はてなダイアリーのサービス終了にともなう、旧「ものかきの繰り言」の記事保管用ブログ。また、旧ダイアリー記事にアクセスされた場合、こちらにリダイレクトされています。旧ダイアリーからインポートしたそのままの状態の為、過去記事は読みやすいように徐々に手直し予定。
 現在活動中のブログはこちら→ 〔ものかきの繰り言2019〕
 特撮作品の感想は、順次こちらにHTML形式でまとめています→ 〔特撮感想まとめ部屋〕 (※移転しました)

私は徳川家康が好き

戦国時代から二次大戦頃まで、架空戦記ものというのは固定ファン層が堅実な為か、毎月それなりに刊行されるのですが、戦国ものの場合、織田信長が本能寺で死なないか、徳川家康石田三成真田幸村か場合によっては大谷吉継辺りにこかされるというのがよくあるパターン。
思わず筋を読んでむっとするのは心が狭いのでしょうか(笑)
中学生の頃、それこそ三国志にはまりきっていた頃に読んだ『反三国志』が凄まじくつまらなくて、当時けっこうなお金を出して買ったのに途中で投げ出して以来、架空戦記ものに対してちょっとしたトラウマというのもあるんですが。
反三国志』は何がいけないって、勝つのに理由が無いんですよねー。基本的にただひたすら蜀が勝つだけで、大雑把な話、関羽が強いから勝った、張飛が(以下略)、馬超が(以下略)、みたいな話。
あれは酷かった。
……今ちょっと調べたら、どうも当時(中華民国の時代の作品)の世相風刺が入っていたらしいという説が有ったり無かったりもするようで。作者も、作家でもあるけど政治家でもあった人らしい。