はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

これは、歪んだ人間愛の物語である

仕事に行ったら、ジャンプコミックスDEATH NOTE(画・小畑健/作・大場つぐみ)1巻が早くも売り切れていました。
あと、もともと数がそんなに入っていなかったものの、『銀魂』(空知英秋)1巻も売り切れ。発売日に買いに来たお客さんがかなり居たので、結構ファンのいる作品なんですかね。
武装錬金』(和月伸宏)2巻もそれなりに順調。
そんな中ひっそりと、1巻も同時発売だった最近の打ち切り3作(『神撫手』『戦国乱破伝サソリ』『サラブレッドと呼ばないで』)の完結巻も、揃って発売。哀愁です、なんともいえない哀愁です。
しかし小畑さんは、こうやって原作つきで書いていくのが良いんでしょうなぁ……『ランプランプ』の好きだった私から見ても、シナリオ能力はちょっと足りないと思うので。……まあ、一歩間違えると『あやつり左近』みたいな危険な原作にあたってしまう事もあるので、その辺難しい所ですが。
絵はやっぱり巧いし、好きなんですよねぇ。集英社から来たPOPがまた格好いいんですが、用済みになったら貰ってしまおうかとかちょっと考え中(笑)

マンガといえば、『鉄人28号〜皇帝の紋章〜』長谷川裕一)を読みました。前にもちょっと書きましたが、大巨匠・横山光輝の作品をベースにしながらここまで“自分のマンガ”にしてしまえる長谷川裕一というのはホント、良くも悪くも凄い人だなぁと(^^; 逆に、長谷川さんのマンガが駄目な人には全く受け付けない作品になってますが。
しかしコミックス、案の定ではありましたが、横山光輝大先生に関しては一言も触れず。まあアニメ化も含めて完全ノータッチだろうとは思うのですが、コメント取ってくるぐらいの根性は見せて欲しかったなぁ、マガジンZ編集部。
4/7から始まるアニメは、ちょっと楽しみにしております。
→アニメ『鉄人28号』:http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/28/