はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

仕事

2011年を振り返る:日常&仕事編

色々あったけど、表だって書けない話が多いので、ひみつ。 [日常]タグって何か使っていたっけ……と思ったら大概、ぐだぐだ体調が悪いとか、そういう話ばかりだった(^^; あーーー、久々に出席した飲み会で久々に秋葉原出たら、万世橋の方にあるイシマルソ…

明日は、芥川賞掲載の文藝春秋〜

版元から来たポスターが、なかなか面白かった。 ところで「私小説」という単語を聞くと、脳内で自動的に「田山花袋/布団」と検索されて出てきます。勿論、内容は知らない。

春のメディア化話、ちょこっと

ジャンプ、攻勢止まず。 既に予定されているミラクルバトルカードダス参戦など諸々の展開含め、本命は『トリコ』かなー。 巧くやれば、かなりあたるのではないかと踏んでおります。 正直、あの作者のマンガは好きではないのですが、割り引いてなお、雑誌をめ…

冬のメディア化

文庫の売れ方としては、スタートダッシュ成功は、『IS』と『GOSICK』。 『GOSICK』は、それこそ富士見ミステリー文庫の時に読んだ事ありますが、そんなに面白いとも思わなかったのですが、アニメは受けている模様。 『IS』は要素としては如…

今年最後の読み間違い

『海月姫』を 海鯨姫 と読み間違える。 ……なんかいっきに、『怪獣王子』みたいになりました。 姫が危機に陥る時、笛の音に呼ばれて現れる巨大クジラは、3分間だけ地上で活動する事が出来、姫に仇なすあらゆる悪を踏みつぶすのだ! ぎゃおー

西からの刺客

長らく、年に1冊か2冊の総集編みたいなものだけだった『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』が、遂に月刊誌創刊! しかも、『NHKきょうの料理』の発売日にぶつけてきた!! なんだこの本気は。

返品中

某コミック雑誌の表紙に書いてあったコピー。 ロマンとファンタジーの新世界!! を↓ ローンとファンタジーの新世界!! と読み間違えた。 あー、確かに、新世界かも、と普通に思った。 熱だ、きっと、熱のせいだ

『幽遊白書』もマンガ文庫で刊行スタート

冨樫義博作品、『レベルE』に続いて、『幽遊白書』も、コミック文庫化。 『レベルE』は結果的にアニメ化の前振りだったようですが、更に燃料投入です。タイミング的に下手すると、『幽遊白書』の方が売れたりするのではなかろうか(笑) 更に合わせて、こ…

求人誌すら成り立たない世界

最後の砦だった『an 首都圏版』、遂に死亡。 完全死亡ではなく、うちの店のある地域での販売が終了、という事ですが、これでとうとう、求人誌がお水系と『ぐるめきゃりー』しか入ってこなくなりました(^^; ここ2年ほどで、ばたばたっと求人誌の息の根…

たーなおろしー

ここ3日ほど、くるくるしていました。 そんなわけで、凱旋門賞直後に、大騒ぎする気力が無かった。 一山越えたので、次は……カレンダー売り場の設置か…………

起きそうで意外と起きないが実際に起こると痛い事

ポケットの中のカッターを取り出そうとしたら、刃が少し出ていて手の平を切った!

秋のメディア化とか色々

業界の目玉は『バクマン。』になるのかなぁ……という感じですが、よくよく考えると、あのマンガから「ジャンプ」という要素を抜いた上で、訴求力を存在させる事、て出来るのか、ちょっと不安になってみる。……や、どんなアニメの内容になるかは知りませんが、…

合わせ技一本

一緒にレジに出されて、もえ☆ほび Vol.1 (2010Summer) (ロマンアルバム)作者: ハイパーホビー編集部出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2010/08/25メディア: 大型本 クリック: 3回この商品を含むブログ (2件) を見るダメな自分を救う本 人生を劇的に変えるア…

今日のびっくり

「DIME」の表紙が『けいおん!』だった。 しかも付録にクリアファイル付き。 そして、『ゲゲゲの女房』人気を受けて、とうとう『ゲゲゲの鬼太郎』が売れ出しました。 なんかこの三日ぐらいで、マンガ文庫3セット売っています。 年輩の女性(とりあえず…

7連投の、5日目

せいぜい20前後、下手すると高校生だったりしないか? という感じの若者が、「SMネット」とか買っていったりすると、人間、色々な道があるなぁ、とかしみじみ思う夏、暑い。 そんな暑さで、 「レジスタンス」 を 「レンズマン」 とか読み間違える。 うん…

メモ

『ノノノノ』『神様ドォルズ』 アニメ化らしい。

二ヶ月連続、ガンガンが完売

(※『鋼の錬金術師』最終回のネタばれとかはないので、ご安心下さい) まあ、ハガレンクライマックス&付録の効果だろうとは思いますが、発売翌日に売り切れるとは。 それにしても、雑誌のラスト(?)表紙で、どう見ても一番目立つ場所にアームストロング弟…

すっ飛ばしすぎです

張り紙、 「万引きを発見した場合、当店では直ちに警察に通報します」 が 「万引きを発見した場合、当店では直ちに報復します」 に見えた。 読み間違いというか、願望というか。

日本の顔

厳密に数えたわけではないですが、ここしばらく続々と発行されているワールドカップ関連の雑誌増刊などで、“日本の代表”として表紙に選択されている数が一番多いのは、中村俊輔ではなく、本田圭佑っぽい。 まあ、本田がどうこうというよりも、新しいスターシ…

どうすればいいのか

新刊案内を見ていたら、映画化に合わせて『マリア様が見てる』の新装カバー版が出るそうなのですが、 そのカバーが、 実写 それは、大暴投な気がするのですが。 説明読む限りだと、映画版のノベライズというわけではなく、内容は1巻そのままっぽいのですが…

少しばかり、愚痴を一席

なんというか、「仕事だから仕方なく注意している」のであって、「仕事でなければ全く関わり合いになりたくない」のだという事を、もう少し理解して貰えると嬉しいなーとか思う今日この頃。 こちらも出来れば、貴方の人生に、足を踏み入れたくなどないのです…

今、もっとも旬らしい電波さんがらみのネタを読んでみた

もしかして、電波の人がすぐに「一般には公開されていない文書」とか「情報関係の部署(軍の要職)にいる友人」とか持ち出して、それを読んだとか、その人に聞いた、とかいう話にリアリティがある、と信じているのは、裏を返すと我が国の防諜体制にまだまだ…

GIANT KILLING

アニメ化の拡材で来たポスターが割と格好良い。 今春はこれと、『荒川アンダー・ザ・ブリッジ』辺りが、売れ筋本命かなぁ。 あと、『迷い猫オーバーラン!』辺りが、もはやお約束的な需要に対する供給の位置っぽいので、ある程度確実にキープしそう。 個人的…

文庫版『ガンダムUC』3巻(スニーカー文庫版)の表紙がおかしい

機動戦士ガンダムUC(3) 赤い彗星 (角川スニーカー文庫)作者: 福井晴敏,美樹本晴彦,大森倖三,矢立肇,富野由悠季出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2010/03/31メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 31回この商品を含むブログ (11件)…

春だから

長年の、現場からの「基礎英語1・2・3の区別が付きにくい!」という要望に応えたのか(本当にそんな事をNHKに直接言った書店があるかどうかは全く知りませんので単なる妄想ですが、実際、表紙で区別がつけづらくて割と迷惑だった)、今季のNHKのテ…

大胆な聞き間違い

「つり人」(そういう雑誌がある) が、 「つみ人」 に聞こえた。 重い、重すぎるよ、その月刊誌。

映画版『岳』

そういえば、主演が小栗旬で、ヒロインに長澤まさみ、というキャスティングだそうで。 てっきり、堤真一とか、香川照之とか、大沢たかおとか、ある種濃いメンバー勢揃いで送る、渋い男のドラマ方向で行くと思っていたのに、予想が外れた。

再び、刑事ものの春

堂場瞬一は、『刑事・鳴沢了』のシリーズもドラマ化なのか。 ■〔“ダイ・ハード”に坂口!矢田が仕事復帰/sanspo.com〕 この見出しはどうかと思いますが(笑) 4月から、『失踪課』シリーズの連続ドラマ化で並べていたのですが、急に波が来たなぁ。横山秀夫…

富野のライフワーク

今月、角川から『リーンの翼』(富野由悠季)が全4巻の単行本で発売。 1冊2,200円、とはどういう装丁と厚みなのだろう……。

甘味・辛味・酸味・苦味・醍醐味

お菓子売り場の方から、子供の声が。 子「あまーい?」 親「甘くはない」 子「からい?」 親「辛くはない」 「なにそれ、なんのお菓子?」と気になってよく見たら、子供はうまい棒コーンポタージュ味を手にしておりました。 うんまあ、そうですね、難しいな。