのね」

……ま、魔空空間?!
と思ったら、演出も本当にそんな感じでした(笑)
……うーん、『ギャバン』ネタの仕込み2回目なのですが……いやまさか……いくら何でもこんな頃から、「戦隊と宇宙刑事を戦わせてみたい」なんていう企画が水面下で進んでいた……なんて事は……あるのだろうか。
魔空空間でキラーゴーストを滅多打ちにした金色レッドは、現実空間に戻るとそのままの圧倒的な強さでキラーゴーストを撃破。モニターしていたエミポンがその姿に名付けた名前は……
アバレマックス!
ゴーストに食われていた爆竜達も解放され、勝利を得るアバレンジャー。だがその頭上に、エヴォリアンの空中戦艦アノマロカリス2世が姿を見せる!
ジャンヌ「今日で終わりよ、アスカ。裏切りの報いを受けるがいい」
ん?
ジャンヌさんの口から、「アスカの裏切り」という、思わぬ言葉が。
新たな謎を孕みつつ、戦いは続く!


◆第32話「アバレ爆竜フルスロットル」◆ (監督:諸田敏 脚本:荒川稔久
ヴォッファの作り出した、ギガノイドよりも知能は低いがパワー100倍の暴走連結生命体バルギゲニアと共に、アノマロカリス2世でアバレンジャーに攻撃を仕掛けるジャンヌだったが、またも白い少女の幻覚見ると、急に苦しみだして一時撤退する。
ジャンヌの脳裏に甦るもの――それは、自分と兄ミズホが、陽動の為にエヴォリアンの要塞に攻撃を仕掛けた時の記憶であった。孤立無援の戦いの中、デズモゾーリャに囚われたマホロは、その器となる赤子を産む事を迫られる。
デズモゾーリャ様、実質的初登場シーンで、マホロさんをナンパ
「アスカが必ず助けに来てくれる」と抗うマホロにデズモゾーリャが見せた映像……それは、上半身裸(包帯ぐるぐる)のアスカが「マホロはもう死んだんだ……」と見知らぬ女に抱かれて泣きじゃくるという浮気現場であった。
医者の直感的な仲代先生の解説によるとどうも幻影らしいですが、アスカさんはメンタルのアップダウンが激しい上にその気もないのに女の胸で泣くとかやりそうので、ありえなくもない気がしてなりません(笑)
その映像に心の揺らいだマホロはデズモゾーリャに取り込まれて後のリジェを産み落とすと、マホロの名を捨て、“破壊の使徒”ジャンヌとして、エヴォリアンの陣営に加わる。また兄ミズホも、伝説の鎧とともにエヴォリアンの一員となるのであった。
と、ここまでのあれやこれやを繋げる、一気の謎解き。
ジャンヌさんとマホロさんは、完全に同一人物。そしてリジェは、よそで作った子供(おぃ)でした。おそらく、本来宿っていた命に上書きする形になった為に、リジェは究極の肉体になりえず、謎の少女も分裂的に誕生した、という感じでしょうか。
ミズホが「暗黒の鎧を奪ってきた」というのが、どこからどうやって奪ってきたのか謎ですが、あとミズホは「暗黒の鎧」と言っているけど、アスカの「伝説の鎧」とは別物? 仮にアスカを倒して奪ったのだとしたら、ミズホがアスカにとどめを刺さない理由が無いしなぁ……。前回キラーさんが、ジャンヌが持っている伝説の鎧の素を「暗黒の石」と呼んでいたし、それぞれが勘違いしていただけで「伝説の鎧」と「暗黒の鎧」が別にあるという事なのか、それとも私が何か取り違えているだけか。
白い少女からアノマロカリス2世をジャンヌが操っている事を聞いたアスカは、ジャンヌ――そして伝説の鎧?との決着をつける決意を固め、ひとり、突撃。その決死の気配を感じながら地上で暴走連結生命体バルギゲニアを迎え撃つアバレンジャーがアバレマックスにチェンジすると、どこからともなく伝説の爆竜スティラコサウルスが出現。
ローマ戦車を思わせる一風変わったデザインのスティラコサウルスは、凄まじいパワーでバルギゲニアを撃破。そして空では――
激しく剣を交えるアスカとジャンヌ。戦いの中、アスカはジャンヌが、かつて自分がマホロに渡した花の環をはめている事を知る。アスカがかかげたロケットに、正気を取り戻すジャンヌ……だが、デズモゾーリャの力か、再び暴れ出しジャンヌの斬撃がアノマロカリス2世の中枢を切り裂き、アノマロカリス2世は激しく炎を噴き上げる。
「マホロ……さよならだ、永遠に」
爆発炎上し自壊していくアノマロカリス2世の中で覚悟を決めたアスカは、伝説の鎧を切り裂き、そして爆炎に包まれていく……アスカとジャンヌ、もろともに果てる――!?
という、これまでになくシリアスな展開で、次回、新ロボ登場の模様。
脚本家、飛ばしてるなぁ……。演出の方も、色々ギリギリ。
マホロ絡みの方で盛り上がりすぎて、戦闘の方は凄く適当ですが、凄く。
スティラコサウルスとか、完全にいきなり湧いて出てきましたし(^^;
アバレマックスはデザインは格好よく、青と黄のエネルギーを吸収して赤がパワーアップする、という形を今後どう使っていくのか、これは楽しみ。